プラチナ・ゴールド 警視庁刑事部SS捜査班 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.20
  • (2)
  • (2)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041098837

作品紹介・あらすじ

警視庁の椎名つばきは、捜査の失敗から広報課に出向とな った。合コンが大好きな後輩・彩川りおと交通安全講習業務に従事していたところ、携帯通信基地局ア ンテナを盗もうとする男たちを捕らえるが──。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 矢月秀作『プラチナ・ゴールド 警視庁刑事部SS捜査班』角川文庫。

    新シリーズらしい。これまで昭和の劇画チックな男クサいピカレスク系のハードな作品ばかりだったのに、二人の女性刑事を主人公にしたライトなエンタメ警察小説とはちょっと意外な感じ。しかし、予想に反し、まあまあ面白く、後半には矢月秀作らしい大活劇が描かれる。

    警視庁の椎名つばきは、美術品窃盗団の捜査に失敗し、広報課に出向となる。後輩の彩川りおと幼稚園を回り、交通安全講習を行う中、携帯基地局のアンテナを盗もうとする男たちを大乱闘の末に捕まえる。

    乱闘が問題視されるかと思いきや、二人は刑事に抜擢され、携帯基地局盗難事案の専従捜査を任される。アマゾネスタイプの椎名つばきと合コン好きのあざといぶりっこの彩川りおの凸凹コンビの活躍は……

    彩川りおの豹変ぶりが面白い。

    本体価格780円
    ★★★★

  • 基本的には楽しめた。女性が主人公てのもの初めてだと思うし、それがコンビというのも何気に斬新だと思う。それぞれの役割分担もできていると思う。ストーリー的にはやや薄味な印象で最後もあっけなかったが次回作への伏線なのかな?ただ狙撃手との戦闘シーンでバレないように靴を脱いで侵入したのに、危なくなった時にパンプスを履いて攻撃しているのは致命的にダメだったと思う。わざわざ靴を脱いでと書くなら履くシーンもしっかり描写しないといけないと思う。戦闘シーンは作者の得意とするところだと思うのでしっかりして欲しい。

  • 警察ものということで、初めての作家さんの本を手に。主人公の椎名より、彩川のほうがキャラクターとしてはおもしろいですね。ただ、椎名あってこそのこのキャラでしょうから、よいコンビであることは間違いありません。

    肝心のストーリーのほうはというと、可もなく不可もなく、といったところでした。

  • 矢月さんの作品初めて読みました。読み始めはキャラが立っていて楽しかったのですが、少しずつ内容の幼稚さが気になってしまいました。もう、この手はいいかな

  • 2021/10/21 114読了
    ついに解禁!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1964年兵庫県生まれ。様々な職業に従事し、文芸誌の編集を経て小説家へと転向する。意欲的なアクション小説を発表、『もぐら』シリーズが爆発的なヒットを記録。本書は、法では裁けぬ悪を処刑する警察内の闇組織、警視庁暗殺部の活躍を描く痛快アクション第5作。著書に『D1 警視庁暗殺部』 『海上掃討作戦』 『人間洗浄(上・下)』 『壊人』(祥伝社文庫)等。

「2022年 『死桜 D1警視庁暗殺部』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢月秀作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×