伝説の「どりこの」 一本の飲み物が日本人を熱狂させた

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.88
  • (3)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100417

作品紹介・あらすじ

「どりこの」-かつて、この国を席捲した飲み物。旧陸海軍でも用いられた滋養飲料を大々的に売り出したのは…なんと講談社だった。「聖水」と呼ばれるほどの人気を博したが、太平洋戦争の激化にともない製造中止に。戦後、一時は復刻されるも、開発者の死と共に消えていった…。誰がどうつくったのか?なぜ昭和を代表する飲み物になったのか?どうして現代では製造できないのか?「どりこの」ミステリーから、昭和の新たな姿が見える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者が取材先の田園調布の街角で出会った「どりこの坂」の標識。
    そのネーミングから興味を持って取材を始めたのが昭和初期に大々的に売り出され、現在80代の人ならば必ず知っているであろうという滋養飲料「どりこの」
    この「どりこの」とは何かを巡って販売元の大日本雄弁会講談社と野間清治社長、そして開発者の高橋孝太郎博士と取材をしたルポルタージュ。

    「どりこの」の周辺を探りながら草創期の講談社と戦前という時代を見ることが出来る。

    それにしても講談社の仕掛けた宣伝攻勢はすごい。
    博士の手によって「どりこの」関連の資料は全て処分され、今「どりこの」を飲む事は叶わないのひたすら残念。

  • 戦前から戦中にかけて
    大いに喧伝され
    そして
    当時の大衆に
    飲まれた「どりこの」

    その 存在を追いかけていく
    取材過程そのものが
    一つの昭和史になっている
    こういう
    昭和史の「切り口」は
    実に
    興味深い

    その当時の
    出版社の一つであった
    「講談社」の初代社長野間清治さんの
    話がたっぷり盛り込まれているのも
    また 楽しい

  • 昭和のはじめ、「どりこの」という飲み物が日本人を熱狂させた。それは発売1年で生産本数は220万本に達するほど。カルピスの原液のように薄めて飲む「どりこの」。定価は1円20銭で、現在だと3500円くらい、けっして安いものはない。高級な清涼飲料がなぜここまで売れたのか。「どりこの」の魅力とその販売戦略に迫る。

  • どりこのもさることながら、講談社にも魅力を感じた。

  • 戦前に大流行したという不思議な飲み物の話。はずかしながら、この本を読んで初めてその存在を知りました。飲み物の話というより、どりこのという飲み物を通して見た出版社の歴史、の方がしっくり来る。講談社創業者である野間清治氏の人柄や、かつて講談社に在った少年部の記述がとても興味深かった。
    ・・・という本が角川から出版されたのも、ある意味興味深い。

  • 私が生まれてから絶対に一度もすれ違ったことがない言葉「どりこの」。それは、昭和初期に、最大年間200万本を超えるヒットを飛ばした、「高級滋養飲料」(簡単に言うと養命酒みたいなもの?いや、タフマンとかか?いや甘いらしいから・・・)だそうです。そして、新聞一面広告を出しまくっていた商品なのに、今や製法を知るものも無く幻になってしまったもの。
    なぜか人の記憶から消えてしまっているこの謎の飲み物について、発明した博士の物語、そして講談社がそれを売る話などを著者が調べて回った経緯も含めて書いている。
    ついに著者が本物に巡り合ったところなどは、興奮して読めた。本当に名著だが、本当に本当に「どりこの」が飲んでみたくなった。いろんな人の記憶でなんとかならないものか・・・。

  • ちょっと訳あってこの奇妙な飲み物について知らなくてはならなくなり、この本を手に取った。戦前の講談社の訳わからなさがおもしろい(笑) なにせ、出版社が清涼飲料水を売るくらいだから。

    それにしても、この著者の取材対象への執着心には非常に感心させられる。歴史研究者として負けてはいられないという感じになるくらいだ。ただ、事実を暴きだすということ以上のことまではできていないので、その点で歴史研究者の存在意義があるのだろう。

    これに理論的フレームワークを加えればいい修士論文になりそうと思った。

  • レトロなポスターとかで見かける「どりこの」の正体。

全8件中 1 - 8件を表示

宮島英紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
ピエール ルメー...
国分 拓
三浦 しをん
大野 更紗
高野 和明
酒井 邦嘉
冲方 丁
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

伝説の「どりこの」 一本の飲み物が日本人を熱狂させたはこんな本です

伝説の「どりこの」 一本の飲み物が日本人を熱狂させたを本棚に登録しているひと

ツイートする