かいぞく タコせんちょう

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 92
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041098615

作品紹介・あらすじ

小さな頃から「大きくなったら海賊になりたい」と思っていたタコせんちょう。大きくなったので、自分で帽子や眼帯、服を作って海賊デビューをすることにしました。海賊には手下が必要なので自分の8本の足に「きょうからタコせんちょうの手下だからな」と大きな声で言いました。手下ができたら、次は海賊船です。
 どこかに沈んでいる海賊船がないかとさがして回りましたが、どこにもありません。そのとき、山賊のイカ軍団に襲われました。タコせんちょうは、「山賊は山にいるものだ」とイカに教えてあげると、イカたちは
「ありがとう」と言って山へ向かいました。沈んでいる海賊船がないので海面に上がったタコせんちょうでしたが、なんとタコせんちょうにむかって砲弾と矢が襲ってきました! タコせんちょう、どうなる!?
入園や入学のお祝い、プレゼントにもぴったり!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵が可愛い。眼帯は海賊には必須なのね。(6歳)

  • きょうから かいぞくに なった タコせんちょう。

    じぶんで すみを ふいて
    ぼうしと シャツと がんたいを つくりました。

    かいぞくには 〈てした〉が いります。
    イソギンチャクや ヒトデに こえをかけますが
    ことわられて しまいました。

    そこで、タコせんちょうは……

      ・

      ・

      ・

    あかちゃん学絵本『もいもい』の市原淳と赤い鳥文学賞、日本絵本賞翻訳絵本賞を受賞した二宮由紀子がタッグを組んだ楽しい絵本、2021年3月刊

    手下にした“もの”と眼帯のゆくえ
    さんぞくの軍団とのたたかい
    見つけたかいぞくせんにのっていたかいぞく

    二宮流ユーモアをいっぱいつめこんで、タコせんちょうといっしょに冒険に出発!

    QRコードから「ぬりえ」がダウンロードできるおまけつき

  • 世界一穏やかな海賊⁈
    絵がカラフルで鮮やか♪

  • [墨田区図書館]

    図書館にあったので立ち読み。
    ただ、お話の展開はよく分からなかった。海賊になりたいタコさんと、既に海賊を気取っているつよ~い彼女タコさんと。しいて言えば二匹のタコさんが出会う恋バナかしら??
    よほどタコネタで本を揃えようと思うのでなければ読み聞かせにも使えないなー。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

二宮由紀子
1955年、大阪府生まれ。「ハリネズミのプルプル」シリーズ(文溪堂)で赤い鳥文学賞、『クリスマスはきみといっしょに』(BL出版)で産経児童出版文化賞、『ものすごくおおきなプリンのうえで』(教育画劇)で日本絵本賞大賞などを受賞。
主な作品に「だいすき絵本」シリーズ、「どうぶつ絵本」シリーズ、『おうちおおずもう』『おうちりくじょうグランプリ』(文研出版)、『きりんのまいにち』(光村図書)、『コップのすいえい』(フレーベル館)、『かいぞくタコせんちょう』(角川書店)、『ちびねこのチュチュと、スプーンのあかちゃん』(岩崎書店)など多数ある。

「2022年 『おうちすいえいたいかい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

二宮由紀子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×