拝み屋怪談 幽魂の蔵 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.63
  • (4)
  • (11)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 110
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041096062

作品紹介・あらすじ

不穏な漆黒に支配された闇の中、私は心の中で孤独な怪談語りを始めた――。古い母屋を改築した歪な蔵に現れるという“得体の知れないお化け”。お祓いと原因究明を依頼された拝み屋である著者は、「蔵の怪」をおびき寄せるため、自らが体験し見聞きした怪しい話の数々をたどることにした。刻一刻と時間が経過する中、やがて怪異の体験者にはある共通点があることに気づく。ドラマ化もされた人気怪談実話シリーズ、真の完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 拝み屋怪談シリーズ最終章!

    振り返ると色々あった…(༎ຶ⌑༎ຶ)



    この巻で『拝み屋怪談』は完結。
    次巻からは『拝み屋念珠怪談』となっております。
    念珠…数珠?(´-` )
    繋ぎ合わせる的な何かかな…?

    それはさておき、今回は、短編に度々登場した『ほのかさん』のお話。

    拝み屋シリーズで、唯一まともで良い人で、本当に惜しい人を亡くしたエピソード。

    ほのかさんのご家族が体験した『蔵』に纏わる話です。

    ほのかさんの父方の本家の実家にある蔵で、長女の柚子香ちゃんが、恐ろしい体験をする。

    母屋を改造して作ったその蔵では、ほのかさんの父親の親族も幼少期に怖い体験をしている。

    蔵で起こった現象を探って欲しいとの依頼を受け、郷内さんは1人蔵の中へ閉じこもる……。

    1人で蔵の中で朝まで過ごすとか怖すぎる…:( ´꒳`;)

    蔵にいる間に、拝み屋シリーズで紹介された様々な話を回想する。

    桐島加奈江
    花嫁
    椚木千草
    城戸小夜歌 など

    過去の作品にあった話から、付け加えられたエピソードまで。
    シリーズ全体の補完という役割の作品。

    薄明かりとストーブのみ。

    なんだか、怪談会に参加しているような気分の読み心地でした…(ღ*ˇ ˇ*)。o♡



    次は『拝み屋念珠怪談 緋色の女』

    どんなだろう…ガラッと変わるのかな。
    楽しみ(((o(*゚▽゚*)o)))♡

  • 拝み屋怪談最終章!!

    今回は今までの拝み屋シリーズの総集編の様な
    物語…む〜ん振り返ると色々あったなぁ〜と
    大分あった〜と様々な思い出に浸る事ができた。
    ⁝(ᵒ̴̶̷᷄⌑ ᵒ̴̶̷᷅   )⁝

    始まりはシリーズ屈指の涙なしでは読めないかった。家族愛に溢れ亡くなってしまった。ほのかさんの長女の柚子香ちゃんがある蔵で怪異に襲われるのでした。
    そこで事態の収拾と解決に郷内先生が
    乗り出し蔵の中に閉じこもり怪異の正体を
    掴もうとするのだが…一向に怪異が現れず
    次第に自身が体験したり、聞いた怪談話を
    思い出すのでした…( ・̆⤙・̆ )

    自身が体験した怪異…(; -᷅ ̫̈-᷄ )ゴリランコ
    千草が体験した怪異…(; -᷅ ̫̈-᷄ )ゴリランコ
    小夜歌が体験した怪異…(; -᷅ ̫̈-᷄ )ゴリランコ
    などなど色々な話が出てシリーズに出てきた
    話もちらほらと出てきて
    総集編を読んでいる様な感じでした。
    (´ー`*)ウンウン

    ラストもほっこりとする様な感じで締めくくり
    いつもとは雰囲気などがひと味違いましたね!
    しかし楽しく読める事は間違いない!!
    という事で!!
    次回作!!
    拝み屋念珠怪談シリーズ!!
    え?
    最終章ではと?‪Σ('-'il|)
    ノンノン!終わるわけない!!ノン(ง ˙˘˙ )วノン
    新シリーズ開幕!!
    拝み屋念珠怪談シリーズ!!
    読んでいくよー٩(๑ᵒ̴̶̷͈̀ ᗜ ᵒ̴̶̷͈́)و ̑̑ ✧わぁ~ぃ

  • 初めてで、いきなりシリーズ完結を読んでしまったせいか、短編の方は実話怪談としては荒唐無稽すぎ、オチに物足りなさを感じてしまった。
    シリーズを通して読むとまた違うのかも。

  • 可愛らしい、あるいは、笑える、お化けの話がいくつか出てきた。怪談なのにけっこう癒された。
    狸の話、雑木林のチャンバラ子供、押し入れに消えるおばさんの怪異が好き。郷内さんの人柄も好き。
    いつもは、最後にto be continued...感出してくるけど、完結と言ってるだけあって、happily ever after...感だった。

  • 怖い=悪いと思い込んでいたのを反省。彼女を傷つけてしまうところだった、と著者も思っているようだけど、本当に本人のためを想うならちゃんと向き合わせるべき。叱ってあげてくださいね、という母からの依頼だったのかも?とじんわりあたたかくなった。

  • 拝み屋怪談シリーズの最終巻。
    作者らしい結びだと思った。
    今どうしているのか気になるけれど、それを詮索するのは無粋だろう。
    そう思わせてくれる、人柄が伝わるシリーズだった。
    今回は大きなテーマの進行が間に挟まれながら多くは短編で読み進めやすかった。
    王道のホラー という感じ。

  • "カカ様"から少し時は流れ、体調を見ながら拝み屋を続ける郷内さんの元に故人のほのかさんが度々姿を現す。またもや"母"絡みの何かかと思ったけどそんなことはなく、ただただ死後も家族を想う母の愛に触れることができる話でした。今までの母の癖が強すぎた...。この巻は蔵の中で怪異がおこるのをひたすら待つ郷内さんが頭の中で1人怪談会をおこなっている。病み上がりなのに大丈夫なのかと心配になってしまう。結局、魔祓いをすると背中が痛むののきっかけって加奈江に刺されたせいなのか、カカ様復活のために同業を妨害するのに使われた呪いなのか、単純に膵臓の病気のせいなのか...何にせよ体を大事にしてほしいですね

  • 古い母屋を改装したという、大きすぎる蔵。そこでは怪奇現象が起こっていた。依頼を受けた主人公は蔵を怪異を引き起こすため、夜間一人で怪談を語り始める。蔵の謎とは? 私が一番不思議だったのは結末。「母様の家」では夫婦共に発病し、奥様は実家で療養中ということだったが、こちらでは2018年時点で奥様はお元気そうで夫婦一緒に住んでいる。「めでたしめでたし」で終わらせるために、著者の理想を託した御伽噺的な結末という意味での「真の完結」なのだろうか?

  •  さまざまな写真を用いたコラージュのような作品。
     そうか、これで完結なのか。
     次はどんなシリーズになるのか気になる。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1979年、宮城県生まれ。郷里で拝み屋を営む。
2013 年、「調伏」「お不動さん」の2作で第5回「幽」怪談実話コンテスト大賞を受賞。受賞作は『怪談実話コンテスト傑作選 お不動さん』に収録されている。著書に、最新刊の『拝み屋念珠怪談 緋色の女』(角川ホラー文庫)、『拝み屋備忘録 怪談火だるま乙女』(竹書房怪談文庫)のほか、『拝み屋怪談 怪談始末』をはじめとする「拝み屋怪談シリーズ」、「拝み屋備忘録シリーズ」、「拝み屋異聞」シリーズ(イカロス出版)がある。「拝み屋怪談」シリーズはドラマ化された。

「2021年 『拝み屋奇譚 災い百物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

郷内心瞳の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×