不連続殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.49
  • (54)
  • (110)
  • (175)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 1003
レビュー : 135
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100196

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 通勤帰りに読む本がなくなり慌てて本屋に入り購入しました。坂口安吾だったら肝臓先生の方が好きだったな。

    最後の最後の落ちはそれでも面白かったのですがそれに至る経緯が。あんなに殺さんでも…とか思いました。

  • 面白かった!
    ドロドロの人間関係!昼ドラ展開!王道ミステリ!屋敷の図面もあるし!(笑)
    巨勢博士のシリーズがあれば読みたい!

  • 坂口安吾が読者に挑戦し、犯人を当てた読者には懸賞金がついたという推理小説。もう懸賞金の期限は切れていましたが、僕も買ってけっこうガチになって挑戦しました。・・・まぁ、当たりませんでした。言い訳がましいですが、登場人物が最初の1ページ目から矢鱈と多いんですよね。容疑者、何十人いたんだろ?思わず、紙に人物相関図を書かないと、話についていけなかったくらいです。それでも、文体は安吾節で、キャラクターの濃さはかなりありました。皆さんも挑戦してみては?

  • 妙な場所に片仮名乱舞してるせいか一瞬夢野思い出した。人物相関図が欲しかった…。

  • 独特のカナ多用の文体
    序盤から多数の登場人物。
    と、読みにくい要素があったものの、その始まりから伏線があった事に驚いた。
    非日常のトンデモな人達の中の会話と思えば、違和感無く読めるが、悪辣なセリフが多くどこにも感情移入できない。
    淡々と事件が起きて突然解決した。

  • 複雑な人間関係を必死に覚えたのにこれだけのトリックでは、ちょっと納得がいかない。

  • かなり昔に読んだ。
    なかなかこれを超える作品に出会えない。
    解決編を深夜に読んだ時は、犯人の計画の恐ろしさに涙ボロボロ出しながら読んだ。
    多感な頃に読んだせいもあるが、こういうスマートな心理トリックが好き。

  • この人、人物設定が下手。文章の読みにくさはこの時代の特徴かも。主役に魅力がなさすぎ。推理小説に手を出したのが間違いの元。

  • 坂口安吾は以前「白痴」を読んだのですが、それとはまた違う雰囲気で最初は戸惑いました。正直序盤は登場人物の多さ複雑な関係に既にへとへとだったんですが、根気づよく最後まで読んで良かったと思わされました。最後のくだりで目が覚めた。

  • 登場人物達が個性的でついていけませんでした。
    しかし、理解し難い人たちだと思っていたからこそ、ラストにはちょっと感動してしまいました。

    人は多いし、どんどん死んでしまいますが、トリックはとても感心しましたし、いかにも推理小説な雰囲気も設定も好きです。

    それから、とにかく見取り図が見にくかったです。

全135件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

新潟市生まれ。1919(大正8)年県立新潟中学校に入学。1922年、東京の私立豊山中学校に編入。1926年東洋大学大学部印度哲学倫理学科に入学。アテネ・フランセに通い、ヴォルテールなどを愛読。1930(昭和5)年同校卒業後、同人誌「言葉」を創刊。1931年に「青い馬」に発表した短編「風博士」が牧野信一に激賞され、新進作家として認められる。歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。

「2018年 『狂人遺書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

不連続殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

坂口安吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
安部 公房
坂口 安吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする