日本の文脈

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.81
  • (34)
  • (83)
  • (53)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 670
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100783

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  内田先生と中沢先生の対談本。

     内田本をいくつか読んだ人にはお馴染みであろうテーマ(贈与、労働、神話)が随所に散りばめられている。
     人は歴史を進行させる上でどうしようもなく「物語」を必要としているのであり、グローバル資本主義のような、機械的で非人間的な方法を採用しているといつかがガタが来る、といういつもの警句が並んでいる。
     最終章ではそのいつもの警句が311以降の日本社会とどのように対応しているか、また、これ以後どのように人は振舞えば良いか呈示されている。
     

  • なかなか刺激的な対談でした。

  • 著名な思想家二人による複数回の対談をまとめた一冊

    思想家ってどんなこと考えてるの?って感じで読んでみたが、なかなかに博識で勉強になることばかり

    日本の歴史、文化、能、武道、経済、仏教などなどについて、お互いの知識と見解を掛け合っていく

    特筆すべきはお互いの意見を基本的に否定するような物言いをしないこと

    この特徴は著書の中で「おばさんっぽい」という表現として繰り返し出てくる

    著者の主張の柱はユダヤ教に代表される一神教的な考え方が今の日本には必要であるというものだが、正直自分にはよく分からなかった…まだ勉強不足ということか

    少し時間を置いて読み直したい

  • 内田樹さん、中沢新一さんの
    『日本の文脈』を読了。

    ≪日本人の庶民がつくったいいものっていろいろある。その中で日本的なインターフェイス文化のよさと科学的な知性の結合体の最たるものは何かというと、やっぱり農業だったんじゃないか。日本人がつくったものの中の最高傑作。≫

    ≪レヴィ=ストロースが、日本の職人は実によく働くけど、それは西欧のような労働観がないからだって。たとえば日本の下駄職人は、仏像をつくっている気持ちで下駄をつくっていましたからね。≫

    ≪民主主義が効果的に機能するのは、血を流してシステムをつくった人が現にいるのだという切迫感、その人たちから贈与されたものであるという被贈与の感覚があってこそだと思うんです。≫
    等々。

    ヒントが満載。

    目次は次の通り。

    --------------------
    まえがき 中沢新一

    プロローグ これからは農業の時代だ!
    ともに七〇年入学/宗教学はゲリラ部隊だ/大阪アースダイバー/都会の文明、さようなら

    第一章 これからの日本にほんとうに必要なもの
    くくのち=樹木の精霊/労働意欲が向上するための謎/「死んでもいい」と「生きろ」/未来の貢献に感謝する

    第二章 教育も農業も贈与である
    辺境に育つ文化/橋、端、箸=エッジ/キーワードは野蛮人/自然の贈与を模倣する

    第三章 日本人にあってユダヤ人にないもの
    諏訪はユダヤ教の聖地?/聖と俗を分けない/中身は空っぽにしておく/日本人の最高傑作

    第四章 戦争するか結婚するか
    天皇は自然と一体化する/おじさんは世界をめざす/おばさんはゲリラ戦/内田裕也とプレスリー

    第五章 贈与する人が未来をつくる
    ビジネスの禁域をつくる/レヴィ=ストロースの激しさ/人間の脳と資本主義の関係/日本人はフロントランナー

    第六章 東洋の学びは正解よりも成熟をめざす
    異物を受け入れる/ガラパゴス先進国/大阪人の謎/共同体の維持に必要なもの

    第七章 世界は神話的に構成されている-東日本大震災と福島原発事故のあとで
    原発と一神教/原発をギャグにするアメリカ映画/危機に備えるって楽しい/怒りをどう制御するか

    コラム 「荒ぶる神の鎮め方」  内田樹

    あとがき 内田樹
    --------------------

  • 日本特殊論といった感じだが、それを賛美するでも卑下するでもなく「良いことも悪いこともあるけどなんだかんだでここまでやってこれたんだしこれからもやっていけるよ」といった態度で、肩の力を抜いて気楽に読んでいける本。

    アングロサクソン型グローバル資本主義といった思想と日本的な思想のどちらが人類的には普遍性をもっているのかという作者の問いかけ(作者は後者だとしている)を考えさせる本

  • 今を機嫌よく生きてくためのヒントが詰まってる。例えば、自分はいつだって仕事で起きた問題の具体的な解決策を考えたい性格なのだけれど、実際どうにもならない問題はたくさんあって、うーってなって、へこんだりする。でも、「東洋の学びは正解よりも成熟を目指す」という章を読んで心が軽くなった。成熟は即答を求めない。時間の経過に身をおくうちに世界の相貌が変わっていく。その変化を思い知るのが知的な成熟である、という言葉など、視界がクリアになるような感じでした。

  • 読んでくうちに、疲れて挫折しました。

  • 2012.7.24 図書館
    あまり時間がなくて、パラパラとしか読めなかった。日本のここが悪いとか、これでは世界で戦えないとか、そういうのはもういいです。ここに書かれてるように、そこそこでやって行きましょうよ。細く、長く。

  • 面白かった。
    『呪いの時代』と言ってること自体はあんまり変わってない。

    贈与の重要性を言っておかなければ、焦りじゃないけど、
    そういう必要みたいなのに駆られてる気がした。
    あぁ今の日本って私も含めてほんとに余裕がないんだなと感じる。
    こういった重要性を説かなければいけないくらいには余裕がない。

    でも、だから日本はもう駄目だよね、ってなりすぎない。
    私がこの人の書くものが好きな理由はそこなんだなと思う。

    必要以上に悲観的にならない。否定的にならない。
    いつも「じゃあどうしたら日本が日本として生きていけるか」
    っていうのが考えられて示されている。
    海外に追従する形じゃなくて日本として生きられる形を探る。
    そういうところが好きだなぁと思いました。

  • わかったような、わからないような。
    日本って、バランスのいい国だと思うけど。

全82件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田樹の作品

ツイートする