遺跡発掘師は笑わない あの時代に続く空 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.59
  • (1)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 88
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041097885

作品紹介・あらすじ

奥多摩キャンプ場の傍の「森の縄文博物館」を訪れたカメケン一行。所蔵品の素晴らしさに驚嘆するが、若い館長から経営が困難で品を手放さねばならないと相談され――忍が考えた起死回生の一手とは!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「佐々木家の庭、掘るべからず」
    庭には先祖が埋めた物が。
    これだけ露骨な態度をとっていたら不審がられるのも無理はないが、自分たちの生活をかけた一大イベントだと思うと仕方のない事なのかもしれないな。

    「あの時代に続く空」
    持ち主を見つけてほしい。
    名前や別れた後の事が不明なのは戦争という時代が関わっているのかもしれないが、これだけの年月を経ても出会える事はあるのだな。

    「神がかりの少年は笑った」
    閉ざされた心を救うのは。
    トラウマどころか一生関わりたくないと思うのが普通であるが、それを乗り越えたからこそ今笑って過ごせるようになったのかもしれないな。

    「縄文カフェへようこそ」
    地道に探しだした物たち。
    近くで見つかりお手軽に楽しめる趣味だったのだろうが、楽しいという想いがあるだけでこれだけの事を一人でやり遂げたのは凄い事だよな。

  • 今回は平和な短編。西原くんと亀石さんとの出会いもあり。縄文カフェ、楽しそう

  • 西原無量シリーズ、12作目。短編集。

    本編と異なり、番外編となる短編集はJKとかよく分からない謎な組織が絡まない分、とっても読みやすいし、発掘薀蓄も面白い。前2編は純粋に発掘ミステリを楽しめるし、後2編は亀石さんと無量の出会いや相良さんの素の一面を見れたりと、スピンオフとしての面白さが存分に生きていて、短編集ながら非常に読み応えがあって良かったデス。

  • いつも楽しみにしているシリーズ。今回は短編集だったけど、いい内容のものばかりで良かった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

千葉県生まれ、東京都在住。中央大学文学部史学科卒業。「風駆ける日」で1989年下期コバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞後、90年『炎の蜃気楼』でデビュー。同シリーズは累計680万部を超える大ヒットとなる。他の著書に、今作を含む「西原無量」シリーズ、『カサンドラ』、「赤の神紋」シリーズ、「シュバルツ・ヘルツ」シリーズなど多数。

「2021年 『遺跡発掘師は笑わない 九頭竜のさかずき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桑原水菜の作品

ツイートする
×