脳は平気で嘘をつく 「嘘」と「誤解」の心理学入門 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.40
  • (7)
  • (21)
  • (30)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 183
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101070

作品紹介・あらすじ

仕事と人間関係がうまくいく。人を見誤らない心理学テクニック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すらすらと読めるが、あまり頭に残らず。

  • 歯の嚙み合わせが心と関係があることにとても興味が引かれた。読んで納得。私も噛み合わせを治したいものだ。
    題名から期待したほどの内容ではなかったが、それでも、とても勉強になることは書かれてあった。特に、対人関係に役立つことが多かった。(図書館)

  • 319

  • 心理学超入門。
    日常生活でも使えるようなトピック中心。

    ・男友達の多い男性ほど浮気する
    ・記憶を長持ちさせる“なぜ”(記憶の精緻化)
    ・仕種に本音は表れない
    ・相槌は相手の語尾に被せる勢いで打ってよし
    ・円グラフ療法で完璧主義を緩和させる
    ・他者愛が結晶性知能を伸ばす
    ・真のリーダーは行列の最後を歩く(メタ認知能力)
    ・日本人にブレストは向いていない
    ・“悪い時”より“いい時”を分析する

  • 著者は、「ホンマでっかTV!?」への出演で人気の心理学者。
    学者の書籍は小難しくて読みにくいものが多いが、バラエティ番組にも出る著者であるから、とても楽しく読みやすい。
    ・人が占いにはまってしまう理由
    ・タフで人付き合いのいい仕事人ほど鬱になりやすい
    ・ボランティアがアンチエイジングになる理由
    ・怒っている相手をしずめる効果的な対応
    ・人は「好き」より「嫌い」に共感する
    ・美人は性格もいいものか?
    ・記憶は捏造される
    など、興味深い話題が満載。
    人間関係に疲れている方は、少し気が楽になるかも。
    もっと疲れたりして・・・(笑)

  • 読了。

  • TVにもよく出演してる植木理恵による一冊。
    わかりやすくて勉強になった。

  • ハロー(halo)効果…外見や顕著な特徴によって歪んだ評価をしてしまうこと(例:有名人が宣伝している商品は良い、という先入観)。美人や二枚目の方がいい人に見られやすい→人の容姿が裁判の判決などに影響
    自己愛性人格障害…ありのままの自分を愛せず、自分は他人より優越した存在でなければならないと思い込む(←わたし?)。浮気しやすい
    デュアルタスク…複数のことを同時進行する能力。女性の方が高い→その分女性は集中力に欠ける(オタクに男が多いのはこの為)
    脳梁(のうりょう)…右脳と左脳を繋ぐ部分。女性の方が大きい→デュアルタスクが高い
    心の浸潤性…相手への期待値。怒りっぽい人は高い。遺伝レベルで女性が高い
    アサーティブトレーニング
    女性は謝罪を求め、男性は修正改善を求める傾向がある
    自己開示と自己呈示
    不安や憂鬱などのマイナス感情を司る脳の部位(←どこ?)は意志薄弱なことと密接に繋がっている。うつ病や不安神経症の初期症状の共通点は「物事が決められない」
    子供が3、4歳くらいまでは、発達心理学的に過保護なくらいで良い。周囲との信頼感を築き上げる為
    社会的比較理論
    流動性知能…新しいことを学習したり環境に適応したりする能力。30代をピークに、60代から急速に衰えていく
    結晶性知能…経験の蓄積による判断力や理解力。
    扁桃体(興味や感動を司る)が衰える→大脳新皮質や海馬(記憶系)も衰える=扁桃体の退化を防ぐべく、感動や自己肯定感(特に重要)を持ち続けることが大事
    自己肯定感を上げる為には、ボランティアなど他人の役に立ち満足感や爽快感を得ること。扁桃体を刺激
    扁桃体は抗重力筋にも関わっている→扁桃体を刺激することで若さを保てる
    跋扈(ばっこ)…好き勝手に振る舞うこと、蔓延(はびこ)ること。魚が水篭を飛び越えて跳ねることから。
    理不尽な言いがかりに対応するには、こちらも感情を使って、怒る相手に近づくことが大事
    物量志向…「諦めない」ことに価値を置き、目標に向かって何度でも挑戦するが、臨機応変さに欠ける。日本の教育で重視されており、日本人の約6割が物量志向だと言われる。
    状況志向…環境や周りの人のせいにするタイプ
    方略志向…工夫するのが得意で先を見据えることが出来る。臨機応変で柔軟。
    心理学的には会社などで掲げられる数値目標に効果は無いとされる



    (科学ってよりも雑学って感じ)

  • 臨機応変に生きることの面白さ
    人は人を絶対に正しく見ることができない。
    そんな意味深長な言葉から本書は始まる。
    思えば、学生時代、なんでこの人はどうやって大学に入ったのだろうと思う人がいた。
    社会人になってもそうだ。
    しかし、選抜されている(はず)のだから、それなりに誰かの目はあったはずだ。
    主観。
    これなくしては人は人に見られない。

    少し悲しくなったのが、どのレベルの人が一番早く結婚するかを調べた調査である。
    美人が一番早く、次が不美人、普通、やや不美人ときてやや美人が婚期が一番遅い。
    ってことはだな、私は......。
    いやいや、そもそも美人かそうでないかも主観だ(と、自らを慰める)!
    もちろん、絶対的な順番ではないので、落ち込むことなどない(でも、小学生のときメガネザルーブスー、中学生でアゴーといわれた記憶が痛むのだ)。

    そんな暗ーくなってしまっている私は何らかの仕草をしているはずだ。
    では仕草に心理は表れるのか?
    実はそうではない。
    これは「欺瞞的コミュニケーション」というもので、一括りに意味を見出せるものではないそうだ。
    このことは目から鱗だった。

    タイトルにもあるように心理学入門ということで、一般にわかりやすい例示、親しみやすい題材を扱っている。
    それ故に、見知っている内容もあるし、専門性は低い。
    目新しいことを言っているわけではないが、騙されないよう自衛する、主観を知った上で客観視するきっかけ、等にはなりうる。

    本書を読んだからといって明日から何もかも好転することはないが、臨機応変に対応することのおもしろさを感じることはできるのではないだろうか。

  • 植木さんの著書を読むのは初めてだったが、ポップで面白かった。わたしは認知心理について多少の知識があったのも影響しているとは思うが、読みやすく、とっつきやすい心理学だった。
    物足りないと思われる方もいるだろうが、円グラフで原因をいくつも書き出す解決方法など、実生活ですぐに役立てられるものがあり、ホンマでっかプラスαの気持ちで読んでも良いのではないかと思う。高校生にはこれを読んで、心理学に興味を持ってもらえるかもしれない。

    2013.05.09

全31件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1975年大分県生まれ。お茶の水女子大卒。東京大学大学院教育心理学科修了後、文科省特別研究員に。日本教育心理学界において城戸奨励賞、優秀論文賞を史上最年少で受賞。今最も注目される気鋭の心理学者である

脳は平気で嘘をつく 「嘘」と「誤解」の心理学入門 (角川oneテーマ21)のその他の作品

植木理恵の作品

脳は平気で嘘をつく 「嘘」と「誤解」の心理学入門 (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする