財務省解体論

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.86
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100752

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 民主党政権下の頃のお話であり、今更読んでも情報が古い。
    かつ、財務省の言いなりはいかんという以上の提言がない。解体する話が全くありません。最後に衆議院・参議院の定数に関する提言があるが、財務省解体論という題名と関係ないじゃん。題名だけで中身なし。

  • 財務省○○本は既に溢れんばかりに刊行されており目は相当に肥えてしまっている。案の定これといった目が覚めるようなものもなかった。民主党の右往左往とともに財務省を論じる手法は従来の範疇。とりたてて目新しいものではない。財務省関連の本を何冊か読んだ人には物足りないかもしれない。著者はテレビでおなじみの福岡さん。彼らしい切り口で終始冷静に淡々と述べられている。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

白鷗大学法学部教授

「2016年 『よくわかる選挙と政治』 で使われていた紹介文から引用しています。」

財務省解体論のその他の作品

福岡政行の作品

ツイートする