メキト・ベス漂流記 王族の力 (カドカワ銀のさじシリーズ)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100714

作品紹介・あらすじ

謎めいた青年の姿から、美しい女性に変化したメキト・ベス。少女エマと少年ナオと一緒にベルヌン島に身を寄せるも、王族と同じ痣を持つメキト・ベスは未来を変える鍵を握っていた。ベスを守るエマとナオも、彼女の引き起こした、世界を揺るがす大波に巻き込まれていく-。「ベス、わたしたち…ずっといっしょにいられるかしら」ついに、メキト・ベスの正体が明らかに!大海と船を舞台に繰り広げられる、少年少女の冒険ファンタジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第二巻、メグトの不思議な力が徐々にわかっていく。

  • 「最後の旅」にまとめて書きます。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。元漫画家で、眼底出血により小説家に転向。漫画作品として『京劇的無頼繚乱』(宙出版)他。2003年に小説家デビュー。代表作として「暁と黄昏の狭間」シリーズ(徳間書店)『石霊と氷姫』(幻冬舎コミックス)がある。

「2012年 『メキト・ベス漂流記 最後の旅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西魚リツコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×