堕落論 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.88
  • (83)
  • (92)
  • (92)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 1244
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100202

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文学は生きることだよ。見ることではないのだ。

  • 言葉に力が篭っている。生きようと思う本。

  • 安吾の考える美とは何か。
    「堕ちることで生きよ」とセンセーショナルな論調で戦後文壇を席巻した坂口安吾のエッセイ集。表題作「堕落論」ほか、「日本文化私観」「青春論」「続堕落論」「デカダン文化論」「戯作者文化論」「悪妻論」「恋愛論」「エゴイズム小論」「欲望について」「大阪の反逆」「教祖の文学」「不良少年とキリスト」の13編収録。

     研ぎ澄まされた包丁で根菜がすぱりすぱりと切られていく―終始そんな気持ちにさせられる文章です。その理由が冒頭の「日本文化私観」でわかります。解説によればこの作品はブルーノ・タウトの同名の評論に題をかり、平明簡潔に、安吾のあらゆる思考の手引か解説をでもしているように見えるという一編です。

     一般的にもっとも日本的と考えられている町・京都での自身の体験を語り、そこにある寺院や文化について触れていくのですが、読み進めるうちに安吾の中では「真に日本的なるものなどは無い」のだと気づかされます。建築も芸術も意図的なものであって、むしろそこに在るがままの人間に価値を置いているところが、続く12編を読み解くための鍵となっているのです。安吾のこうした主張は、日本の伝統美について論じたブルーノ・タウトについて触れた次の文章からも観て取れます。

    <…即ち、タウトは日本を発見しなければならなかったが、我々は日本を発見するまでもなく、現に日本人なのだ。我々は古代文化を見失っているかも知れぬが、日本を見失う筈はない。日本精神とは何ぞや、そういうことを我々自身が論じる必要はないのである。>

     今を生きる日本人の生活がどのようなものであろうとそれこそが紛れもない日本であって、桂離宮と日光東照宮のどちらが日本的かなどというのは意味がない。簡素であろうと豪奢であろうと、意図的であるということにおいてはどちらも同じ。タウトさん余計なお世話です―とまでは言っていませんが、この論のタイトルがタウトの評論と同名であることが、一つのアイロニーになっていることを感じさせます。

     そんな安吾の考える美とは何か。「日本文化私観」の最終章において、それは明らかにされます。小菅刑務所と築地にあったドライ・アイスの工場、港町に錨をおろした軍艦の3つを挙げ、ここには、美しくするために加工した美しさが一切なく、不要なる物はすべて除かれ、必要のみが要求する独自の形が出来上がっているからこそ美しいのだというのです。建造物に想起されたこの思いは、安吾自身の仕事、即ち書くということへ収斂していきます。

    <美しく見せるための一行があってもならぬ。美は、特に美を意識して成された所からは生まれてこない。どうしても書かねばならぬこと、書く必要のあること、ただ、そのやむべからざる必要にのみ応じて、書きつくさねばならぬ。ただ「必要」であり、一も二も百も、終始一貫ただ「必要」のみ。そうして、この「やむべからず実質」が求めた所の独自の形態が、美を生むのだ。>

  • 20年ぐらい前に買った本で、ずっと置いてあった本。
    今だから分かる部分も多い。安吾が書いていた年齢と今の自分の年齢が近いからか、買った当時では理解できなかったと思う。
    書かれた時代を確認すると戦後直後も直後。戦争中の言論の自由を奪われていたころを思うと、若者にセンセーショナルを巻き起こしたことも理解できる。
    「堕落」という言葉は強い言葉だけれど、ダメ人間になれということではなく、もともと人間はダメなところを持っていて、その自覚を持てということか。今の時代でも十分通じる話である。
    ただ、今の戦後とは違う混乱期をどう見る?恋愛も政治も社会も歴史は生きている人間が作っている。過去はあくまで過去だ。

  • 読むのにやたら時間がかかってしまった。12のエッセイが収録されているが、全篇通してくだけた文体で真正面から問題と向き合っている感じがした。著者が言いたいのはつまり、人間不在の文化なんて何の意味もないという、普通と言えば普通のこと。でもそれができないのが今の悪いところだなぁという話でしょうか。「今」って今なのがやっぱりすごいところ。でも個人的には太宰治論が一番興味深かった。お酒の話になるとほんとに飲んでるみたいな文体になるのはやっぱ本当に飲んでたんだろうかwすごく好き。

  • 頷けるところ、納得しかねるところ両方あったけども、とにかくすごい本だった。一度読んでおくと物事を考えるときの視野が広がる気がします(主に日本文化についてとか生きることについてとか)。自分の感じていることとかなり距離の近い文章という印象を受けました。

  • 好きなんだけど、多分自分にもこういうとこがあって、読むと堕落の道に走りそうだから読まないで、しかし棄てられないでいる本

  • 個人的には堕落論よりもデカダン文学論・教祖の文学・不良少年とキリストの方が面白かった。他はあまりしっくりこなかったが、無頼さがひしひし感じられた。

  • 焼け跡から。読みやすいし、おもしろい。勇気がわいてくる。

  • 天秤のよう

全116件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堕落論 (角川文庫)のその他の作品

坂口安吾の作品

ツイートする