花髑髏 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.59
  • (1)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041096130

作品紹介・あらすじ

名探偵由利先生のもとに突然舞い込んだ差し出し人不明の手紙、それは恐ろしい殺人事件の予告だった。指定の場所へ急行した彼は、箱の裂目から鮮血を滴らせた黒塗りの大きな長持を目の当たりにするが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 横溝正史『花髑髏』角川文庫。

    4ヶ月連続復刊刊行の由利麟太郎シリーズ第4弾。名探偵・由利麟太郎と助手の三津木俊介の活躍を描いた『白蝋変化』『焙烙の刑』『花髑髏』の3編を収録。

    フジテレビ系列で吉川晃司を由利麟太郎役に5週連続でドラマ化。テレビドラマの第1話は奇しくも本作の表題作『花髑髏』だった。舞台は現代にアレンジされ、奇妙な風体の由利麟太郎がヒーローぽく冒頭から登場するのだ。作品を読む限り、由利麟太郎は枯れた人物のイメージだったが……何しろあの吉川晃司なのだから仕方がないか。

    『白蝋変化』。由利麟太郎シリーズとしては珍しく混み入ったプロットの短編。妻殺しで死刑囚として刑務所に収監された男の脱獄を企て、悪者たちに依頼した男の元恋人。しかし、悪者たちが誤って脱獄させたのは稀代の女蕩しで四本指の悪党、白蝋三郎だった……と、ここまでは事件の触りにしか過ぎず、やがて予想外の大事件へと発展していく。そして、いよいよ由利麟太郎が登場する。

    『焙烙の刑』。最後の最後に由利麟太郎が登場。由利麟太郎シリーズはこういうパターンが多い。

    『花髑髏』。表題作。由利麟太郎に花髑髏から届いた挑戦状……原作は意外にあっさり。テレビドラマの方はだいぶ脚色しているようだ。

    本体価格800円
    ★★★★

    • moboyokohamaかわぞえさん
      原作と映像作品がお互いを高め合う作品になるっていうのは難しいのでしょうね
      原作と映像作品がお互いを高め合う作品になるっていうのは難しいのでしょうね
      2020/06/17
  • 長編「白蠟変化」、短編「焙烙の刑」「花髑髏」の
    計3編収録。
    いずれも名探偵・由利麟太郎&新聞記者・三津木俊助のコンビが活躍するが、
    ドラマ化された「花髑髏」に辿り着くまでが長かった……(苦笑)。
    以下、各編についてネタバレなしで少々。

    「白蠟変化」
     タイトルの読みは「びゃくろうへんげ」。
     1936年『講談雑誌』連載。
     男女の愛憎入り乱れる中を飄々と飛び回る怪人・白蠟三郎。
     悪人だが意外にしおらしいところもある(笑)し、
     妙な哲学を持ってもいて、
     愛する人の冤罪を晴らそうと必死になっていた女性をいじらしく思ってか、
     妙な気の回し方をする、という……。
     一人二役や悪漢の跳梁ぶりは非現実的だが、
     エログロナンセンス活劇として愉快に読めてしまった。
     が、最後の由利先生と俊助の溜め息がほろ苦い。

    「焙烙の刑」
     1937年『サンデー毎日』掲載。
     タイトルは、中国古代・殷の紂王が行った火炙りの刑のこと。
     俳優・桑野貝三は画家・瀬川直人と結婚した
     又従妹の葭枝から相談を受け、
     奇妙な事件に巻き込まれた――。
     桑野が賢明にも、それを友人・三津木俊助に打ち明けたことで
     由利麟太郎が担ぎ出され、事件は解決するが、
     年の離れた妻の日記を読んで嫉妬に狂った夫が
     手の込んだ策を弄するところが奇怪、気色悪い。

    「花髑髏」
     1937年『富士』掲載。
     精神科医・日下瑛造が殺害され、養女・瑠璃子は負傷。
     瑛造の息子・瑛一、日下家の書生・宮園魁太、
     瑛造の友人・湯浅博士に疑いの目が向けられ……。
     ドラマを先に観てしまったが、充分に楽しめた……
     というか、やはり別物である。
     バス停の名前に変更されていた「二本榎」が
     本当に二本の木だったところで、ちょっと笑ってしまった。

    • darkavengersさん
      こんばんは。
      おじゃまします。
      「花髑髏」自分も観ました。

      ネットで調べてみましたが色々と改変されてるんですね。
      面白いと言えば...
      こんばんは。
      おじゃまします。
      「花髑髏」自分も観ました。

      ネットで調べてみましたが色々と改変されてるんですね。
      面白いと言えば面白かったのですが、ラストの独房のシーンはいかにもフジテレビ系のドラマっぽくて..........後味が悪くても良かったのではないかと。

      OPと第2話で吉川晃司がお得意のシンバルキックを披露したのには苦笑しました。
      2020/06/26
    • 深川夏眠さん
      こんばんはです~。
      そうそう、吉川氏の大立ち回り!
      原作の由利先生のイメージ・人物像とは
      だいぶ異なるキャラクターになっていますが、
      ...
      こんばんはです~。
      そうそう、吉川氏の大立ち回り!
      原作の由利先生のイメージ・人物像とは
      だいぶ異なるキャラクターになっていますが、
      ドラマなので、
      あれはあれでいいなと思っています。
      5話で終了とは寂しいな……。
      2020/06/26
  • ドラマ化ときいて読んでみた。
    中編「白蠟変化」と短編「焙烙の刑」「花髑髏」の由利先生シリーズ3編収録。
    分量的にも内容的にも「白蠟変化」が印象深いので、なぜ表題をこっちにしなかったのか謎。
    金田一シリーズと違ってかなり通俗的なスリラーで驚いた。面白かったが突っ込みどころ満載。特に白蠟三郎の存在感がすごすぎて、由利先生はほぼ空気。そして最後のオチは笑った。

  • 『探偵・由利麟太郎』
    フジテレビ/毎週火曜放送
    2020年6月16日から

  • 奇想天外で愉快。
    色んな要素を詰め込んだ1冊。
    横溝正史さんもノリノリで楽しく書いたんじゃないかな。
    戦後間もないあけすけな明るさと東京区内にシンと沈む街と鬱蒼と茂る樹木の作る暗闇が見える。
    現代ではなかなか出せない世界観は流石です。

  • 全三編ありますが、どれも男女の恋愛が発端となっているのが面白いです。

    中でも『白蠟変化』は、終盤の無情感が好きでした。しかし、由利麟太郎や三津木が活躍するというよりかは、白蠟三郎の暗躍がメインです。

  • 2020/06/18読了

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1902年、神戸市に生まれる。旧制大阪薬専卒。26年、博文館に入社。「新青年」「探偵小説」の編集長を歴任し、32年に退社後、文筆活動に入る。信州での療養、岡山での疎開生活を経て、戦後は探偵小説誌「宝石」に、『本陣殺人事件』(第1回探偵作家クラブ賞長編賞)、『獄門島』『悪魔の手毬唄』など、名作を次々に発表。76年、映画「犬神家の一族』で爆発的横溝ブームが到来。いまもなお多くの読者の支持を得ている。82年、永眠。

「2021年 『夜の黒豹』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横溝正史の作品

花髑髏 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×