保身 積水ハウス、クーデターの深層

著者 :
  • KADOKAWA
4.03
  • (8)
  • (23)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 151
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041097564

作品紹介・あらすじ

なぜ、小物ばかりトップになるのか!?
日本にはいまだ経営トップの不正を監視し、正す機能がない。
隠蔽された「騙されるはずのなかった」地面師事件。積水ハウスで起きたクーデターの内実を明かし、この国の漂流する企業倫理までも抉る経済ルポ!

地面師=他人の土地を自分のもののように偽って第三者に売り渡す詐欺師
積水ハウスは地面師に騙され、取引総額70億円、55億5900万円を支払った。

役職が上の者ほど、責任から逃げる。
実力派会長の突然の辞任。それは、社長の「保身」によるクーデターだった!
積水ハウスでは2018年、地面師事件の全容解明を進める会長が失脚した。
背景には、事件への社長責任が明記された「調査報告書」の存在があった。
責任を問われた社長が、会長を返り討ちにしたのだ。
11年のオリンパス事件以降、東芝、日産自動車、関西電力、東京電力とトップ企業の不祥事が繰り返されている。
下には厳しく、上には優しい、名ばかりのコンプライアンスはなぜ蔓延したのか? 
積水ハウス事件から、日本企業の腐敗構造までも暴く経済ルポ!

【目次】
まえがき
序 章  解任――クーデター政権、樹立す
第一章 事件――推進圧力は社長がもたらした
第二章 不正――現場は地面師に引き寄せられた
第三章 予兆――カリスマ君臨と腹心の野望が交錯する
第四章 暗闘――副社長、策動す
第五章 隠蔽――絶対権力の道へ
第六章 結集――公器としての会社を問う
第七章 総会――企業倫理、漂流す
終 章  腐敗――立憲主義を取り戻せるか?
あとがき
主要参考文献

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『保身 積水ハウス、クーデターの深層』 藤岡雅 (著)
    2017年6月1日に積水ハウスは地面師に騙され、取引総額70億円、55億5900万円を支払った。
    事件の舞台は、東京都品川区の山手線五反田駅から徒歩3分の立地にある旅館「海喜館」の旅館敷地600坪。そんなことがあるのだと思った。森功の『地面師』を読んで、地面師の手口は実に巧妙で用意周到なのだ。地面師チームは、役割分担がきちんとされる。一番肝要なことは、地主になりすます人をどうリクルートするかにある。地主への徹底したリサーチとそれに基づいた偽地主の作り方と証明書の偽造。まさに、職人技が発揮される。
    本書は、積水ハウスの会長が辞任したということから、それは解任であり、なぜ解任されるクーデターが起こったのか?を執拗に追求していく。
    2018年1月24日の取締役会では、和田が「詐欺事件について責任を明確化する」として、地面師に積極的に関わった阿部の社長解任動議を出したものの否決される。その後、阿部が「新しいガバナンス体制を構築する」として、和田を解任する動議を出したところ、和田が解任させられた。和田は阿部の責任を追及したはずが、返り討ちにあった内紛劇があった。まるで、映画のようなことが日本で起こっている。土地購入の承認を得るための稟議書承認の際、4名の回議者が飛び越され、予め現地視察をしていた社長が先に承認した。回議者全員が押印したのは手付金支払後だった。
    やはり、社長の判断がこの事件を引き起こした。社長はそのことを隠蔽しようとする。騙された上に、隠蔽するから、事件はややこしくなる。「日本人はウソを言うと怒りますけど、隠すことには抵抗がない」と指摘する。
    経営トップの不正を監視して、制御する機能は日本にはないと言う。
    著者は、法務局が本人確認せず、司法書士などの書類が揃って居れば認めるという登記の問題を指摘する。また、そのお金は振り込みでなく、小切手だった。それを扱った銀行が三菱UFJ銀行。支払われた会社は、ペーパーカンパニーだった。銀行には責任がないと言えるか?
    本来なら騙されるはずのない事件。日本の土地登記のシステムとそれに関わる銀行の安易さ、会社のトップの判断ミスを指摘できない仕組みなど、地面師が暗躍できる空間があることを、見事に浮き彫りにした作品だった。

  • 積水ハウスが55億円の詐欺被害にあった地面師事件に絡み、社長の責任を追求しようとした会長が逆に辞任に追い込まれたクーデターから3年近く経ち、事件の裁判や株主提案を経た2021年5月に刊行された本。

    「事実は小説より奇なり」と言うけど地面師事件そのものは面白いけど小説どころか「絶対やっちゃアカン取引」啓発ビデオくらいにしかならなそうなお粗末なもの。対して、失脚させられた会長はじめ老兵たちが真のガバナンスを求め米国関係者を巻き込み捨て身の株主提案を行うまでの流れは胸が熱くなる。

    クーデターにまつわる実際のところは一方からではわからない。が、裁判時の提出資料などをもとに書かれていて信憑性はある程度担保されているし、何より後半での真のコーポレート・ガバナンスとは何か、そして日本でそれを実現しようとするのがいかに難しいかについてが面白くて魅力のある良書でした。

  • 積水ハウスの地面師事件はメディアで盛んに報道されていたが、その裏にこのようなドロドロしたクーデターがあったとは知らなかった。会社である以上「社長案件」のようなことは程度の差はあれ起こり得ると思うが、自分がしかるべき立場だったと仮定してどこまでの行動をとれるだろうかと想像するとサラリーマンの自分としては考えさせられた。

  • 以前、同じ事件を題材にした「地面師」という本を読んだが、本書は事件そのものだけではなく、事件を防げなかった社内の問題、その後の会長解任などの内紛などに取材を広げている。
    それ故に企業のガバナンス、とりわけ日本企業であればどこにでも抱えていそうな弱点があらわになっており、単なる事件物に留まらない読み応えがあった。
    一方で本書は善玉・悪玉が割とはっきり書かれているが、見方を変えれば別な言い分、異なった結論があるのではないか、という印象が残った。

  • 「女帝小池百合子」を読んだ時も思ったが、こんな丹念な取材をして本にしてくれる人が居る、ということが少しホッとする。そして資本主義社会は限界に近いのだろうなあ、とも思った。

  • 民主主義における「少数意見の尊重」と「多数決」が、資本主義における「少数株主保護」と「資本多数決」に繋がってる。「憲法」の概念が「コーポレートガバナンス」になってる。最終的にはそう整理されて、その観点から地面師以降の積水ハウスを捉えている。経営の安定性を、その中身ではなく、仲良しクラブでの株の持ち合いに求めたのが日本流経営で、中身がないから限界が来てるのが今の低迷なんだろうと思った。

  • 積水ハウスで起きたクーデターについての本。

    同社が被害にあった地面師による詐欺事件をきっかけに、当時の和田会長が社長をクビにしようとする。
    和田会長はカリスマ的な経営者であり、その頃はもっぱら海外事業に取り組んでいた。
    会長にとって地面師詐欺は寝耳に水だった。
    詐欺グループはいくつか大きなミスを犯しており、積水ハウスにも詐欺であることを知らせる警告が各方面から寄せられていた。
    社長以下の担当者がなぜ騙されたのか、不可解なほどであった。
    そのため、第三者委員会は社長の免責辞任は避けられないと結論づけた。

    しかし、取締役会は多数派工作により社長派が過半数を占めていた。
    会長は海外事業に専念するあまり、社内政治への注意を怠ったのだ。
    その結果、社長の解任動議は否決されてしまう。
    そればかりか、逆に和田会長が積水ハウスを追われ、クビになるはずの社長が会長に就任してしまった。

    本書では、詐欺事件の詳細とクーデターに至った経緯、その後の顛末が詳細に描かれている。

    もっとも強く感じたのは、日本の会社には真の意味でのガバナンスが根付いていないということだ。
    企業にとってのガバナンスとは株主、さらには社会にとって利益となるよう自身を律し、説明責任を果たすことだ。
    実際には、会社を私物化してしまう経営者が後を立たない。
    日本は資本主義を輸入こそしたが、根本にある理念は浸透していないということなのだろう。

    また、きっかけとなった地面師事件については、積水ハウス社内に詐欺グループとの内通者がいたことが示唆されている。
    50億円以上の金がだまし取られ、その大部分が闇へと消えたのだ。
    犯人グループの立場になれば、多少のお金を渡してでも積水ハウスの社員の協力をあおぐはずだ。
    反社会的な勢力の影響が会社に及ぶことを防ぐにはどうすればよいのか、考えさせられた。

    社長派の方々が取材に応じなかったため和田会長側寄りの内容にはなっているが、綿密な取材に裏づけられた良書である。

  • 不謹慎な物言いになるが、面白かった
    読んでいて思ったのは

    失策の責任は取らずにトカゲの尻尾切り
    情報は正確に開示しない(開示請求には応じない)
    監視(と罰則をちらつかせ)による恐怖政治を敷く
    株主総会では聞かれたことに正面から答えない。

    あれ?これって何かに似てる…

    株主ではないので積水ハウスに物言うことはできないが、投票券は持っている。

  • こういう保身や汚職、不祥事がでる企業は制度や運用云々の前に、組織の土壌が腐っている。人身一新しない限りは本質的な仕事はできないんだなと、、そういう企業には入らないようにしようと思った。

  • とても面白い!
    不動産の知識面とガバナンスの両面から、とても勉強になる本。また海外ビジネスの拡大という意味でも勉強になる。

    五反田海喜館の土地を地面師に60億円騙し取られた積水ハウスの話。
    小林興起氏の名前も出てくる。預金小切手で支払われた。マネロン?
    仮登記で逃げるのが普通な地面師詐欺だが、本登記で60億円まで振り込まれたという謎の答えは、内通者がいること。。

    ディテールにさりげなく謎かけを残しておく書き方が憎いw

    旧時代の実力者和田氏と地面師詐欺事件の首謀者でありクーデターを起こし和田氏を解任した阿部社長。。。その後積水ハウスは増収増益。。

    表面上の印象である旧来のイケイケどんどんのビジネススタイルから堅い財務重視スタイルへの経営方針への移行とみるか、、、それともガバナンスが全く効いてない問題なのか。。

    諸々複雑なことが偶然重なり合って起きることってあるなぁと思いました。

    また、「コーポレートガバナンス」は「企業統治」と訳されている。その結果、コーポレートガバナンスは内部統治=経営陣による社員管理と誤解されている。本来は、株主による取締役・経営執行陣の管理のこと。っていう説明があって、再認識しました。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年4月6日、福岡県生まれ、拓殖大学政治経済学部卒。編集プロダクションを経て、2005年12月より講談社『週刊現代』記者。福岡のいじめ自殺事件やキヤノンを巡る巨額脱税事件、偽装請負問題などを取材。リーマンショックを機にマクロ経済やマーケット、企業研究などの分野に活動を広げ、東芝の粉飾決算の問題などを担当した。現在は『週刊現代』のほかに「現代ビジネス」、「JBpress」などに記事を寄稿している。

「2021年 『保身 積水ハウス、クーデターの深層』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤岡雅の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×