ブスに花束を。 (9) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
4.50
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041096369

作品紹介・あらすじ

二年に進級した花たち。ちょっと(?)生意気な新入生も入学してきて、学校はますます賑やかに。そして、ビッグイベントの修学旅行がスタート! 京都でまさかのハプニングが…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第50話
    タメで言ってって言われて「好きなのだ」「承知したぜ」って返す田端。喪女感あって良い。

    第51話
    五反田が「すみれちゃん」呼びするの、予想外でキュンとした。さすが五反田。この辺から五反田の心境にも変化があるんだろうか。

  •  群像劇型王道恋愛少女漫画シリーズ9巻は、小ぶりなエピソードをつみ重ねた感のある一巻となっている。
     二年進級から始まった物語は、上野くんの後輩・入谷開とのいざこざをテーマにした球技大会にページを割きつつ、クラスが分かれてしまった鶯谷&五反田の関係に焦点を当てたり、自己紹介でトム君が滑ったりしている。
     後半ではいまだにうだうだやってる赤羽君に焦点が当たって、物語は修学旅行先の京都で主人公と彼がばったり再開するところでクローズしている感じである。

     青春群像劇として丁寧に描かれていて、相変わらず花ちゃんは可愛いし、文句なしに楽しい一巻だった。

     修学旅行先でヒロイン勢3人でポツポツと語る女子の心情もまた味わい深かった。
     細々と嫉妬するみっともなさを自覚して、やりたくないなあと思いつつ、でもやっぱりやってしまう。
     そうした心理を赤裸々に語ってしまって、それになんとなく恥ずかしくなってしまう風景は、臭みを上手く抜いたこの作品らしい描写だったと思う。

     学園物ゆえに派手な展開はない。ただ、丁寧に描かれた物語は素晴らしく王道である。
     今回も楽しませていただいた。星五つで評価したい。

全2件中 1 - 2件を表示

作楽ロクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×