坂本真綾 1st&Last 写真集 "You can't catch me" ドキュメント 2011.3.5-6.15

  • 118人登録
  • 4.64評価
    • (25)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 坂本真綾
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100295

作品紹介

LIVE TOUR 2011 "You can't catch me"がスタートした2011年3月5日から6月15日の最終公演までを追った-。迫力のステージ写真、リハーサル、バックステージ、終演後の素顔、撮り下ろしのオフショットなど多数収録。

坂本真綾 1st&Last 写真集 "You can't catch me" ドキュメント 2011.3.5-6.15の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドキュメント2011.3.5~6.15。読んでいくうちに…その時私自身が何を感じたかといういろいろな感情が湧き上がってきて涙が止まらなかった。
    3.5/3.30/6.4とライブには3回参加しました。そこで流れていた音楽、MC、空気などを本人の言葉で呼び起された感じです。こういう形で記録に残してくださったことに感謝。ありがとうございます。

  • 彼女と私たちの苦難を乗り越える過程の一部。

    映像化の予定がなかった2011年のツアー。
    図らずも鮮烈な追憶を残した10公演を、
    彼女の意地と誇りと優しさをのせた言葉達で
    綴られるエッセイであり、かの震災の記録でもある写真集。

    私個人的にも、初めてライブに参加できる!と
    受け取った追加公演のチケットが、
    紙くずに消える可能性を、一度は地震で、二度目は延期で
    経験し、急転直下で迎えた国際フォーラム。

    思い出深すぎて、写真の上にぼたぼた垂れる雫の跡を
    必死にティッシュでぬぐうのが大変だった。

    この先何度も、地震を受け東京が真っ暗だったことも
    彼女がライブをすると決意したメッセージを読んだときのことも
    ライブでびーびー泣いたことも、何度も思い返して、
    この本に色々を貯めて行くのだなと思う。

  • 写真がすごく大きいですし、ライブの舞台の裏側も分かって、真綾さんかっこいいなあと改めて思いました!

  • 大阪ライブ、行きました。その記念としてというより、東日本大震災を忘れたくないひとりとして、買いました。

  • 厚木のライブの完成度に、充実した気持ちになり、
    その後、経験したいろんなことを経ての、国際フォーラムで涙し。
    あの時期は、彼女のアルバムとライブに、かなり救われた。
    いいことも悪いことも、色とりどりの気持ちを思い起こさせてくれた写真集。

    真綾さんの美しさや、充実した文章はもちろんのこと、
    わたしが日本一好きなギタリスト、ノーナ奥田さんのハイジャンプの写真が、
    実は一番のお気に入り。あの素晴らしい音が聞こえるようで!

  • 10月20日の夜に買って、帰って、21時ごろからめくりはじめて。
    たくさんの写真と、レポとインタビューとコメントと。
    まだ全部読めてはいなけど。
    読んでいるうちに、今夜、時間に追われて全て読むのは、すごくもったいなくて、いやで。
    だから、自分が今じっくり読めるところまで、ロングインタビュー前までと、最後の仙台公演の記事を読みました。
    ライブと震災と歌と、真綾さんの考えと気持ちと。
    ライブに行かなかった私にも、いま、とても少し見て読んだだけで、曲を思い出して、歌詞を思い浮かべて、とても力をもらいました。
    また明日、続きをじっくり読もう。

  • 最初で最後の写真集ということで気になって購入。

    写真集といいつつも、きちんとしたドキュメンタリーとなっており、

    読み応えがありました。

全7件中 1 - 7件を表示

坂本真綾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

坂本真綾 1st&Last 写真集 "You can't catch me" ドキュメント 2011.3.5-6.15はこんな本です

坂本真綾 1st&Last 写真集 "You can't catch me" ドキュメント 2011.3.5-6.15を本棚に登録しているひと

ツイートする