元・傾国の美女とフラグクラッシャー王太子 転生しても処刑エンドが回避できません!? (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.22
  • (2)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 26
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041099957

作品紹介・あらすじ

傾国の皇妃として無実の罪で処刑された前世を持つ公爵令嬢・アザレア。
今度こそ穏やかに生活したいのに、王太子・ロータスの婚約者に!?
彼は文武両道、魔法の才も王国一ゆえの超問題児で――「修業感覚で魔王を倒す人間がそう簡単にいてたまりますかァ!」
思わずツッコミの日々を送るうち、彼のことが放っておけなくなって……って、今世でも死亡フラグですか?
WEBで大反響、ツッコミとラブが止まらない純愛コメディ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 元・傾国の美女…ではあるんだけど、今の人生ではあまり意味ない?
    フラグクラッシャー…修行感覚で魔王を倒したりするから?
    暗躍していた魔物を倒したりしたから?…読んでてあまり”フラグクラッシャー”だなぁという感想は持たなかった
    「乙女ゲームの世界に転生」とかじゃないから”フラグ”って感じがないのかも?
    ”処刑エンド”は王太子を叱りつけたりするからかな?
    微妙にタイトルがしっくりこない、かも?
    異母妹の印象は、ヒロイン アザレアの感じ方に誘導されてる感はあるけど、何を考えているのか分からず不気味。ていうか、事件の裏にいるの、絶対異母妹でしょう!という感じ
    王太子 ロータスは色々一般的ではないけど、いい子
    自分のせいで親しい人達を傷つけたという前世の想いにとらわれ気味だったアザレアも、物語の最後にはちょっと前を向くことができて、ロータスとの仲も進展、か?
    ロータス純情そうな感じだけど、いざとなったらメチャ積極的な行動をとりそう。無自覚に
    物語を進展させる布石が揃ったような本作。主人公たちに未来が気になります
    この先、アザレアの前世も関係してくるのか?気持ちの問題というだけなのか?それもちょっと気になる

  • 続き読みたくて震える。

  • 穏やかに生きたい。と思っているはずのアザレア。でも、予測のつかない行動をするロータスと出会ってからは、穏やかさとは程遠い生活になっていって面白い。考え方が違うアザレアとロータスだけど、一緒にいるのは楽しそうだから余計に。自分が規格外だということを実感していないように見えるロータスだけど、アザレアと行動することで変わっていきそう。今後、2人の関係がどうなっていくのか気になる。

全3件中 1 - 3件を表示

瑠美るみ子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×