女生徒 (角川文庫)

著者 :
制作 : くまおり 純 
  • KADOKAWA
4.16
  • (170)
  • (119)
  • (83)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 1735
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041099155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『おやすみなさい。私は、王子さまのいないシンデレラ姫。あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか? もう、ふたたびお目にかかりません。』

    太宰治の女子高生なりすましブログ。

  • 表題作について。現代だったら「むかつく」の一言で済ませてしまう微妙な感情をすごく絶妙に文章するなぁ、と感動。太宰先生の言葉はわかりやすいしツルッと入って来る。
    短編ひとつひとつの後味は悪いですが、他の作品集を読むと暗いだけじゃなくて、染みてきます。んん上手く言えない。
    太宰先生の作品がやっぱり好きです。

  • 手癖の悪い女学生、死期が間近に迫った妹を持つ姉、夫に対し嫌気が差した妻、自信家でオレ様な兄を持つ妹、意見が言えず気苦労の多い主人を持つ家政婦-様々な立場にある”女性”の告白体で書かれた14の短編集。

    どの作品も惹かれるものばかりだったけれど、表題の作品『女生徒』では、思春期ならではの多感な少女の心情が生き生きと描かれている。大人に近づく歯がゆさ、母親との距離感、周囲への反発、自分が何者か不透明な虚無感。周りの全てが煩わしいと思っているかと思えば、次の瞬間美しい夕空を見上げて感動する。そんな気持ちのムラが奔放で、旺盛で、まぶしく見えた。

    太宰治作品の印象を覆すも良し。女って良いなぁと、ほくそ笑むも良し。魅力的な1冊でした。

  • 太宰治をかたっぱしから読んだわけじゃないけど
    この作品はすごく好き。
    少女の心をすごく表現してる。
    意地が悪くて優しい。
    少女ってのはそんなものよ。
    太宰治のなかにはこういう
    女々しい部分があったんだと思う。
    作家っていうのは
    女性と男性を往来する中性的な
    生き物なのかもしれない。

  • 太宰は『人間失格』選んだつもりが、女生徒だった。直前で変えたんだっけか?
    うん、まあこれも好きだけども。


    貴族の話し言葉には定評がない太宰治(by 志賀直哉)だけど、こういう女の子の素朴な独白はグッとくると思いました。

  • 女性が語り手の短編集。
    表題の女生徒をはじめ素晴らしい作品がたくさん。
    読み終わるのが勿体無いと思った。

  • 悲しいことを出来得るなら少しずつ少しずつ受け止めていきたい。そうしていかないと、いつか起こる大きな悲しみの渦に飲み込まれて溺れてしまう。幸福を感じ、それが過ぎ去った後の更なる幸福は、不幸せの背中を見つけようとしている。一筋の光も差し込まない暗闇にひとり、けれど胸の内で何か光るものがある。それがわたしの幸福だ。それを確かに見つめていた証をあなたの言葉に探してしまう、あなたが見たはずのその光。

  • とても好き。一生本棚にいてほしい。

  • この本を愛してる。

    よく考えると、こんなにもうまく少女の気持ちを描く太宰若干怖い、

  • 女性独白体で集めたこの一冊って、私にとっては宝物かもしれない。
    以下、ネタバレ含む、注意。

    はじまりは「燈籠」。
    人前に顔を出したくない女の理由が大分トンでいる。一目見て、景色が輝くほど好きな男が出来て、彼が海に行くことを聞きつけ、男の水着を万引きしてしまう。
    いや。男の水着盗るか⁉︎と、それまでの恋モードとのあまりの乖離に正直引く。
    けれど、そのショックが面白い。
    警察に滔々と、自分を裁いてはならない理由を述べて、見事に新聞記事になっちゃう。

    ラストの「饗応夫人」はある意味逆に、自分の身体を壊してでも、浅ましい客たちを目一杯もてなす。
    ただ、血を吐いて実家に帰ろうと心に決めても、相手に会った瞬間、歓待モードになることの意味が分からなくて、引く。
    そして、そのドン引きがきっと面白い。

    「きりぎりす」はそう言ったショックは少なくて、貧乏絵描きの妻としてやっていくつもりの主人公が、夫の出世と共に人間までもが変わっていく様子を、女性のある意味アンノウンを認められる視点から書くことで、真実味を帯びる。
    正統派な感じ(笑)

    でも、「恥」になると、小説がフィクションであることを知らず、何故自分が書かれているんだろう?と不思議に思い、また作者が登場人物通りの身なりでないことに、インチキと感じる。
    無知が過ぎて、エキセントリックな感じ。

    さて、有名な「女生徒」と「待つ」。
    作者を知らない人に、これ、誰の作品と思う?と聞いて、太宰治って答えられるんだろうか。
    深く深く潜っていくのに、潜っていく途中で、潜ることの意味を探してしまうような、そんな揺れのある作品で、とても素敵。
    明度は確かに低いかもしれない、でも、どこかに明るさや真面目さがあって、爽やかに読める。
    『人間失格』だと、そうはいかない。

    自分の妻としての語りもあるのだけど、困った旦那さんだわ、と自分自身が書くことの恥ずかしさ?はなかったんだろうか。
    読み応えのある一冊だった。

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

女生徒 (角川文庫)のその他の作品

女生徒 (角川文庫) 文庫 女生徒 (角川文庫) 太宰治
女生徒 (角川文庫) Kindle版 女生徒 (角川文庫) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする