堕落論 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.88
  • (83)
  • (92)
  • (92)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 1244
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100202

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・収録作品・
    日本文化私観
    青春論
    ☑堕落論
    続堕落論
    デカダン文学論
    戯作者文学論
    悪妻論
    ☑恋愛論
    エゴイズム論
    欲望について
    大阪の反逆
    教祖の文学
    不良少年とキリスト

    注釈
    磯田 光一・解説 坂口安吾―人と作品
    檀 一雄・作品解説
    年譜

  • 最後の章がキチガイなテンションで始まったときはどうしようかと思ったが、ちゃんと収まっていたので良かった。「学問は限度の発見だ。私は、そのために戦う。」という締めのセリフはカッコいい。
    坂口安吾は合理主義者だと感じた。日本人の慎みの美徳を完全否定して、徹底的に利便性を求めていたところが面白かった。彼はきっと冷やし中華にマヨネーズをかけるタイプの人間だ。
    しかし恋愛に対しては合理主義を貫けていなかった気がした。でもそこが人間らしくて良いと思う。
    堕落論よりは続堕落論のが面白かった。
    坂口安吾の小説を読んでみたい。
    「学問は限度の発見だ。私は、そのために戦う。」

  • 良かった。ただ単純に。恋愛論と痛烈な太宰批判が凄い。今の作家には書けない文章。2011/027 

  • 絶望・勇気・気力・憂鬱すべてをくれる珍しい本。
    いろいろ人生幻滅するだろうけど、なんとかなれそうな気がある。

    気になる台詞
    ・人間の歴史は闇屋となるところから始まるのではないか。
    要するに、生きることが全部だと言うより外に仕方がない。
    生きることだけが、大事である。

    ・是が非でも生きる時間を生き抜くよ。そして、戦うよ。
    決して負けぬ。負けぬは戦う、ということです。それ以外に、
    勝負など、ありやせぬ。戦っていれば、負けないのです。
    決して勝てないのです。人間は決して勝ちません。
    ただ負けないのだ。

  • 坂口安吾はわたしが今まで信じて疑わうことなく囚われてきたものたちを、気持ちいいくらいにばっさりと否定した。苦労や家庭や道徳に囚われず自分の欲望を認めて自分の力で這いつくばって生きなきゃいけなかったし、本当は生きたいと思ってたのかもしれない。はじめて、自分の根幹が揺らぐような衝撃を受けて、解放されたような視界が開けたような気持ちになった。生きるには大きな覚悟がいると思った。

  • 「古いもの、退屈なものは、亡びるか、生まれ変わるのが当然だ。」

    13のエッセイから成り立っている。基本的に誰かを批判しており、称賛していることはない。”じゃぁ、著者はどうなのか”と思ってしまうこともしばしば。

    日本文化私観では、欧米に憧れる日本人と過去の伝統ばかりに重きを置く人々に対する痛烈な批判が面白い。これが発表されたのが1942年だと考えると、よく書けたものだと感じる。

    デカダン文学論では、あらゆるモノに対して、誠実さを求める考えは、処女幻想だと評した。何かが進化していくためには、それが破壊されなければならないと説く。これは、日本文化私観の発展かもしれない。

    悪妻論では、精神的なつながりだけの恋愛が神聖だと考えられている現状を嘆き、肉欲こそが、人間の本質的なもので、他人を魅力するものだと捉えた。肉欲を肯定しているにも関わらず、著者は、意中の人物と口づけをしただけで絶交していることから、肉欲に生きる人物は著者の目指す姿なのかもしれない。

    エゴイズム論では、対価を求める親切を斬る。親切は、無償の愛であり、それが裏切られたからと言って、相手を恨んではいけないし、その行為をやめてはいけない。これはキリストの教えに通じるところがある。

    著者は太宰治と仲が良かったらしい。その太宰の新しい面を発見できたのはとても興味深かった。

  • すごいなぁ。有名無名構わず真正面からバッサリぶった斬り。無茶苦茶言ってるんだけど、真理をついてる気もするんだから。なんだか落語家みたいな人だな。

  • 超・有名な坂口安吾のエッセイ集。
    特製カバーは空色? っぽいブルー。
    語りかけるような文体で太宰治について語った『不良少年とキリスト』が面白かった。

  • 坂口安吾の小説を読まずにエッセイを読む。というのもどうなのか。エッセイでも、書評でもあり、ただの悪口の羅列だったり。

    「この時代」と十把一絡げにしてしまうのは乱暴だが、頭でっかちで自意識過剰な男が多いなという雑感。

    「僕が想像し、僕がつくればそれでいい。」これを言ってしまうには危なさが漂うが、ちょっとかっこいい文章だった。

  • 「堕落論」坂口安吾
    随想録。灰色。

    坂口安吾は初読です。
    人間性のいろいろについて。あてなく書き連ねられているふうが正直読みづらかったですが、ひとつの骨子(例えば「欲望は秩序のために犠牲にせざるを得ないものではあるけれども、欲望を欲することは悪徳ではなく、我々の秩序が欲望の満足に近づくことは決して堕落ではない。」p214.)に対して、よくまあ逐一ねちっこくズルズルと書き起こせるなと感じること延々。
    普段から深い考察と穿った視点がないと無理。見習いたいです。
    収録作品の初出が昭和17〜23年の戦中戦後であることを考えると、このキナ臭くなさというか、埃っぽい四畳半を感じさせる読みごこちが意外でした。
    中学生くらいで読んでいたかった。(3)

    以下メモ
    -----

    p116.日本は負け、そして武士道は亡びたが、堕落という真実の母胎によって始めて人間が誕生したのだ。

    堕落論と安楽死
    、苦しみから逃れるエゴこそが二重の拘束から人間を救う、のではないかしらん。
    またしかし、「堕ちぬくことはできないだろう」(p118.)から、法によって義を偽することで安堵する

    日本人が連綿と続いてきたのは、統治者が何より日本人を知り抜いていたから?
    ←p124

    p222.我々の周囲には思想のない読物が多すぎる。読物は文学ではない。

全116件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堕落論 (角川文庫)のその他の作品

坂口安吾の作品

ツイートする