天使の爪 上 新装版 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.80
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041097847

作品紹介・あらすじ

麻薬密売組織「クライン」のボス、君国の愛人の体に脳を移植された女刑事・アスカ。過去を捨て、麻薬取締官として活躍するアスカの前に、もう一人の脳移植者が敵として立ちはだかる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大沢 在昌:1956年、名古屋市生まれ。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。代表作に『新宿鮫』(吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門)、『無間人形 新宿鮫IV』(直木賞)、『パンドラ・アイランド』(柴田錬三郎賞)、『海と月の迷路』(吉川英治文学賞)、近著に『爆身』『漂砂の塔』『帰去来』『暗約領域』など。

「2021年 『熱風団地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大沢在昌の作品

ツイートする
×