日本の文脈

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.81
  • (34)
  • (83)
  • (53)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 668
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100783

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • むさぼるように読んだ。

    「専攻」というのがあるが、あれはなんというか間違っている気がする。なにかひとつのことをやたら詳しく知っているのは、確かに素敵なことだけれど、それだけでは不十分だ。
    学問はたぶんすべてどこかで繋がるところがあって、だから不要な学問なんてないのだ。知らなくていいことなんてない。
    呪術、武道、宗教学、文化人類学…、興味のある学問がこの世にはまだまだある。知らない世界がたくさんある。

    人生で出会うものはきっと、伏線なのだろう。

  • 「日本辺境論」の内田樹さんと、中沢新一さんの対談集。中沢さんってあまり
    いままで知らなかったのですが、内田さんの日本辺境論はとてもおもしろかったです。
    今回も内容的には難解な部分もあるのですが、日本特有の難解なマナと
    平易なカナを通訳する日本人的な「おばさん」であると自称されている
    二人の話はとても有意義な内容であったと思います。
    特に最後の原発と一神教とを並べて論述されているコラム「荒らぶる神の鎮め方」は秀逸だと思います。

  • 男のおばさん、贈与の考え方、プリコラージュ等等、お話が行ったり来たり飛んでったり潜ったりで、人間について深いことを語っているのにとても楽しい。実際の対談はどんなかと、一度拝聴したいものです。

  • 途中まで読んだ。感性を研くことと考える練習。

  • いろんな話が織り混ざっていて捉えどころが難しいですが、興味深く読むことができました。交易は「誰かが私にくれた贈り物」を認識されたところから始まった話、能の話で「うまく歩けなくてもいい」という話は面白かったです。感性を磨くのは大切なことだとあらためて感じました。

  • 内田樹と中沢新一の対話集。
    この二人が同い年というのも新鮮な驚きだし、同じキャンパスにいて、同じ関心を持つ二人が顔見知りでなかったというのも何とも不思議。

  • 今現在の日本文化や日本が置かれている状況に対して、世界の文化や思想面からのアプローチ。なかなか興味深い。

  •  内田樹と中沢新一の対談集。「贈与」などをキーワードに語り合う2人はやはり切り口が面白く、予想どおりの展開ではあるが予想どおりに面白い。
     内容はまぁこれまで2人が著書で語っていることの繰り返しなんだけど、脱力な会話で魅力は増している。ちょいとトンデモなこと言っててもね。
     しかし、期待していた原発などへの言及は最終章にとどまる。そうか、ほとんどの対談は震災前に行われていたんだね。

  • 僕らは当たり前な生き方をとり戻すために『大きな物語』を必要としている。小さなひとつひとつの物語を大切にしていきたい。

  • 「3.11」以前、以後のいくつかの鼎談をまとめた一冊。

    面白かったなあ。すっきりする。言語化できていないけれど、確かに感じる「その何か」を言葉にしてくれている感覚。


    手元に残存するメモより(一部抜粋)
    ・人間だけが感謝をする
    ・オーバーアチーブで得るのは報酬ではなく報酬のやりとりという構造全体についての知
    ・ほんとうに新しいものはまだ現象しないで、地下に伏流している

全82件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田樹の作品

ツイートする