白痴・二流の人 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.54
  • (24)
  • (39)
  • (78)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 366
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今読んでます 二流の人だけ

  • 短編集である。
    白痴の方の感想を書くが、これは知能障害の少年と教師の話である。ヘレンケラーの話のように、得に劇的な感動というものはないが主人公の教師が自分に出来る範囲を心得、その範囲の中だけで少年と接する姿が一抹の悲しさと暖かさを感じさせる話である。

  • 『白痴』退廃的な男と女の話。『二流の人』は戦国時代の軍師、黒田官兵衛(如水)の話。上杉謙信と直江兼継が壊れてて最高だと思った。

  • 美しい。

  • 物語版「堕落論」。シュールな中に人間臭さが漂う秀作。

  • 名(迷)作でしょ、コレは。

全39件中 31 - 39件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白痴・二流の人 (角川文庫)のその他の作品

坂口安吾の作品

ツイートする