逢魔宿り

著者 :
  • KADOKAWA
3.73
  • (18)
  • (39)
  • (27)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 294
感想 : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041098882

作品紹介・あらすじ

ホラー作家の「僕」に、デザイナーの松尾は昔ある四阿で出会った奇妙な一家の話を語る。山小屋での恐怖体験、障子に映る異常な影絵、宿直中の学校での異変。一家が怪異譚を語るたび、近隣で不可解な事件が起き……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まだ読みたいホラーの一冊。

    五編のホラー、これぞホラー、っていう感じ。

    秋の陽が差す暖かい時間に読んでいるにもかかわらず背筋が寒くなるのはなぜ?鳥肌が立つのはなぜ?な時間。

    ヒタヒタ迫る怪異に心はジリジリ後退り。

    中でも「お籠りの家」の時代設定と風習を絡めた恐怖のブレンドが最高の味わい。

    表題作「逢魔宿り」は雨のあずまやでの勝手に語られる語り、次第に気持ち悪さに取り憑かれていくその感覚が絶妙。
    まさに読み手の心にも“あまやどり”されたような恐怖。
    なのにまだ読みたい気分にさせられる…これって最高。

  • 怪談話に目がないホラー&ミステリ作家の「三津田信三」が知人から聞いた、という体裁で語られる怪談集。各話の閉じ方の理不尽さ曖昧さが正に怪談。得体の知れない闇がじわじわとすぐ後ろまで迫ってくる語りが上手くて本当寒気が来る。各話の冒頭で三津田さん自身の父親や前職の思い出が語られたり最終話ではコロナで海外イベントが中止になったのをきっかけに話の語り手に会いに行ったりと現実を彷彿とさせるエピソードがさらに怪談の闇を身近に感じさせて寒気倍増。夜中の宗教施設のオブジェ群に潜む「ある施設の夜警」祖母の代わりに香典を届けるお使いを頼まれた孫娘に降り掛かる「よびにくるもの」が好み。「お籠りの家」もそうだけど理由の判らないルールは怪談の華だ。

  • これは本当にあった話なのか?それとも創作なのか?
    創作だったらすごいなと思う。本当の話と思えてしまうから。

  • ホラー好きにはたまらない読みやすい短編集。これくらいの分量ちょうどいい。
    魔物に呼ばれても話したり返事をしてはいけないことを学べる良い本。

  • 三津田信三氏の本は初めて読みますが、怖面白いですね!
    ドキドキしながらページをめくりました
    作者が聞いた話を小説化するという
    話の進め方でしたが、4作終わって最後の5作目
    読者に
    あなたも聞きましたよね・・・
    的な含みを持たせた感じでしょうか

    怖いですねぇ・・
    そして上手い!
    あずまや しばらく入れないな・・

  • 著者が聞いた話と体験した話というメタフィクションなホラー短編集。
    ”何か”がじわじわと迫ってきて怖い、という話が多いが、「予告画」はちょっと変わった趣向で面白かった。作中で言及された『原色子どもの絵診断事典』などの本は実在なので、ちょっと読んでみたい。

  • 怖かった~

  • ホラー短編集。小難しくなく読みやすくて、状況が、イメージできた。どの話もかなり怖かった。とくに夜警の話、ぞっとした。

  • これは…怖かった。

  • 大好きな三津田さんの短編ホラー集。休日に一話ずつ一気に読んできましたが、なぜかいつも雨が降っていました。
    「某施設の夜警」がお気に入りです。
    結局白猫は何だったんだろう。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2001年『ホラー作家の棲む家』でデビュー。ホラーとミステリを融合させた独特の作風で人気を得る。10年『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞を受賞。主な作品に『十三の呪』にはじまる「死相学探偵」シリーズ、『厭魅の如き憑くもの』にはじまる「刀城言耶」シリーズ、『禍家』『どこの家にも怖いものはいる』『のぞきめ』『怪談のテープ起こし』『黒面の狐』など多数。

「2022年 『子狐たちの災園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三津田信三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×