レアルとバルサ その背中あわせの歴史 2大クラブを大局的に読み解く

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.17
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100738

作品紹介・あらすじ

「育成のバルサ、補強のレアル」は本当に真実か?繰り返される迷走と復活劇-西部謙司が明らかにする「双生児」とも呼ぶべき2クラブの歴史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  リーガ・エスパニョーラに長らく君臨する二チーム、バルセロナとレアル・マドリーの歴史を辿った一冊である。
     非常にコンパクトに、各年代におけるトピックがまとめられている。その事績を追っていく上では有用な一冊だろう。
     その一方で、これはあくまで個人がまとめたものであるという点は注意しないといけない。いくつかの点で私見が述べられているが、それが正しいかどうかは各々で吟味する必要がある。
     コンパクトであることも、あまりにさっぱりしすぎていると解して間違いではない。90年代以降はより紙面が割かれている印象があるが、それでもワンシーズンあたり1ページも割かれていない例が多い。

     俯瞰するのには向いている。知識が足りない自分には向いた一冊だっただろう。星四つと評価したい。

  • (歴史)戦術評論家としての価値を一気に高めているだろう西部謙司氏のレアルとバルサ(スペインサッカー論)

    冒頭は、今の監督、レアルのモウリーニョとグラウディオラの対比から始まり、2章からは、創立からのそれぞれの黄金時代と日の当らない時代を人物にスポットを当てながら、現代までの流れを書いている。

    スペイン・サッカーの二大巨頭であるとともに、世界のサッカーのリーダーたる両クラブは、宿命のライバルであるとともに、よき好敵手の存在によって、お互いに切磋琢磨しているクラブ同士だと思う。

  • レアルとバルサ≒スペインのサッカーがわかる本。

    スタイルは近いけど、哲学が全く違う2チームがひとつの国にあるというのは幸せなことだと思う反面、その歴史はいろいろ深いものがあります。

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4121665.html

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1962年生まれ。サッカー専門誌「ストライカー」の編集スタッフとして、ヨーロッパサッカーを現地で長く取材し、2002年よりフリーのサッカージャーナリストとして活動。サッカー戦術、技術解析の第一人者。

「2018年 『サッカー最新戦術ラボ ワールドカップタクティカルレポート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レアルとバルサ その背中あわせの歴史 2大クラブを大局的に読み解くのその他の作品

西部謙司の作品

ツイートする