青梅線レポートの謎 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 12
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041095768

作品紹介・あらすじ

奥多摩で「OMレポート、もしくは青梅線レポートを知らないか」と訪ね歩いていた男が刺殺された。被害者の足どりを追って奥多摩へ向かうことになった十津川警部。数ヶ月前、奥多摩町役場の助役の娘・亜紀も、同じ言葉を口にしていたが、行方不明になっていたことが判明する。十津川は、亜紀の部屋で見つけた30cmくらいのロボットを警察に持ち帰ったところ、そのロボットが爆発。さらに、AIの第一人者の謎
の死、奥多摩で発見されるクローンの猿と、謎が謎を呼んでいく……。奥多摩で進行する、巨大な陰謀とは……。そして、十津川警部の前に現れたのは、今までにない最新の敵だった!?

著者プロフィール

西村京太郎

1930年東京生まれ。63年オール讀物推理小説新人賞「歪んだ朝」で推理作家としてデビュー。65年『天使の傷痕』で第11回江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で第34回日本推理作家協会賞を、2004年にはミステリー界における多大な功績が評価され第8回日本ミステリー文学大賞を、10年には第45回長谷川伸賞を受賞する。01年10月、神奈川県湯河原に「西村京太郎記念館」を開設した。

「2022年 『十津川警部書き下ろし(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

青梅線レポートの謎 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×