ピンクとグレー

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.67
  • (151)
  • (277)
  • (234)
  • (58)
  • (15)
本棚登録 : 2034
レビュー : 332
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101087

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は期待していなかった通り面白くなかったが、後半からはいやいやなかなか良かった。才能を感じ自作も読みたいと思う。
    人間の99パーセントは病気。病名つければ何だって病気。白木蓮吾も河鳥大も病気だと思う。

  • なくなった時は、展開を予測していなかったので驚いてしまいました。

  • とりあえず読んでおきました。
    もう、これ以上の作品は読まなくていいや!

  • ジャニーズ加藤シゲアキ氏が書き下ろした小説『ピンクとグレー』を読了。最近映画化された事が証明するように、ストーリーはなかなかに読者を引きつけるしっかりとした筋がある。僕が思う小説の面白さとはストーリーの面白さ・文体の妙・飽きさせない構成これらがバランス良く訴えかけてくるものではないかと思っているのだが、この本はしっかりとしたストーリー、飽きさせない構成の二つのレベルは高いが文体の妙という部分では厳しいかもしれないが力がさすがにまだ弱い気がする。でも十分に面白い小説だし、ジャニーズで活躍しながらの彼の多彩ぶりの一つを証明する作品ではあると思うので気になる方は是非チャレンジを。厳しい芸能の世界で生きている彼だから書けたストーリーかもしれないので、芸能界裏話的な物が好きに人ははまるかな。

  • 映画を鑑賞する前に読んでみた。確かに文章に稚拙な部分はあるけど、芸能界で活躍しているこの人の今だから書けるリアルさがあり、そういう意味ではとても引き込まれ一気に読むことができた。
    個人的には、各章のタイトルに飲み物の名前が使われているところが好きで、その飲み物から無意識にその場面をふわっと連想させられる。
    白に赤や黒が混ざりピンクとグレーになる。わかり合っているようでわからない曖昧な色合いのような関係の2人。相手の色に混ざってみることで、やっとその気持ちがわかるのかもしれない。

  • 映画が公開されるので読んでみましたが、う~ん、よう分からん話。私にはイマイチでした。

  • 前半と後半の文章力の違いはなんだ??同じ人物が書いたとは思えない。
    全体的に暗い。

  • 映画化されると聞いて読んでみた。芸能界のスキャンダルまでも売り物にするえげつなさを書きたかったんだろうけれども、短編小説に余計な修飾で飾り付けて無理やり長編にしたようで余計なところは全て読み飛ばした。テーマは悪くなかったけれども、もう過去に使い古された感じもする。やはり小説はプロの小説家にお願いしましょうねというところかな。

  • 面白かったです。アイドルがかっこつけて無理やり難しい言葉を使って書いた感が強くて、言葉覚えたての中2かな??みたいな言い回しも気になったし、明らかに文章力が稚拙なところもあったし、オチも予想つきますが、面白かったです。

  • さくさく読めて内容は面白かったけど書き方が無理やり比喩表現とか使ってる感じがして特に前半は読みにくかったけど後半になるにつれてスピード感が出てきた。全体的に暗いけど

全332件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

加藤シゲアキ(かとう しげあき)
1987年生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。2012年1月、『ピンクとグレー』で作家デビュー。同作は16年に映画化され、大ヒットした。以降『閃光スクランブル』『Burn.-バーン-』(以上、渋谷サーガ3部作)と年1作のペースで執筆を続ける。最新刊は『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』。NEWSのメンバーとして芸能界でも活躍の場を広げ、近年はドラマやバラエティ、情報番組などに出演し、アイドルと作家の両立が話題を呼んでいる。

ピンクとグレーのその他の作品

ピンクとグレー (角川文庫) 文庫 ピンクとグレー (角川文庫) 加藤シゲアキ

加藤シゲアキの作品

ツイートする