ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.69
  • (2)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 133
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041099605

作品紹介・あらすじ

不気味にうごめくハートレスの足跡を辿るべく、調査していたエルメロイII世とグレイのもとにもたらされたのは、『冠位決議(グランド・ロール)』の知らせであった。
何人もの君主(ロード)と代行たちが集まるという会議に、無論エルメロイII世も召集されることになる。
しかし、このたび掲げられた問題は、貴族主義派、民主主義派の双方を揺さぶり、魔術協会全体を混乱に陥れる陰謀の渦だった。
時計塔の地下に広がる大迷宮と、その生還者。
謎の、連続失踪事件。
そして、いずれ劣らぬ時計塔の支配者たち。
『ロード・エルメロイII世の事件簿』、最後の舞台の幕がいま開く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2021/07/19 読了。

    図書館から。

    中巻に続く。
    個人的に、青崎橙子が出てくるとテンション上がる!

  • 「事件簿」シリーズ最終章開幕。
    貴族派と民主派の板挟みにされるエルメロイII世の
    気苦労たるや…。

  •  漫画版と同じく「そして冒険へ…」キャンペーンが読みたくて、購入した文庫版。TYPE-MOONブックス版との違いは、読んでから時間が経っているのもあって分からなかったけど、改めて読み返しても面白かった。そもそもどのくらい加筆・修正されてるんだろう。
     いよいよ話は時計塔の中枢部を紐解いていくことになる。上中下巻の構成だから、勿論これだけ読んでスパッと楽しめる訳ではないんだけど、導入としての面白さは完璧だろう。
     Fateでもちらほら触れられている霊墓アルビオンについての設定の設定の開示は勿論、目玉はなんと言っても、時計塔内部の権力闘争の様子が直接拝めることだろう。飲み込まれないように、しかし波風は立てないように、どうにか凌いでいく舌戦は読み応え十分。
     終盤では、ファンの期待を煽るような要素をちりばめてから、大きな課題を明らかにして幕引き。上手い。

  • 最終話の上巻。

  • しばらく間を置いたが最終話前半。
    しかし、いったいどこの世界の話をしているのだか。
    次巻以降でいよいよ第5次開始、いつ開始になるか、そしてどう影響するやら。
    第5次がどのルートで終わるのかも気になったりして。

  • しかし最後って何?! イスカンダルってどーゆー事!! 最後会えるって事?!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

代表作にスニーカー文庫『レンタルマギカ』がある。直近では『レッドドラゴン』(星海社)を刊行。

「2020年 『ロード・エルメロイII世の事件簿 10 「case.冠位決議(下)」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×