斜陽 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.91
  • (47)
  • (49)
  • (42)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 456
レビュー : 65
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041099148

作品紹介・あらすじ

「人間は恋と革命のために生れて来た」。古い道徳とどこまでも争い、"太陽のように生きる"べく、道ならぬ恋に突き進んでいく29歳のかず子。最後の貴婦人の誇りを胸に、結核で死んでいく母。自分の体に流れる貴族の血に抗いながらも麻薬に溺れ、破滅していく弟・直治。無頼な生活を送る小説家・上原。戦後の動乱の時代を生きる四人四様の、滅びの美しさを描き、戦後、ベストセラーになった、太宰の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今月の“千年読書会”の課題本、でした。

    手元になかったので角川文庫版をチョイス、
    表紙が暗闇の中で微笑む少女と、なかなかに印象的です。

    さて、物語の舞台は戦後間もない、混乱期の日本。
    そして軸になるのは4名の男女、でしょうか。

    どこかお嬢様然としたバツイチの、「かず子」。
    復員後、なんとも退廃的な生活を送るかず子の弟、「直治」。

    戦後の混乱の中でも誇りを見失わず凛と在り続ける、その二人の「母」。
    そして、どこか太宰を投影したかのような無頼な小説家、「上原」。

    戦後の混乱期にそれぞれが悩み、苦しんでいる、
    そんな様子の物語が綴られていくことになります。

    劇中では主に、かず子の視点で語られていきますが、、
    皆が悶えている中でも、どこか危機感のない悩みを持ち続ける彼女、

    そんな様子を楽天的で前向きととらえればよいのか、
    ただの甘ったれと断罪すればよいのか、、悩ましいところです。

    直治と母、二人を失っていく中でも、
    さして好きでもない上原との不義の子を授かりたいと。

    およそ生活力のないかず子が、シングルマザーとなる、
    先に見えるのは緩やかな破たんでしかないとも思いますが、、

    この後、“母”となったかず子がどうなっていくのか、
    意外と強かにのほほんと生きていったのではないか、と個人的には。

    そんな根拠のない明るさが、戦後の苦しい現実の日本社会において、
    受け入れられていった理由ではないかなと、そんな風に感じた一冊です。

  • お母さまのスウプのいただき方が素敵。

    無心そうにあちこち傍見などなさりながら、ひらりひらりと、まるで小さな翼のようにスプウンをあつかい、スウプを一滴もおこぼしになる事も無いし、吸う音もお皿の音も、ちっともお立てにならぬのだ。

    没落貴族のプライドと、不良への屈折した憧憬と、弱く脆い男たち。
    上原も直治も山木も太宰も面倒くさい男たちだな…。

    かず子のその後が気になる。

  • 泣きすぎて読み進めるのが難しいくらい泣いた一冊。
    それぞれがそれぞれを大切に思いやる気持ちが痛いほど伝わり、またその感情を欠いた人間も文字の表現だけできちんと伝えてくれる。
    ラストには驚かされた。

  • 豊かに、華やかに、上品に、何不自由なく生きていたはずの貴族。うつろう時代を、とどまることのできない「時」を感じさせるからこそ、「斜陽」という言葉につきまとう哀しみ。「生きる」とは、難しいことですね。

  • やっぱり太宰の小説は好きだなぁ。最後の頁をめくり終えて、本を閉じた私が感じたのはそういう満足感とも幸福感ともつかない気持ちだった。バッドエンドと言ってしまうには、かず子は顔を上げ、前を、未来を見据えたラストだったとはいえ、決してハッピーエンドではないのに。

    「人間は恋と革命のために生れて来たのだ」

    有名なこのフレーズを初めて小説の中で読んだ。このフレーズ1つであっても、ひどく印象的で、何となく自分の中にずっと残っていた一文。
    でもやっぱり、小説の中の言葉は小説の中で読むのが1番だった。何となく、で頭に残っていた文章に命が吹き込まれた。そんな風に表現したら良いのだろうか。今までよりもずっと強く、私の中に刻まれた。

    「私ね、革命家になるの。」

    弟の直治にそう言ったかず子は、有言実行した。この台詞を読んだ時点では、彼女が本当に革命家になってしまうだなんて思いもしなかった。
    最後まで彼女に感情移入こそしなかったけれど、始めはまだまだ「お綺麗なお貴族様」といった印象で、ずっと遠いところにいたような気がしていたかず子が、物語が進むにつれて少しずつ、自分のいる場所に近付いてきているような気持ちだった。もっとも、革命家となった彼女は最終的に、始めとはまた違った意味で遠い人になってしまったのだけれど。

    「幸福感というものは、悲哀の川の底に沈んで、幽かに光っている砂金のようなものではなかろうか。悲しみの限りを通り過ぎて、不思議な薄明りの気持、あれが幸福感というものならば、陛下も、お母さまも、それから私も、たしかにいま、幸福なのである。」

    この一節がたまらなく好きだな、と思った。幸福感の捉え方も表現する言葉も、その言い回しも。明確な言葉は見付からないけれど、なんだかとても気に入ってしまった。

    かず子のことばかり書いたけれど、直治の遺書の締め括り。
    「姉さん。僕は、貴族です。」
    この最後に、胸を締め付けられる思いがした。なんだか嫌な奴だな、そんな風に思っていた彼が抱え続けた苦悩を思うと、切なくて悲しくて言葉に詰まってしまう。
    庶民にもなれず、さりとて貴族にも戻れなくて。生きる場所と手段を探し続けた苦しみが書き連ねられた遺書は読んでいて私まで苦しくなった。

    最初から最後まで、希望に満ち溢れたキラキラと輝く明日なんて見えなくて、タイトルの通り、陽射しの傾く、夕暮れの小説。悲しくて綺麗で優しい物語。力強く前を向かせてくれる小説ではないけれど、それでも最後は顔を上げて、もがきながらでも、前に進んでみようかな。そんな風に思わせてくれた。

    やっぱり私は太宰治が、太宰の書く小説がたまらなく好きだ。



    余談ですが、この角川文庫版を手に取ったのなら、是非最後には角田光代さんの作品解説まで読んでほしいなぁと思います。私はこの解説がとても好き。

  • 夏休み中に読んだ本

    すごく深い物語だった。

    家族の破滅への話だから怖いのかなと思っていたら、そんなことは無く、登場人物1人ひとりの此れだけは譲れない、失いたくない を守る…そんな話だったのかなぁと今思う。

    「かず子がいるから、かず子がいてくれるから、私は伊豆に行くのですよ。かず子がいてくれるから」という台詞にお母さんの気持ちが全て入っている気がして、なんだか好き(*´◒`*)

  •  強さと脆さ、美しさと醜さ、古い道徳と革命。
     戦後の動乱を生きる四者四様の苦しみが、鬼気迫る。

     角田光代さんの解説にあったように、「感情移入や共感など、じつにちっぽけな感想のひとつでしかないと、気づかされた。小説の魅力というものは、そんなところにだけあるのではない」、まさにそのとおりで、この「斜陽」はいろいろ超越してる。感想をうまく言葉にできないや。

  • 人間は恋と革命のために生まれてきた

    ギロチンギロチンシュルシュルシュ

    など
    今みても新しい表現
    時代を超えて素敵だと思える表現

    20代で読んだときよりも
    30代になって読んだいまのほうが
    面白く感じた

    古い道徳とどこまででも争い
    太陽のように生きるべく、道ならぬ恋に進んで行くかずこ


    貴族だったことで
    破滅していく直治

    最後まで貴族だった母

    貴族から泥臭く生きていこうときめたかずこ

    田舎に生まれて庶民の上原


    子供が産まれたら
    直治が産ませた子ですと奥さんに抱かせますという
    したたかなかずこ

    戦後の動乱を生きる4人の模様が面白い

    太宰の死ぬ一年前の作品

    生きることは困難で厄介で理不尽だとか
    生きる権利があるように死ぬ権利もある
    そんな感じが太宰らしい

  • 共感とか感情移入は全然出来なかったけど、心に引っ掛かる、というか残る言葉は多かったように思う。
    特に弟の手紙の内容。

  • 愛ゆえの闘争。そんな感じ。

全65件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1909年(明治42年)、青森県金木村(現五所川原市)生まれ。本名、津島修治。東大仏文科在学中に非合法運動に従事し、やがて本格的な執筆活動へ。35年、「逆行」で第1回芥川賞の次席となり、翌年には処女作品集『晩年』を刊行。以後「走れメロス」「斜陽」など多数。

「2018年 『津軽』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斜陽 (角川文庫)のその他の作品

太宰治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

斜陽 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする