堕落論 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.88
  • (83)
  • (92)
  • (92)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 1244
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100202

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  坂口安吾の本。
     有名な本なのであれですが、人間というものを、楽観的でもなく悲観的でもなく徹底的に見つめなおすことで、人というものの本質を見出していこうっていうのが堕落論です。
    ただその表現は、とても厳しく、だからこそ力強いのでした。「生きよ堕ちよ」その厳しくも徹底的に前に進むという姿勢はとてもかっこいいす。

     そのほかにも青春論とかいろいろあって面白い。必読。

  • 「日本文化私観」「青春論」「堕落論」「続堕落論」「デカダン文化論」「悪妻論」「恋愛論」「エゴイズム小論」「欲望について」「大阪の反逆」「教祖の文学」「不良少年とキリスト」収録。

    初坂口安吾でしたが、かなり面白かった。自分の嗜好に近いみたい。人生観というかそういうのが…
    もっとも、時代を越えてこういう表現がマイルドになってコレなのか、当時においてもコレなのか分からないものの
    こういう人は友人とか近しい人にはなれないし、近くにいたら腹立ちそうだけど。

    特に、太宰の自殺をきっかけに(?)書かれたみたいな、坂口の太宰評の「不良少年〜」が気になる記述が多かった。

  • 価値観に真正面から向き合える一冊。

  • 前々から気にはなっていたやつ。
    戦時中や戦後に書かれた評論をまとめた本ですけど、あまり古臭さは感じませんでした。
    いやまあ、所々時代を感じさせる描写はありますけど。

    個人的に気になったのは何度も出てくる文学論。
    文学とは自分の人生をかけるものだ、みたいな、気合の入った論です。

    これは個人的に、近年のものと相当合わない気がします。
    中村うさぎが「『自分の作品に命をかけている』といわれると白ける」みたいなことを書いてたのを思い出したせいでしょうか。
    エンターテイメント性があふれてるのもあれば、重々しいのもあるわけです。で、どっちが優れてるとかいうのも変だし。
    安易な作品なんて文学じゃない!とか言われても区別つかないし、特に区別する必要感じないし、

    作者の魂がこもってないとダメだ、とか言われても読者にはよくわかんないですよね。
    鼻歌交じりで書かれてようと傑作は傑作だし。

    どうもその辺の気負いは共感できませんでした。

    でも全体的にみて面白かった。やっぱ文章うめえよ文学者。

  • テスト期間に読んで泣きそうになりました。これ、読み進めちゃって赤点とるしかないやん…!笑
    ななめにうがった視線に慣れるのに時間がかかりそうだけど、とっつきにくくはなかった、そんな感じ。

  • 2008.9.10読了。

  • 2002年、神戸のMさん

  • 新装版ではない方ですが。古本屋で購入。

全116件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堕落論 (角川文庫)のその他の作品

坂口安吾の作品

ツイートする