純情ロマンチカ 第25巻 (あすかコミックスCL-DX)

著者 :
  • KADOKAWA
3.81
  • (5)
  • (12)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041098042

作品紹介・あらすじ

なぜか宇佐見父に拉致されて、年明け早々宇佐見両親と雑煮を食べる事になった美咲。宇佐見父にまで卒業後のことを聞かれ、自分の想いを必死に伝える美咲だが…!?「純情ミックス」&孝浩視点&描き下ろしも収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  宇佐美家のすったもんだ(?)に巻き込まれる美咲。
     まぁ、仕方ないね。巻き込まれる体質だし、宇佐美家もこじれてるし。つか、こじれすぎだろう。大金持ちのステレオともいえるかもしれないが、それゆえにうさぎがああなったといえばそうなんだろうけど、でもなあ。
     ちょと安直すぎか。

     と、ついに兄にカミングアウトする方向に…。
     うーん。
     他人がそういう関係でっていうには、理解を示すだろうけど、弟となると微妙だよね。
     とはいえ、義姉がとてもできた人っぽいのでなんとかするんだろう。

     で、自分が周りに支えられているだけだと気づくあたり、お兄ちゃんいい子に育てたよなとそっと涙をぬぐうのであった。

     薫子さま、相変わらず素敵です。
     むしろ、彼女の存在が癒しだわww

  • 新年早々、ウサギ家に伊坂さん襲来。
    当然ウサギさんオカンムリ。
    逃げ出す形で家を出た美咲を拉致ったのはウサギ父。
    ウサギ母と、ウサギさんの近況を・・・
    と、ウサギ兄も帰ってきて…ウサギさんが美咲を迎えに来たw
    どんな展開なのだwww
    美咲の覚悟を知りたかった父なのだけどね。
    そして。
    就職する美咲を心配する兄孝浩。
    嫁さんである真奈美に言われ、兄弟で話す予定に。

    テロリスト・エゴイストではバレンタインデーのチョコを巡ってのアレコレ。
    ミステイクでは朝比奈のお見合い話が。
    が。
    女性の方が先に理解してお断りを入れる事に。
    案外、伊坂のヤキモチが可愛い♥
    「ザ☆漢」の漫画家伊集院を取り巻く人々。
    薫子がフランスを案内すると買って出て、水樹は焦る。
    アシスタントの柳瀬が来て、アレコレ作って。
    同じような思いを持つ二人。
    揺れる想いは一緒だね。

    伊坂さんの襲来を避けるために九州へと逃亡したウサギと美咲であった・・・

    相変わらず、ちょっと前に進んでってカンジで。
    終わらない物語じゃないんだから!
    でも。
    完結も見たいけど、そのじれったさがこの作品なわけでw

  • 超有名小説家(兼ボーイズラブ小説家)の宇佐見秋彦と苦労性大学生の高橋美咲は、一部周囲に関係がバレ始めた恋人同士。正月早々、宇佐見への仕事の依頼にやってきた井坂との話し合い(?)を邪魔しないよう外に出た途端、なぜか宇佐見父に拉致されて、意味もわからず宇佐見両親と共に雑煮を食べることになってしまった美咲。宇佐見父に改めて卒業後の「覚悟」を問われた美咲は、逃げないこと、諦めないこと、どんなことがあっても宇佐見と一緒にいることを「決めた」と伝える――が、そこに宇佐見兄弟まで勢揃いして…!? 美咲、無意識プロポーズ!? 超ドッキドキ☆ラブレッスン第25巻。それぞれのバレンタインを描いた「純情ミックス」&孝浩視点&描き下ろしも収録。
    --- 目次 ---
    純情ロマンチカ act.49
    純情ロマンチカ act.50
    純情ロマンチカ act.50.5
    純情ミックス~純情テロリスト編~
    純情ミックス~純情エゴイスト編~
    純情ミックス~純情ミステイク編~
    純情センチメント
    あとがき

全4件中 1 - 4件を表示

中村春菊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×