こころのつづき

  • 100人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (21)
    • (15)
    • (6)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 森浩美
制作 : 木内 達朗 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100516

作品紹介

結婚を控えた娘が知った両親の真実、愛犬を亡くした男の悲哀、義母の介護を続ける主婦の本音…。毎日を懸命に生きている人たちの日常を丁寧にすくい取った、慈愛あふれる8つの絆の物語。

こころのつづきの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現代社会の問題点を浮き彫りにしているのだが、救いがないまま話が終わってしまうのがつらい。

  • 前作「ほのかなひかり」に続くシリーズ、8篇。

  • 結婚を控えた娘が知った両親の真実、愛犬を亡くした男の悲哀、義母の介護を続ける主婦の本音…。毎日を懸命に生きている人たちの日常を丁寧にすくい取った、慈愛あふれる8つの絆の物語。

    前に読んだ『家族の言い訳』がすごく良かったので読んでみました。
    でもこれはちょっと物足りないというか、さらさらーっと読めてしまって特に心に残りませんでした。
    日常によくある家族のエピソードという感じです。

  • どの短編も日常的などこかに落ちていそうな話しで「そうだなぁ〜」とか「あ〜そういう風に考えればいいのかも」と思えるモノ。
    森さんの素敵なところ。

  • 仕事して辛いことがあって、本を読むことに私は深い意味を見出してはいないにしても、何か息抜きの代わりとして扱っている節はある。
    おおよそ土日や休憩を大きく割いて、どっしりを腰を据えて読むのだけど、これはひとつひとつが柔らかな物腰ですんなり読めて、良い意味で読後感が残らない感じが(私はこれを電車の中でこつこつ読んだのだが)、電車での時間を楽しくさせてくれました。

    ふとひとつを読み終えて顔をあげると、色んな人達がいて、普段は人酔いをしてしまう私でも、東京という日本でも特に人が渦巻く中でも、作り話でも、私とは違う世界を垣間見たような気分させてくれる。
    ふと、疲れというのを、こうして可視化することも、あるんだなって思いました。

  • 森さんお得意のショートドラマ集。何気ない日常の一コマを、うまく描いてるなぁと。冒頭のひかりのひみつは、あそこで正体を明かさないで締めているのもいいなぁと思った。誰だって、何かしらかかえて、もがきながら毎日過ごしてるんだと思うと、今の自分の状況も変わる時がくるのかもって思えた。

  • ちょっと中途半端かなぁ。

  • 最後まで読めば、少しだけ繋がる物語。
    一人、一人、さまざまな思いを抱えて過去を抱えて生きている。
    この瞬間も過去になるのであれば、謳歌していきたいと思う。
    わたしの「こころのつづき」には、何が待っているだろう。

  • 短編集。どれも心温まる話。
    「小さな傷」は、誰にでもありそうな、子どものころの傷(失敗や後悔)を主人公があやまり、許されるることで癒される感じ。そもそも元から許されているところが温かい。

  • 2012 2/8

全24件中 1 - 10件を表示

こころのつづきのその他の作品

森浩美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

こころのつづきはこんな本です

ツイートする