長く高い壁 The Great Wall (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.41
  • (3)
  • (19)
  • (13)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 215
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041098622

作品紹介・あらすじ

従軍作家として北京に派遣された小柳逸馬は、突然の要請で検閲班長の川津中尉と万里の長城へ向かう。第一分隊全員が原因不明の死を遂げた事件の真相を探るうち、小柳は日中戦争の真実と闇に迫ってゆく――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 支那事変が拡大する中、万里の長城の要衝、張飛嶺を警備する守備隊の10名が悉く毒殺されてしまう。従軍作家として北京に滞在中の売れっ子探偵作家、小柳逸馬は、急遽、事件の捜査に駆り出される。小柳を探偵役として、日本軍の負の面を描いた戦場ミステリー。

    本作、著者の自衛隊時代の経験がふんだんに盛り込まれていると感じた。繰り返し出てくる「星の数より飯の数」という慣用フレーズも、確か著者が自衛隊時代に身に染みた言葉じゃなかったかな。

    茫洋で殺伐とした中国大陸の雰囲気を描くのは、さすがに上手い。ミステリーとしては今一つかな。

    小柳のセリフ「しかし僕は、嘘つきで見栄坊の人間を醜いとは思わない。だからこ美しい。それは天然の一部分としての、人間の営みに違いないから。」が印象に残った。

  • 実力・実績の著者ならではの、情景描写のクオリティだが、結城昌治の戦争小説の名作「軍旗はためく下に」の劣化版コピー作品と評価されてもしょうがない作品。少し残念であった。


  •  日中戦争は、「なんのために始まり、なぜ終わらないのか」が分からぬ、不可解な戦争だったと言われているそうです。
    
     大義のない戦争で、色々な境遇の兵士が集まった時、何を正義とし、何を悪とするのか。軍隊という組織の中では、何をよしとするのか。
    
     私は今まで、大戦中の兵士というのは、「お国のため」という大義名分のもと、一丸となって戦っていた、悲しいくらい真面目な人の集まりだと思っていました。THEサムライというような…。
    
     でもそれは綺麗事。生活やお金のために仕方なく戦地に赴くことが普通。そこで真剣に取り組むか、適当に取り組むか、やりたい放題に堕落するか、それは各々の人間性に依っていたようです。それは、現代と何も変わらないし、人間というのは普遍的なものなのだと実感しました。
    
     読み終えた時、これが最善だったと思いました。それなのにどこか心が重くなる、とても考えさせられる話でした。
    
     浅田次郎の現地取材と資料調査により、今まで私が考えていた戦争と、実際の戦争の違いがたくさん知れて、とても勉強になりました。

    
    
    ハッと、心に残った言葉(ネタバレになります)
     「海野さんが悪いのではなく、海野さん以外の人がみな悪い。悪人から見れば、善人が悪人。だとすると、海野さんを悪人だと思っているみなさんこそが、実は悪人ということになりますがね。」
     

  •  2021年11月20日(土)にジュンク堂書店 三宮駅前店で購入。11月22日(月)に読み始め、24日(水)に読み終える。

     浅田次郎の作品を読むのは、『壬生義士伝』『地下鉄に乗って』に次いで3作目(だと思う)。泣かせるような話ではなかったけど、とてもよかった。

     何かに関わるとか、その原因になるとはどういうことなのか、特に最後の部分で考えさせられる。

     涮羊肉(シュワンヤンロウ)を食べたくなる。

  • 小手先のやっつけ仕事
    演出家のメモ付きの舞台脚本でも読んでる気分だった

    浅田次郎はこの頃戦時下を舞台にした犯人当てミステリーでも読んだのか?
    浅田次郎って、ときたま「俺ならこう書いてやる」と言わんばかりに、その時読んでいたと思われる小説の亜流を書くことあるからな。

  • 日中戦争を舞台としたミステリー。従軍作家として北京に滞在していた売れっ子推理作家に下されたのは万里の長城で起きた事件の調査。

    関係者への聞き込みを進める際に、それぞれの軍関係者の一人称視点で語られる。事件の解き明かし自体は大したことはなく、事件の真相も安直すぎる。

    ただし、大正の軍縮時代と昭和初期に入ってからの大陸での戦争遂行状態で兵役というものが全く異なっていたこと、それに伴って世代によって兵隊の資質が異なっていたことを知れたのは収穫。

    また、士官学校出身の将校と、兵卒からのたたき上げの下士官の関係性を描いた作品は数あれど、最初の兵役満了後に一般社会人として生活をしたあと、予備役招集で再び大陸に送られた当時の日本人男性たちの姿の描写はリアルだった。このまま坂を転がり落ちるように太平洋戦争が始まり何百万人もの普通の男たちが戦争に絡め取られていく未来があったことが悲しい。

    一方で、日本軍、国民党軍、共産党軍が群雄割拠している状況にあっても中国の来週、それも食生活が豊かであったという描写は興味深い。

  • 期待していたような内容ではなかった。

  • 浅田次郎氏曰く、「面白い作品が書けた。」そんな作品です。

  • 日本の軍人の致命的な性格を評した一節。規模の大小にかかわらず理想の戦果を特定しそれに向かって作戦を立案する癖。負の要素を想定せず希望的観測よってのみ戦争を遂行する。

    これは日本人全てに言える事だ。コロナ対策に於いても、いつか収束する、という楽観が何処かに潜み対応が中途半端且つ後手になる。経済活動も然り。いずれかつての高度成長が戻るという根拠のない希望的観測により20年もの歳月が空虚に費やされた。

    我が身にも常に肝に銘じておきたい一節なり。

  • 満州時代の万里の長城を舞台に起きた殺人事件のお話。
    軍人と従軍作家の立場から、必ずしも本音が言えないという時代背景と、真実を解き明かさなければいけない正義感の狭間にいる主人公達。
    浅田先生の小説は非常に面白いのですが、設定の深いところをもっと知りたくなってしまう。
    蒼穹の昴や中原の虹あたりの話も見え隠れして、繋がりがあるのが面白い。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年東京都生まれ。1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞を受賞。以降、一九九七年『鉄道員』で直木賞、二〇〇〇年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、二〇〇六年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、二〇〇八年『中原の虹』で吉川英治文学賞、二〇一〇年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、二〇一六年『帰郷』で大佛次郎賞を、それぞれ受賞。二〇一五年紫綬褒章受章、二〇一九年菊池寛賞受賞。他の著書に『蒼穹の昴』『天国までの百マイル』『大名倒産』『流人道中記』『おもかげ』など多数。

「2021年 『日輪の遺産 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×