瑠璃の書の司は碧の王子の番 (角川ルビー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041097946

作品紹介・あらすじ

生来の可憐な美貌ゆえに、男でも子を産む「種器」ではないかと疑われてきた僧侶のナイティス。成年を過ぎても発情の兆しがないため、疑いを打ち消してきたある日、ナイティスは憧れの王宮図書館で司書の見習いをすることになる。そこで年下ながら聡明で美しい第三王子・シグレスと出会い、互いに本好きなことで共鳴して親しくなる。しかし、好色な第二王子に目を付けられ、囲われそうになったところをシグレスに助けられるが、その方法は彼の妃として過ごすというもので…?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 美しい容貌のせいで、苦労してきたナイティス。そんな中でも好きな本に囲まれて、司書として頑張るナイティスは応援したくなる。誤解されても、冷たくされても、周りを恨まずに自分が出来ることをしようとするのは凄いと思うし。シグレスと出会ってからは、自分よりシグレスのことを第一に考えているのが伝わってきて、微笑ましくなる。あまり自分に自信を持てていないナイティスだけど、シグレスの横に立つために頑張るうちに変わっていくといいな。と思った。

  • とてもおもしろかったです。僧侶として生きていく道以外考えないようにしている、恐ろしくて自分が種器だったらという可能性も受け入れられなかったナイティスが、シグレスのせっかちだけど、心から気遣う態度に徐々に受け入れていって、強くなっていく様子がとてもよかったです。黒騎士・ケディンの誓いの場面もよかった。ナイティスはとても敬虔なので成人するまで、とシグレスを押し留めるのですが、この攻防もとても好きです。シグレスとナイティスのやりとりもよかった。シグレスはとても賢く人格者なんですが、少年らしさも垣間見えて可愛らしい。唯一の欠点・せっかちさもとてもよいチャームポイント。ナイティスがクスッとなったりふっと力が抜けたり。こちらも微笑ましい気持ちになります。
    みずかね先生のイラストも素敵でした。

  • ★3.5

  • 主人公の心情や迷いながらも成長していく姿が丁寧に描かれていてよかったです。
    世界観もしっかりしてるし……これがデビュー作とは…すごいですね。

  • オメガバース、ファンタジー、王子(α)×アレト教ヒラス派僧侶で書の司(Ω)、図書館と本が好きな人々。
    ものすごく丁寧に世界を作り上げてる感じ。宗教とか宗派とか入ってくると難しいと思うんだけど、うまい加減のところでお話に絡んでいると思う。
    Ωであるがゆえに人生ががらっと変わってしまう事への困惑、悲しさがはじめ読んでて辛かった。僧侶として静かに書に関わる仕事をして生きていきたかっただろうに、いきなり碧の王子の妃。
    物語に初めて触れて、ひととひととの巡り合わせや恋愛に憧れもあったかもしれないけど、急展開な人生が気の毒で。
    勿論、見初められた相手が、Ωと判明する前から好意的に思っていた相手なのはすごく良かったけど。
    Ωである自分を受け入れ、妃としてがんばろうと前向きなナイティスが、真っ直ぐでいじらしい。
    周りの、白騎士クランさんや黒騎士ケディンさん、シグレス王子の母(Ω男性でナイティスには姑?)、侍女の人たち、ナトラの競りの男性とその弟、それからナイティスに好意的でない人々、それぞれが短いエピソードの中で身体的または心理的な色々な傷をもち懸命に生きている。そしてそれぞれがナイティスと出会うことで人生を変えられていくのも、すごいなあと思った。
    特に、ナトラの書の贋作を作っていたという足の不自由な男性が、腕を買われて写本を作る仕事を与えられるのとか、すごい好きなエピソードだった。
    主人公のふたりには幸せになって欲しい。あと、ケディンさん。何かこう、不憫でいい人で、彼の幸せになる姿をみたいな。
    レイユス妃をこっそり慕うクランさんも。
    スピンとか出たらとても嬉しい!
    みずかね先生のイラストもいつもながら美麗だった……(*^^*)

全5件中 1 - 5件を表示

魚形青の作品

ツイートする
×