ヴィヨンの妻 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.79
  • (19)
  • (60)
  • (35)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 458
感想 : 43
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041099117

作品紹介・あらすじ

傷つきやすい心をごまかすように、金もないのに飲んだくれる詩人の動静を、妻が奇妙な明るさで語る表題作をはじめ、未完の絶筆「グッド・バイ」のほか「パンドラの匣」「眉山」「トカトントン」の5篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表題作ヴィヨンの妻他四作品!

    伊坂幸太郎のバイバイブラックバードを読み、どうしても本作収録のグッドバイを読みたくなり購入!

    グッドバイを読んで、作者に死んでほしくなかった事と伊坂幸太郎がNICEなが解釈と適度なアレンジでバイバイブラックバードが時空を超えた作品に仕上がっていたと思えた。

    他の作品で手紙形式のパンドラの箱 読むに連れて登場人物達がくっきりしてきて輪郭がハッキリしたところで終了!これももう少し読みたかった!
    結核患者のサナトリウム?小説

    ヴィヨンの妻はダメな夫に腹立つものの皆んなが幸せなら良いのかなぁ?とも思ったり思わなかったり・・・

    眉山は主人公達に金払えと言いたくなる!

    トカトントンは主人公に気になるな考えるな働けと言いたくなった!

    比較的にダメな主人公達に共感するのは難しいものの読んでて面白い!

  • 太宰治らしく「死」がいっぱい出てきます
    「生きてさえいればいいじゃないの」で終わったヴィヨンの妻、それでも死を選んでしまったのですね、、、

  • どの作品も素晴らしかった。

  • トカトントン、何を表した音なのかはっきりとは説明できないけど、ふっと我に返って冷める瞬間は自分にもあるので共感して読めた。最後の一段落の意味するところを理解できるようになりたい。

    ヴィヨンの妻は、「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ。」というラストらへんの台詞が心に残った。

    この短編集で意外にも一番好きだと思ったのは眉山だった。眉山が可哀想で。「ほかへ行きましょう。あそこでは、飲めない。」というラストらへんの台詞から「僕」の強い後悔に胸を痛める心情が伝わってきた。そこで店を変えてしまうのはなんだか卑怯にも思えるけれど、あえてそういう人間の弱さ狡さみたいなのを描いたんだろうなと思う。

  • 死や破滅思考・行動に依ってしか生きていけない登場人物たち。
    痛みを感じねば生きている心持も得ない、現実に対してリアリティの欠如に苦しんでいるのだろう。
    実に痛ましい事だ。
    この痛ましさに気付かない理解出来ない人は幸せだ。
    現代だからこそ、より一層太宰作品は愛されると思う。現代病だらけじゃないか!

    表題作より「パンドラの匣」を読みたくて、珍しく新書で購入。
    どの作品も当たり前のように良かったけれど(当たり前のよう…ってスゴイね)、「眉山」が一番良かったかな。
    身体が辛くって押してでも、接客していたのはサービス業の鏡!
    なにより愛嬌があって可愛らしい良い子だ。

  • 2023/08/26

  • 太宰治「人間失格」、「斜陽」に続いてこちらを読みました。「パンドラの匣」は今まで読んだ中で明るくて読みやすかった。死に対する描写が全編にあり、太宰治の死生観が感じ取れるような気がします。

  • 思ったより暗くない一冊でした。別の書籍で、パンドラの匣から引用された文に圧倒されて本書を購入。愉快だったりふと駆け抜ける暗さがいいなあ。もう少し暗い話を求めていたけれど、これはこれでよかったです。眉山が印象的。

  • 私が図書館で借りたのはタイトル「グッド・バイ」だったな?バーコードで検索したらこちらが出てきたので表題変わったのかも知れませんね。
    ヴィヨンの妻、グッド・バイ、いずれも読んだことのない作品が入っていたので手に取りました。
    (にしても「トカトントン」はあちこちで見るな?
    長さがちょうどよいのか作者の悩まされた偏頭痛のせいか)
    どれもこれも、小説の形を取った自伝かな?と思わされる作品。
    「眉山」はちょっと後味悪いかな…
    「グッド・バイ」、えーーー!?ここで終わるの!!??
    このあとめっちゃ気になる展開だけど!!??ってなった!

    何…?バイバイ、ブラックバード…?
    それはぜひ読んでみなければ!って読んだことなかったっけ、記憶が薄れてるのでもっかい見る!!

  • 詩人の妻が借金返済のために働き始め、それによって生きがいを見出していくお話。

    斜陽に比べて短くて読みやすかった。ヴィヨンとは15世紀のフランスの詩人、フランソワヴィヨンのことだと考えられ、主人公の夫が詩人であることから引用されているものと考えられる。
    作品内で主人公の名前が明かされることがなく、これは主人公が自分の役割に対してしか価値が見出せず、自分自身の存在の無価値さのようなものを悟っているからなのかなと感じた。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1909年〈明治42年〉6月19日-1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。本名は津島 修治。1930年東京大学仏文科に入学、中退。
自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、戦前から戦後にかけて作品を次々に発表した。主な作品に「走れメロス」「お伽草子」「人間失格」がある。没落した華族の女性を主人公にした「斜陽」はベストセラーとなる。典型的な自己破滅型の私小説作家であった。1948年6月13日に愛人であった山崎富栄と玉川上水で入水自殺。

「2022年 『太宰治大活字本シリーズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太宰治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×