女生徒 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.72
  • (117)
  • (75)
  • (209)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 778
レビュー : 117
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041099025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【引用メモ】

    ・いまに大人になってしまえば、私たちの苦しさ侘びしさは、可笑しなものだった、となんでもなく追憶できるようになるかも知れないのだけれど、けれども、その大人になりきるまでの、この長い厭な期間を、どうして暮していったらいいのだろう。誰も教えて呉れないのだ。

    ・ぽかんと花を眺めながら、人間も、本当によいところがある、と思った。花の美しさを見つけたのは、人間だし、花を愛するのも人間だもの。

  • 太宰の人となりが伝わってくる本。
    この人、けっこう正直だなと思う。

    というか、なぜこうして自分を見つめることができるのに、なぜ小説で描いている状況になっている?、特に「おさん」っていう作品に描いた通り本当にそのままの状況になってしまった。
    なんで回避しない?、残す家族は?
    疑問が止まらなくなる。

  • 内容はどうということはないですが、太宰治はどうしてそんなに女子の気持ちがわかるんだ、という思いになります。

  • 子どもでも大人でもない中間にいるあのかんじ。人には言えないような汚らしい心、アンビバレンスな感情、嫌なほどころころ変化する気持ち。これが世間でいう「思春期」というものか。この漢字三文字の中に秘められているものがぎっしりとつまっている作品だと思う。今日一日、「私」の気分に憑りつかれてしまったようだ。

  • 少女の一瞬を描いている様子が秀逸。

  • これは面白い。小さい頃、太宰の『走れメロス』を読んで文学が好きになり、大きくなって『人間失格』を読み返して太宰が嫌いになったが、この『女生徒』を読んで太宰の凄さを再認識。

  • 「女生徒」は、ぞっとするくらいリアルの切り取りだ。実際の女学生の日記を基に書かれているから当たり前だと言われそうだが、切り取り方が実に見事である。明るさの中に陰鬱さがあって、暗さの中に希望があって、絶妙なバランスで生きてる感じがするのである。

  • 女語り!
    すきだよー!どの作品もすき!

  • 情緒に訴えかける作品が多かった。

    太宰といえば「文学」「絶望」「暗い」「取りあえず暗い」というイメージを抱きがち(?)だけど、それがガラリと変わる。
    表題の「女生徒」は「私」が平凡な一日をこれでもかというくらいに説明していく内容だが、朝に目を覚ますときの気分から、夜眠るときの気分まで、それがもう半端なくリアル。つかみどころがないというか、感性で語るあの年頃の女子の本質をよく捉えているというか。思考の混乱具合や、とりとめのないような文章が本当に女性的。

    「おさん」と「雪の夜の話」も良かった。「女生徒」とはまた違った年の女性が主人公の話でどちらもやっぱり女の書き方は跳び抜けている。

  • 『燈籠』‥惨めな程の、倖せ
    『きりぎりす』‥潔癖な弱者への追憶と左様なら

全117件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

女生徒 (角川文庫)のその他の作品

女生徒 (角川文庫) 文庫 女生徒 (角川文庫) 太宰治
女生徒 (角川文庫) Kindle版 女生徒 (角川文庫) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする