どこどこかわいい

著者 :
  • KADOKAWA
3.42
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 168
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041098608

作品紹介・あらすじ

ねえねえ ひよこさん どこどこ かわいい?
あんよが とっても かわいいね
よちよち あるくの じょうずだね

動物さんと一緒に、みんなのかわいいところやじょうずなところも、たくさん見つけてみよう。
読み聞かせるだけで自然と自己肯定感が育まれます。


●「自己肯定感」の言葉の生みの親・汐見稔幸先生、推薦!●
「かわいい!」ってこういうことだったのかという、気づきの贈り物
読む人はだれしもが、自分のかわいさに気づかされる不思議な本
――東京大学名誉教授/日本保育学会会長/全国保育士養成協議会会長 汐見稔幸


●よろこびの声、続々!●
「○○ちゃんのおててもかわいいね、たっちじょうずだね」と子どもの名前を入れて読んでいます――1歳10ヶ月女の子のママ
「あんよかわいいね~」と足をゆらゆら揺らしてあげながら読むと、大喜び! うちのこかわいい~!笑――2歳女の子のママ
最後のページにキュン! 泣いたっていい、かわいいじゃないと心に余裕がもてました――10ヶ月女の子のママ
ひよこさんがお気に入りなのか、ページをめくるたび「ここにいたよ!」と嬉しそうに教えてくれます――3歳男の子のママ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一歳。絵がちょっと可愛いです。
    子どもも好きでした、

  • 長女の好きな絵本
    気持ちを肯定してくれる
    絵が柔らかくて優しい気持ちになれます

  • 0~3歳向け絵本。

    ■読了時2か月。
    絵が可愛い。でも、まだわからないので、反応はなし。
    これから何回も読んでいくぞ!

    ■0歳4ヶ月
    なんと、笑うようになりました!特に、リスとネコのところがお気に入りのようで、笑う確率が高い。もぐもぐするのじょうずだね、とか、ぷにぷにたっち、とか。語感よくて、おまけに絵もかわいいので、親としても読んでいて楽しい。ということで★5に変更!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1979年大阪生まれ。画家・絵本作家。海の砂を用いた独特の画法で描く。2005年、台湾にて初の絵本作品を出版。その後の作品に『うたえなくなったとりと うたをたべたねこ』(求龍堂)、『クークーグーグー』(あかね書房)、『ねむねむごろん』『りすのおふろやさん』(KADOKAWA)、『なでてごらん』(幻冬舎)、『いいいろふうせんや』(早川書房)などがある。2020年『一富士茄子牛焦げルギー』(BL出版)にて、第53回日本児童文学者協会新人賞受賞。

「2022年 『さんぽっぽ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たなかしんの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×