日本の文脈

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.81
  • (34)
  • (83)
  • (53)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 669
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100783

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これも震災前後の対談集

    特に原発問題の意見は必読

  •  今回のは、かなり難しかったです。笑えるところはありませんでした。シリアスな内容です。これはっ、と思うところには印をつけたので、今後読み返していき、理解を深めたいです。

  • これを読むと農業をやりたくなります。

  • 文脈ということばにこだわりがあり、タイトルに惹かれて手に取りました。
    同じことをしていても、文脈が違えば意味することが変わります。
    何もかも外国の真似から入るというのではなくて、
    日本が背負っている歴史や社会の背景をもっと整理してものごとを考える時期に来ているのかもしれないです。
    それが日本の文脈ということでしょうか。

  • 中沢新一と内田樹の対談集。

    要所要所に「お!」と思うポイントがあるのだけど、私はそれで終わってしまう。「おばさん」よろしく、飲み会でダラダラ話しているあの感じと似てる。

    物足りないような気もするけど、「お!」って思うポイントで思い切り論破されてもキナ臭くなりそうな気もするし、結局そんなポイントを自分で勝手に解釈しながら日々の微調整に役立てている、といった感じでしょうか。

    全体的にすぐに何の役に立つ訳でもないけど、考え方とか、何を大切なものとするかとか、そういうのはめちゃんこ面白い。それは人生に生きているのかと言われれば微妙なんだが。あくまでスパイスかしら。

  • グローバリゼーションによる経済効率優先、競争原理から一歩距離をおき、日本が持つ利点をベースに現代社会を再構築、俯瞰。宗教論、農業の重要性、身体性への復権、311以降における原発問題への言及、贈与の意義。固定概念を覆すヒントとなる1冊。

  • やっと読み終わった。
    日本社会、教育、宗教、原発など様々なテーマについて内田樹と中沢新一+αが語り合ったことをまとめた1冊。読み応えがあります。

    印象に残ったのは以下の二つ。
    「教えたいことがある人が、無理して学校を始めたわけなんです。近代日本における大学なんか、別に市場の要請があって創建されたわけじゃない」p247
    →今は市場の要請に左右されてる学校もたくさんあるから、この考え方はなるほどと思った。むしろ今は市場の要請(学歴が高くなくて安く使える労働力を、国内でたくさん供給して欲しい)で、国は大学潰そうとしてるしねー。

    「日本人は原子力に対してまず「金」をまぶしてみせた」p324
    →ブログの内容の転載なのですが、読み損ねてたらしく目から鱗でした。原子力というよく分からないものをお金というフィルターを通すことで、日本人は通俗化させて手懐けようとしたのだという主張です。

    あとハリウッド映画には「予期せぬ事態に対して、自分がなんとかしてやろうと奮闘するヒーロー」がよく描かれるけど、日本映画ではほとんどない(そういうところからも、アメリカと日本の「もし最悪の事態が起こったら」に対する姿勢が現れているらしい)というのも面白い主張でした。

  • 難しいけど、いいです。
    納得して読める、役に立つ。
    知識欲が高まる。

  • 独特のとらえ方をしているのだろうけど、なんか惹かれるものがなかった。対談ということが主張をあいまいにしているせいか? それともあまりにも文系指向な論調が合わないせいか?

  • 中沢氏(内田氏を称して)「とても弾力のある言葉」p23

    【ブリコラージュ】
    「ありもの」で用足しをすることをレヴィ=ストロースは〜と称した。p61

全82件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田樹の作品

ツイートする