女生徒 (角川文庫)

著者 :
制作 : くまおり 純 
  • KADOKAWA
4.16
  • (170)
  • (119)
  • (83)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 1735
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041099155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全編女子学生の一人称で話が進む。思春期特有の、大人になり切れずに揺れる少女の心情をここまで見事に描けるのだからすごい。
    作中で主人公は「墨東奇譚」を読むが、「ところどころ作者の気取りが目について、それがなんだか、やっぱり古い、たよりなさを感じさせる」と結構辛辣。

  • 葉桜と魔笛、皮膚と心、おさんが好き

  • この本を愛してる。

    よく考えると、こんなにもうまく少女の気持ちを描く太宰若干怖い、

  • 女性独白体で集めたこの一冊って、私にとっては宝物かもしれない。
    以下、ネタバレ含む、注意。

    はじまりは「燈籠」。
    人前に顔を出したくない女の理由が大分トンでいる。一目見て、景色が輝くほど好きな男が出来て、彼が海に行くことを聞きつけ、男の水着を万引きしてしまう。
    いや。男の水着盗るか⁉︎と、それまでの恋モードとのあまりの乖離に正直引く。
    けれど、そのショックが面白い。
    警察に滔々と、自分を裁いてはならない理由を述べて、見事に新聞記事になっちゃう。

    ラストの「饗応夫人」はある意味逆に、自分の身体を壊してでも、浅ましい客たちを目一杯もてなす。
    ただ、血を吐いて実家に帰ろうと心に決めても、相手に会った瞬間、歓待モードになることの意味が分からなくて、引く。
    そして、そのドン引きがきっと面白い。

    「きりぎりす」はそう言ったショックは少なくて、貧乏絵描きの妻としてやっていくつもりの主人公が、夫の出世と共に人間までもが変わっていく様子を、女性のある意味アンノウンを認められる視点から書くことで、真実味を帯びる。
    正統派な感じ(笑)

    でも、「恥」になると、小説がフィクションであることを知らず、何故自分が書かれているんだろう?と不思議に思い、また作者が登場人物通りの身なりでないことに、インチキと感じる。
    無知が過ぎて、エキセントリックな感じ。

    さて、有名な「女生徒」と「待つ」。
    作者を知らない人に、これ、誰の作品と思う?と聞いて、太宰治って答えられるんだろうか。
    深く深く潜っていくのに、潜っていく途中で、潜ることの意味を探してしまうような、そんな揺れのある作品で、とても素敵。
    明度は確かに低いかもしれない、でも、どこかに明るさや真面目さがあって、爽やかに読める。
    『人間失格』だと、そうはいかない。

    自分の妻としての語りもあるのだけど、困った旦那さんだわ、と自分自身が書くことの恥ずかしさ?はなかったんだろうか。
    読み応えのある一冊だった。

  • とても好き。

  • 太宰で一番好きな作品かもしれない。少女の淡々とした日常が独り言のように綴られているだけなのに形容し難い美しさはどこからくるのだろう。太宰自身、「少女」であったことなどないはずなのにこれを美しいと思うのは自分が男だからだろうか。青い空を見上げた際の描写が好きで、初めて『ライ麦畑でつかまえて』を読んだときを思い出すくらいの感動を憶えた。美しく生きたいと思います。

  • 友達に勧められて手に取りました。

    「美しさに、内容なんてあってたまるものか。純粋の美しさは、いつも無意味で、無道徳だ。」

    なるほど。

  • 時代というものの狂おしさが
    ただただ女性の視点から描かれて
    どれもそれ相応の可笑しさに満ちて。

    「十二月八日」が好きです。
    それに、まったく逆の意味で
    「恥」も。

    太宰治には、これほどまでに
    女性の心情を忖度できる才能が
    あったのだなあ。

  • 第二次世界大戦前後当時の状況を感じる内容でした。
    私も貨幣になりたい。

  • どの短編も、最初の一文がよい。「朝、眼をさますときの気持ちは、面白い。(女生徒)」「女は、やっぱり、駄目なものなのね。(千代女)」「たましいの、抜けたひとのように、足音も無く玄関から出て行きます。 (おさん)」もしも太宰の作品と知らずに読んだなら、女性作家が書いたと思うに違いない。それほど見事に女性の心情を描いている作品。初版発行が昭和29年。そして今が平成29年。現代版『女生徒』があれば面白いだろうな。

    いまに大人になってしまえば、私たちの苦しさ侘びしさは、可笑しなものだった、となんでもなく追憶できるようになるかも知れないのだけれど、けれども、その大人になりきるまでの、この長い厭な期間を、どうして暮らしていったらいいのだろう。

    私たち、こんなに毎日、鬱々したり、かっとなったり、そのうちには、踏みはずし、うんと堕落して取りかえしのつかないからだになってしまって一生をめちゃめちゃに送る人だってあるのだ。また、ひと思いに自殺してしまう人だってあるのだ。そうなってしまってから、世の中のひとたちが、ああ、もう少し生きていたらわかることなのに、もう少し大人になったら、自然とわかって来ることなのにと、どんなに口惜しがったって、その当人にしてみれば、苦しくて苦しくて、それでも、やっとそこまで堪えて、何か世の中から聞こう聞こうと懸命に耳をすましていても、やっぱり、何かあたりさわりのない教訓を繰り返して、まあ、まあと、なだめるばかりで、私たち、いつまでも、恥ずかしいスッポカシをくっているのだ。

    明日もまた、同じ日が来るのだろう。幸福は一生、来ないのだ。それは、わかっている。けれども、きっと来る、あすは来る、と信じて寝るのがいいのでしょう。

全139件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

女生徒 (角川文庫)のその他の作品

女生徒 (角川文庫) 文庫 女生徒 (角川文庫) 太宰治
女生徒 (角川文庫) Kindle版 女生徒 (角川文庫) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする