We are ブサかわねこ

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100905

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「まこという名の不思議顔の猫」を読んでから、ブサい猫が気になって仕方がない。

    まこもブサいとは思ってはいたけど、それどころの騒ぎじゃなかった。上には上がいた。エキゾチックショートヘアーの、その名もぶりた。この表紙のインパクトそのままに、ぶりたの圧倒的存在感に終始やられっぱなし。
    彼の顔を見ていると「エキゾチック」の言葉の意味を改めて考えさせられる。エキゾチックって・・・こういう事?

    このへちゃむくれ具合がたまらん。

  • 読了。ブサいが見てしまう猫達(笑)
    うーん、何度見てもブサいです。

  • 相方が猫好きなので 喜ばせようと思って借りてみた

    でも 相方はぶちゃいくよりも「カワイ子ちゃん」が好きみたい^_^;
    私も・・・ぶちゃかわよりも「可愛い猫」が好みかも(笑)

    でも これはこれで可愛いよ
    癒された

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ライター、編集者、高校野球ブラバン応援研究家。北海道生まれ。中高時代を吹奏楽の強豪校で過ごす。札幌白石高校時代には、「吹奏楽の甲子園」といわれる普門館で開催された全日本吹奏楽コンクールで3年連続金賞を受賞。現在は執筆や講演活動のほか、吹奏楽の応援を見るために甲子園や地方球場に通って取材を続け、その関係で全国の悩める吹奏楽部員たちのよき相談相手となっている。著書に『高校野球を100倍楽しむ ブラバン甲子園大研究』(文藝春秋)など多数、監修に吹奏楽漫画『青空エール』(河原和音/集英社)とその実写映画がある。


「2018年 『部活やめてもいいですか。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅津有希子の作品

ツイートする