不連続殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.49
  • (54)
  • (110)
  • (175)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 1006
レビュー : 135
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100196

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トリックが思い出せない・・・。

  • 古き良き素晴らしい本格ミステリでした。
    最後は文学的だなあとしみじみ。

  • なんとも癖のある登場人物ばかりが揃っていて、その中でどんどん起きる殺人事件。えええ、事件起きすぎでは!? しかもタイトルが「不連続殺人事件」。これはいったいどんな事件なの?
    でもその解答は、読み終えるときっちり判明します。うーむ、なるほど。大仕掛けなトリックはないけれど、「心理の足跡」には舌を巻きます。なんでこれに気づかなかったんだろう……。

  • 冒頭に登場人物が次々と紹介されていくのですが、まずそこでは覚えられません。
    相関関係も複雑で、誰の元奥さんが別の人の現奥さんで、誰の妾の子がどの人のあれでこれで、まぁ、紙にでも書き出さないと理解しきれません。

    半分くらい読んで、だいたい流れがつかめたところで、もう一度冒頭から読み直して、なんとかついて行きました。
    それでも人によっては苗字で呼ぶ人、下の名前で呼ぶ人、愛称で呼ぶ人とがあって、誰のことを指しているのか、こんがらがってしまいます。

    さらに殺人事件も次々と起こるので、もう、誰が殺された時に誰にどんなアリバイがあったのか、犯人は誰か、自分で考えるのをやめてただ読み続け、ラストで事件の全貌の説明を受けながら、ようやく把握できたようなものでした。

    そんな感じでしたが、面白く読めましたよ。
    今度読むときは相関関係を紙にでも書き出しながら読みたいと思います。

  • 古本屋で購入して実際に読んだ、実写化のワンシーンが表紙になっている文庫がないのが残念(どこの出版社だっけ)

    序盤から、わんさか出てくる登場人物の多さに驚き。
    関係を把握しながら読み進めるのに一苦労です。
    しかし謎解きは「なーるほどー」の一言。
    タイトルもなんだか気に入ってます。

  •  面白かったー!
     うおー推理小説だー、と思いながらわくわく読んでいた。

     第一話での登場人物が多すぎてどうしようこれついて行けるのかなと不安になったんだけど、次々起こる事件についてはそれぞれ明快な文章で入りやすく書かれていたので、読みやすかった。
     ちょっと混乱したら第一話に戻って人間関係見直せばよかったので、これはこれで良かったような気がする。
     序盤はゆるゆる読んでたけど、後半は一気にガッと読み切りました。推理編すごく引き込まれた。

     終わり方も好き。

  • チェスタトン風だなと思ったら、解説で既に言及されていた・・・

  • 古い本すぎて読みずらいって記憶しかない

  • 「人は死ぬ。不連続に」
    確かに連続で死ぬこたあない。
    一斉に死んだら連続って言わないしね。

  • 発表当時、犯人当てに懸賞金が賭けられた本書。
    それもあってか、全編通じて著者からの「犯人を当てられるもんなら当ててみろ。」というメッセージみたいな物を感じた。

全135件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

新潟市生まれ。1919(大正8)年県立新潟中学校に入学。1922年、東京の私立豊山中学校に編入。1926年東洋大学大学部印度哲学倫理学科に入学。アテネ・フランセに通い、ヴォルテールなどを愛読。1930(昭和5)年同校卒業後、同人誌「言葉」を創刊。1931年に「青い馬」に発表した短編「風博士」が牧野信一に激賞され、新進作家として認められる。歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。

「2018年 『狂人遺書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

不連続殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

坂口安吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
坂口 安吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする