眺望絶佳

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.08
  • (6)
  • (28)
  • (65)
  • (24)
  • (3)
本棚登録 : 237
レビュー : 72
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100967

作品紹介・あらすじ

昭和33年、東京タワーが立ったあの頃から遠くここまで来てしまった。それでもわたしたちは立っていなければならない。スカイツリーのように。もの悲しくも優雅な、東京タワーとスカイツリーの往復書簡。2011年の静謐と小さな奇跡を切りとった、「東京」短篇集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スカイツリーと東京タワー、新旧タワーの眼下で繰り広げられている、人々の様々なドラマ。タワーが登場するのは最初と最後だけなのだが、その間で描かれる8つの短編は過去(昭和)と現在(平成)が交錯し、両タワーのシルエットがほのかに浮かび上がってくるかのようだ。
    描かれているのは些末な出来事の連続であり、日々に埋もれがちなエピソードばかりだが、現実と非現実の境目が曖昧になるような浮遊感が、不思議と心地よく感じられた。ちょっと日常からはみ出した登場人物らの奇矯な振る舞いは、時に不気味で、でもどこか憎めなくて、ユーモラスで。つくづく、中島さんって「余韻」の天才だなぁ。
    どの短編も好きなんだけど、やっぱり、エンディングを飾る東京タワーの「眺望よし。」【復信】が印象的。毅然と立つ東京タワーの貫録よ!一時代を築いた建築物の矜持にしびれました。
    東京に暮らす人々の軌跡には、東京タワーとスカイツリーが存在しているんだなと何だか羨ましくなった。

  • 若いスカイツリーから、年を経て落ち着きを見せる東京タワーへのつぶやき。そして、その返事。
    二つの優しい往復書簡に挟まれて語られる、下界の人間たちの営みもまた、優しく切ない・・・。
    人って時代の流れの中でそれぞれ自分の人生を送っているんだよね。高い所から自分たちを俯瞰して見ている者がある、なんて考えてもみなくて、ただ目の前のことにあくせくしてるだけなんだけど、それはそれで幸せかも、と思えるようなお話が数編。
    うん、素敵な一冊でした。

    私が一番好きだったのは「おさななじみ」。
    ちょっとエキセントリックな匂いを漂わせるバーのママがお店を閉める、という独白(お客さん相手にしゃべっているらしいんだけど、読者が読めるのはママの話だけ)。
    なんと、彼女は結婚するらしくて、ここでママは48才であることが明かされる。
    結婚相手はおさななじみ、ということなんだけど、ママの舞いあがり方に、ホントにそうなの?一人で妄想してるだけじゃないの?とつい心配になってしまうのは、なんか痛いものを感じながらも、ママのことが好きになっていたから、なんでしょうね。

    NPOの職員で海外暮らしの長かった彼を浮き浮きと空港で出迎えるママ。嬉しくてたまらないのがよくわかるし、だからこそ、彼の目線で語られるあれこれにドキドキ。大丈夫なの?ホントに結婚するって約束はあるの?

    ネタばれです。

    そして、その後にまた出てくるママのおしゃべり。
    あっ、そうだったのかぁ~~~、という純情初恋話には、それまでにたくさんの伏線が用意されていたことにそこで初めて気づくんだけど、これがね、実にいいんですよ。
    ちょっと長くなるけど、お話の最後を何行か書きうつしますね。

    結婚できるって思ってなかったからさ。48年間ずっと。
    そんなの夢だと思ってたから。
    だから、なんか、すごくうれしいわよ。
    幸せだわよ、言っちゃうけど。
    ほんと、めちゃくちゃうれしい。


    ここで、私、泣きました。こんな平凡なフレーズなのに、泣かせられちゃうところが中島さんの力、なんでしょうね。^_^;

  • 東京を舞台にした短編集。東京タワーとスカイツリーが見つめてきてこれからも見つめていく東京に暮らす人々の営み…と考えたのでいいのだろうか。流れてゆく「時」はやさしいような、せつないような。
    「亀のギデアと土偶のふとっちょくん」「よろず化けます」「おさななじみ」のやさしい感じが好き。「金粉」のイヤな感じも好き。

  • 東京を俯瞰するスカイツリーからの書簡にはじまり、8つの短編を収録。
    それぞれの短編はぐぐっとズームアップされ、日常の小さな出来事が描かれている。
    特別珍しくはないけれど、そうそうありふれている訳でもない。
    そんなちょっとした物語を読んで、作者の想像力が深いのに感心してしまった。
    「金粉」は、かつて薔薇屋敷と呼ばれた家の姉妹がゴミ屋敷の住人になってしまった話。ゴミを持ち帰ってくる老女がいう、我が家の持ち物を人が勝手に持ち出しているから取り返すためとの理屈にハッとした。
    金粉のエピソードが切ない。
    「おさななじみ」は、一番好きな短編。5つ星!
    お店を閉めるママの語りと結婚をすることの打ち明け話に引き込まれてしまった。
    ママの純情、学生時代から時を超えて叶った運命にジンとした。
    よかったねぇ…。私もうれしくなったよ。
    大円団じゃないけど、小さなハッピーエンドの物語。良かったです!
    思わず読み返してしまい、味わい深かった。

    • じゅんさん
      「おさななじみ」のママ・・・すれっからしに見えて、純情だった“彼女”がとても可愛らしかったですよね。私もジンと来ちゃいました。
      「おさななじみ」のママ・・・すれっからしに見えて、純情だった“彼女”がとても可愛らしかったですよね。私もジンと来ちゃいました。
      2012/03/26
    • tsuzraさん
      「おさななじみ」のママ。初めはまとわりつくような口調に引いてしまいそうでした(笑)
      でも知らないうちに私も好きになってしまいました。学生時代...
      「おさななじみ」のママ。初めはまとわりつくような口調に引いてしまいそうでした(笑)
      でも知らないうちに私も好きになってしまいました。学生時代の回想から、不意打ちのように秘密を知り、あっと息をのみました。
      ほんとうに純情がしみてきますね。
      2012/03/26
  • 東京の町並みを見下ろす新旧二つのタワー。いずれもその時代を象徴する建築物、というよりは都市の空気感を表す代表選手だろう。

    そんな二つのタワーの下で営まれる人々の日常のスケッチ群。隔たった時の経過が、ひとつひとつの話に書き込まれていく。

    擬人化された新旧タワーの往復書簡の間に挿入された形の8編の短編が、二つの時代の空気感、そして隔たりをさりげなく伝えてくれる。

  • 変わらず巧いなぁと思う。特にママが結婚する話が良かった。そりゃ幸せだろうな、と羨ましく。

  • 東京が舞台の短編集。淡々。

  • 短編集。東京。MOE2012.5月号にて。

  • 短編集。

    最初と最後の2編の往復通信が、素敵だ

    無機質なあの存在に対して、読みおわれば確かに大きなわっかをプレゼントしてあげたいような気がしてくるから、不思議だよ。

  • 短編9話。
    スカイツリーと東京タワーの手紙のやり取り含む。

全72件中 1 - 10件を表示

眺望絶佳のその他の作品

眺望絶佳 (角川文庫) 文庫 眺望絶佳 (角川文庫) 中島京子
眺望絶佳 (角川文庫) Kindle版 眺望絶佳 (角川文庫) 中島京子

中島京子の作品

眺望絶佳を本棚に登録しているひと

ツイートする