アンゴルモア 元寇合戦記 博多編 (3) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
3.71
  • (2)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041099186

作品紹介・あらすじ

蒙古軍によって占拠されていた赤坂山を取り戻した日本軍は勢いに乗り、迎撃狙い進軍。いよいよ合戦の時が始まる――!一方、朽井迅三郎は豪傑な女御家人と出会い、ともに行動を共にするが!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文永の役最大の決戦、鳥飼潟の戦いが描かれる。元軍の集団戦法と鉄炮(現在の手榴弾に近い)などに苦戦するが、日本軍も柔軟に戦法を修正して戦い、麁原山の元軍本営に肉薄する。元軍の援軍が到着したところで鳥飼潟が満潮となり両軍撤収するが、気勢揚がる元軍に対して博多に退いた日本軍は疲労困憊、士気も落ちるばかりであった。そこへ、御家人たちが見守る中、博多湾から一人の男が上陸してくる。対馬を脱出した朽井迅三郎であった。その後の歴史的展開は諸説あるが、物語的にはどうであろうか。次巻が待たれるところである。

  • いよいよ行った事がある場所まで蒙古が侵攻してきた。

  • 3巻は博多での本格的な戦闘になる間のつなぎのような感じかな。迅三郎はついに博多に到着し、自分を裏切った少弐景資と対面。元との戦闘もそうだけど、対馬への救援物資も気になる。というか今の感じだとそんな余裕はとてもなさそうだけど。

全3件中 1 - 3件を表示

たかぎ七彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×