日本の文脈

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.81
  • (34)
  • (83)
  • (53)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 669
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100783

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地名やら哲学者やらは勉強不足のため分からなかったが、日本人の特性やビジネスモデルで語れないものの理解が深まった。

    また読み直したい一冊。

  • いろんな話が織り混ざっていて捉えどころが難しいですが、興味深く読むことができました。交易は「誰かが私にくれた贈り物」を認識されたところから始まった話、能の話で「うまく歩けなくてもいい」という話は面白かったです。感性を磨くのは大切なことだとあらためて感じました。

  • 内田樹と中沢新一の対話集。
    この二人が同い年というのも新鮮な驚きだし、同じキャンパスにいて、同じ関心を持つ二人が顔見知りでなかったというのも何とも不思議。

  • 今現在の日本文化や日本が置かれている状況に対して、世界の文化や思想面からのアプローチ。なかなか興味深い。

  •  内田樹と中沢新一の対談集。「贈与」などをキーワードに語り合う2人はやはり切り口が面白く、予想どおりの展開ではあるが予想どおりに面白い。
     内容はまぁこれまで2人が著書で語っていることの繰り返しなんだけど、脱力な会話で魅力は増している。ちょいとトンデモなこと言っててもね。
     しかし、期待していた原発などへの言及は最終章にとどまる。そうか、ほとんどの対談は震災前に行われていたんだね。

  • 僕らは当たり前な生き方をとり戻すために『大きな物語』を必要としている。小さなひとつひとつの物語を大切にしていきたい。

  • 「3.11」以前、以後のいくつかの鼎談をまとめた一冊。

    面白かったなあ。すっきりする。言語化できていないけれど、確かに感じる「その何か」を言葉にしてくれている感覚。


    手元に残存するメモより(一部抜粋)
    ・人間だけが感謝をする
    ・オーバーアチーブで得るのは報酬ではなく報酬のやりとりという構造全体についての知
    ・ほんとうに新しいものはまだ現象しないで、地下に伏流している

  •  内田樹と中沢新一の対話集。2009年4月から2011年10月5月の間に交わされた8回分が収められている。ともに1950年生まれで、1970年に東大に入学、キャンパスで顔を合わせているはずなのに、出遭う機会がなく、60歳近くなって意気投合、対談集の刊行に至ったという経緯も興味深い。
     話が噛み合いすぎて、時に馴れ合いに近くなり、「この対談は面白いけど、もう一人加えて鼎談とした方が良かったんじゃない?」などと茶茶を入れたくなるほど。とは言え、300ページを超えるボリュームで、二人の会話は弾み、中身もなかなかに濃い。
     読み進めていると、二人を深いところで繋いでいるのは、レヴィナスとレヴィ=ストロースであることが浮かび上がってくる。レヴィナスの「始源の遅れ」の概念は自分は遅れてこの世界に参入した存在であるという自覚である。私という存在は神からの贈り物なのであるという思いは、必然的に何かお返しをしなければという反対給付へと人を突き動かす。一方、レヴィ=ストロースのブリコラージュ(使い回し)の概念は、日本の文化の見直し・使い回しを促す。
     こうした文脈の中で、農業の再評価が話題になるのも自然な流れである。「太陽からの贈与としての農業」が語られているが、これは、農業従事者である私も日々実感しているところ。農業や林業・漁業といった第一次産業のみならず、インターネットの技術革新にも人類学的贈与が関わっていることに気付かされる。存在論と文明論を深く考察するためのヒントに満ちた対話である。

  • 内田樹好きなので一応読了。中沢新一との対談集。中沢新一って意外とかわいい人なんだなぁ、と思い嬉しくなりました。

  • 「希望論」で感じた足腰の弱さ。
    それは時間的スケールの短さがその原因なんだろう、
    と、本書を読んで思った。

    本書は、
    「希望論」と似たような結論に至っているのだけれど、
    反面この二人の人間の原初を見つめるまなざしは、
    強靭な身体性を伴って確かな実感を与えてくれる。

    ここで言われている「男でおばさん」というのは、
    わたしが昔から思っていた「中性的」であろうとする構えと似ている。

    もしかしたら、
    レディオヘッドやジェフ・バックリーやシガー・ロスや七尾旅人の音楽に惹かれるのも、
    こういういった志向と無関係ではないのかもわからない。

    また、
    ドラクエにおいて、メガンテよりもメガザルが好きなのも、
    メガンテの「自己犠牲による敵の殲滅」という攻撃的(父性的)なものより、
    メガザルの「自己犠牲による味方の救済」という包摂的(母性的)なものに、
    より価値を見出しているせいかもわからない。

    なんにしろ、
    様々な問題の最先端を行く日本の動向が、
    世界の道しるべになるということを肝に銘じておけば、
    案外毎日機嫌よく過ごせるような気もしている。

全82件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田樹の作品

ツイートする