不連続殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.49
  • (54)
  • (110)
  • (175)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 1006
レビュー : 135
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100196

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何ともとっつきにくい文章だった気がします。この作者の本は初めてですが、読みづらいというか入りにくいというか。登場人物の多さとその捻くれ具合(笑)も入りにくさの要因かも知れません。が、終盤のスピードはなかなか楽しめました。

  • 坂口安吾が描くミステリの世界。
    とっても面白い。
    さすが文学者と思うのは登場人物のぶっ飛び具合と、
    いたるところでで笑えるところ。
    文章もまるで落語でも聴いているかのような
    リズムのよさ。

    うっかり見逃しがちなトリックにはすっかりだまされました。
    私はかんぐりすぎてとんでもない人が犯人だと思っていたけれど。
    ミステリがあふれる現代、
    トリックに物足りなさを感じるかもしれないけれど、
    そこにとらわれすぎないところに
    坂口安吾の世界を垣間見ることができます。

  • 「日本ミステリー界の原点と呼べる作品」らしいので読んでみた。が、正直微妙だった。前評判がよかっただけに余計。トリック自体も某有名作品に酷似だし、なにより登場人物が多すぎて読みにくい。意図的にそうしたのかもしれないけど、「難解な文章」と「読みにくい文章」は違うと思う。

  • なるほどー

  • 登場人物が沢山でてきてドキドキします

    作者は、あの「堕落論」で有名なアンゴです

    所属しているミステリーサークルに、この作品を得意満面に持ち込んだところ
    すごい評価を受けた、という逸話があるそうです

  • 登場人物やたら多すぎ、しかも奇人変人だらけ。
    独特の語り口は好きになれませんでしたが、終盤がすごく面白かったです。

  • 坂口安吾の文体は、合理的で無駄がなく淡々としていて、でもどこか物悲しくて美しい。ラストシーンにはそれが集結していると強く感じた。だから何度も読み返してしまう。
    ミステリとしては王道。フーダニットに特化した長編ミステリは求める謎がわかりやすいからこそ奥が深くおもしろい。凝ったトリックや、情緒的な心理描写を求める人には向かない。

  • ミステリ小説ですが、奇人変人の様子を楽しむ作品だと思います。
    事件のトリックはあまり大したものではないかと。

  • 登場人物は、そんなに魅力的ではない。

    でもラストの、犯人の口上がしびれるほどにかっこいい。

  • 桜の森の満開の下』で、桜が人の心を狂わせる怖さを表した著者だけあって、男女の中にある狂気性や舞台の異常さに驚かされた。

    また、すっかりその世界に浸され、なんだか苛々した気持ちを見事に利用され、おもわず「やられた」と思わせる結末だった。

    現代でも通用するトリックとゆう点では他聞にもれず、非常に狡猾な人物配置であったように思う。

全135件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

新潟市生まれ。1919(大正8)年県立新潟中学校に入学。1922年、東京の私立豊山中学校に編入。1926年東洋大学大学部印度哲学倫理学科に入学。アテネ・フランセに通い、ヴォルテールなどを愛読。1930(昭和5)年同校卒業後、同人誌「言葉」を創刊。1931年に「青い馬」に発表した短編「風博士」が牧野信一に激賞され、新進作家として認められる。歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。

「2018年 『狂人遺書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

不連続殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

坂口安吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
坂口 安吾
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする