安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」

著者 : 安彦良和
制作 : サンライズ  庵野 秀明 
  • 角川書店 (2013年5月31日発売)
4.00
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 49人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100899

安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原画はあくまでアニメ製作の工程であって、それ自体作品ではない。けれどもこれは芸術作品と呼び得るに足る。作業は相当なスピードだったかと思われるが、さっとラフに描いた風でも、線一本一本が活きていて、構図は大胆ながら表情は繊細、キャラクターの動きや心理描写に加え、その場面の状況までもがちゃんと伝わってくる。正直なところ着色されたセル画の方が色褪せて見えるほどで、頁をめくる度に驚きと感銘の連続だった。自分はアニメを全部見てはいないが、そんな人でも十二分に堪能出来るクオリティと言え、ましてやガンダム(あるいはアニメ)ファンなら、一家に一冊レベルの画集。同レベルで編集された続編を是非とも期待したい。

  • 「機動戦士ガンダム」のTVシリーズおよび劇場版三部作、いわゆるファーストガンダムの安彦良和原画集。キャラクターの繊細な表情とダイナミックな動きが柔らかく自由自在なタッチで描かれており、まさに安彦良和WORLDを満喫できるファン垂涎の一冊。編集スタッフのこだわりのためか何度か発売延期になったが、首を長くして待った甲斐があった。責任編集の庵野さん、Good Job!

  • 安彦良和のアニメーション原画を庵野秀明が監修してまとめたもの。天才(庵野)が天才(安彦)の仕事の「どこに注目しているか」がわかる1冊。
    それにしても、円熟期の安彦さんの絵の上手さよ!

  • 「三十年以上前のエンピツ画がこんなにも輝いて見えるというのは“仕事のレベルが高い”からだ」……発刊によせた富野由悠季監督のメッセージはこんな言葉ではじまる。

  • 実は観たコトないのよね、巨大ロボットが活躍するアニメって(「ナウシカ」を思い出したけど、あれは活躍しなかったな)。。。

    庵野秀明責任編集 安彦良和アニメーション原画集
    『機動戦士ガンダム』の発売延期のお知らせ
    http://www.kadokawa.co.jp/help/detail.html?id=55

全5件中 1 - 5件を表示

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」はこんな本です

安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」を本棚に登録しているひと

ツイートする