女生徒 (角川文庫)

著者 :
制作 : くまおり 純 
  • KADOKAWA
4.16
  • (170)
  • (119)
  • (83)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 1743
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041099155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「私は王子様のいないシンデレラ」「再びお目にかかりません」というフレーズが好きです。中学生の時、こんなこと思ってたなぁ...って思いだす。何だか、いつでも自分がヒロインのような、でも、普通の毎日に埋没しているののギャップにやりきれないような、そんなお話。

  • 忘れかけていた女性の部分や自分の奥に秘められている女らしさを引き出してくれる本です。心のひだひだが繊細に描かれていて、共感できると思います。

  • 女の痛いところついてる。

  • 美しく生きたいと思います。

  • あまりの女性的な表現力に読んでて自分が女なのか男なのか混乱させられるほどでした。
    よく見て見たらこれは太宰治が女性読者の日記などを参考に執筆したらしく、胸を撫で下ろしたのが記憶に新しいです。
    女性の繊細な感性、滑稽さ、包容力が感じられる一冊でした。

  • 男の人なのに、ここまでも女性の繊細な心を書けることに感心しました。
    どれも、感情移入しやすかった。

  • 女性の美しさ、強さ、弱さを表してくれている女性のための(あるいは男性の為の)作品集。
    女って、だめね。

  • なにより「千代女」が見に積まされるけれど、「女生徒」「皮膚と心」「待つ」もいい。

    太宰治の女一人称の扱いかたが相当に好きです。

  • 女生徒の結びの文章に触れることがあって興味を持った、太宰治。
    さすがに、永く読み継がれる作家、作品だけあって、読みごたえ十分。
    普段文学作品は進んで読まないのだけど、思った以上にさらりと読めたことにびっくり。
    こんなに時代背景が違っても、いつの時代も根本的な思考の流れや感じ方、悩みなどは似ているんだなぁと感じた作品。
    ところどころ、吸い込まれるような表現があって、他の作品も読んでみようと思う。

    女生徒、皮膚と心、きりぎりす、千代女、おさん、このあたりがすき。


    燈籠/女生徒/葉桜と魔笛/皮膚と心/誰も知らぬ/きりぎりす/千代女/恥/待つ/十二月八日/雪の夜の話/貨幣/おさん/饗応夫人

  • 自分の内面を全て晒されたような、的確な言葉で次々と表記されていって、読み終わった後の後味の悪さはさすが太宰。

全139件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

女生徒 (角川文庫)のその他の作品

女生徒 (角川文庫) 文庫 女生徒 (角川文庫) 太宰治
女生徒 (角川文庫) Kindle版 女生徒 (角川文庫) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする