科学と人間の不協和音 (角川oneテーマ21)

著者 : 池内了
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年1月10日発売)
3.56
  • (4)
  • (14)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :136
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101117

作品紹介

現代科学の"危うさ"を検証しポスト原発事故の科学を構想する。

科学と人間の不協和音 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原発事故に代表される、科学万能信仰の危うさはなぜ生まれるのか。
    科学者も普通の人間であるはずなのに、なぜ科学は暴走するのか。
    それが知りたくて手に取った。

    現代の科学が置かれている状況は理想郷ではない。

    「科学者が頭の中に常に思い描いていることは、いかに世界最初の発見をするかであり、もう一つは研究費をいかに調達するかである。」

    という一文が示しているのがすべてだろう。
    そのプレッシャーの中で科学は人間と乖離していくのだ。
    大学さえもが収支を勘定に入れることを要求されている現在、そこにモラルが入り込む余地はあまり用意されていないと考えられる。

    日本の科学者の数は80万人とも言われ、小学校の教師30万人の倍以上である。もはやマイノリティではない科学者という職業に、特別な倫理を求めても無理なのかもしれない。

  • 日本における「科学技術」という概念の分析が興味深い。基礎科学の理学部と技術開発の工学部の比率はおおよそ1対8が維持され、「科学技術」というのはもっぱら技術の推進を意味し、科学はその補完物とみなされてきたという。技術を科学の僕とみなすヨーロッパ、その反対の日本という指摘も重要。

  • 科学は効用にも厄災にもなり、確実な科学と不確実な科学があるということには同意するが、文章が退屈。

  •  原発の事故以来、科学の見方が変わったのはいうまでもない。しかし、その一方で、スマホ電気自動車など便利でエコなものがどんどん開発されていく。はたして科学や科学技術は本当に人を幸せにしているのか、そんな疑問にたいして、科学と人間の変遷やこれからの未来を考えさせてくれる一冊である。  
     そもそも、西洋と日本においては、科学と科学技術の意味合いがちがう。西洋では、科学以前の自然哲学という学問が根底にあり、その上、キリスト教の聖書の教えのもと、学問として発展し時には論争が起きたりして真理を見つけようとしてきた。天動説や進化論など、時代時代で自然哲学と宗教的考えがぶつかったことは歴史が物語っている。その真理の究明のために、技術が発達していった。科学と技術では、技術に従事するものは下のものなのである。しかし、産業革命が起こり、科学と技術がより緊密になった。科学的な理論と技術の向上が新しい産業を生み出し、電話や蒸気機関、紡績機械など便利なものが生まれ生活も向上した。そして、資本家と労働者という構図が生まれ、大量の商品が生産され、大量消費を招くことになった。また2度の大きな戦争によって科学が精巧な武器の開発に大きな協力をしたことはいうまでもない。軍事的な研究が進むとより便利なものが民間にも降りてくるというのは皮肉なことである。
     これに対し、鎖国により西洋との国交を断絶していた日本は遅れを取り戻すため、科学と技術を区別しないまま、科学技術という形で取り入れた。むしろ自然哲学が栄えていなかったこの国には好都合だったのか、まず技術優先で、西洋の良き物をどんどん取り入れようとしていった。そして、西洋に追い付けおい越せのものと、科学技術の向上を進めてきた。
     しかし、科学が戦争において大きく利用され、多くの死者を出したとしても、科学者への責任は取られない。
    ノーベルはダイナマイトを発明したが、その反省からノーベル賞の奨励金が出されている。これは極めてまれな例だろう。科学者の中には、研究の成果を実践したいという願望や欲望が存在する。世界初という言葉は科学者にとって魅力的な言葉である。しかし、一線を越えるとただのエゴイストになってしまう。そして科学は産業と結びついてしまった。自分のしたい研究が利益にならないことによって研究予算が削られるということもある。そうなれば、必要であるから発明されるのではなく、発明されたから必要なのだというパラドックスが生まれてしまう。科学者の顔はあきらかに企業や国家の利権に目が向いている。それが現代社会である。
     しかし、今までにできないことができるようになったのも科学のおかげである。科学はある意味宗教を超えたのかもしれない。でも、それで人間ははたして幸せなのだろうか?iPS細胞などの再生医療はこれからますますさかんに研究されていくだろう。科学者としては研究したい欲望があるし、医療関係の企業にとってはのどから手がでる話だが、自然界に生きる人間としての「生」と「死」を考えると、正しいことなのだろうか。

  • 科学者・研究者の、どうお金に縛られているかがわかる。だから、御用学者なんぞが生まれてしまう・・

  • 科学技術。
    こういった言葉使い、日本人は好きですよね。
    四字熟語じゃないのに。。。
    安全安心とか。。。。

    科学と、技術は違うものだと説いてあるところは
    快哉を叫びましたよほんと。

    文系が支配する国で、理系が生きていくには
    なかなか、辛いのです。
    給料すら差がある。

    せめて、科学の中に夢を追い求めさせてほしいと
    常々願う理系人間より、歓喜をこめて。

  • 科学と現代社会の危うい関係について、「産業」「軍事」「宗教」などの観点から考察している本。著者自身も一流の物理学者であり、一種の自己批判として書かれているだけに迫力がある。また、疑似科学(エセ科学)と長年戦ってきている人だけに、「科学が世間からどのように見られているか」についての嗅覚は非常に鋭いと感じる。
    まあ、私はすでに産業界に取り込まれた側の人間なので(笑)、半分は他人事といった感じで読んだのであるが、科学技術史を丹念に紐解きながら論を進める姿勢には好感をもった。あと、私が昔から抱いていた「科学者や技術者の最大のメリットは徴兵免除である」という直観は、歴史的にも完璧に正しかったことが分かって嬉しい。兵隊として戦争に巻き込まれるというリスクが、平和憲法によって無効化するなんてありえないんだから。

  • つまらん

  • 科学は文化で、技術は文明に資するものだというスタンス。なのだけれど、昨今は科学の商業化が進み、文化の高みを目指すような科学の研究がしづらくなっていること、そして科学者のモチベーションの或る種の幼稚さと、視界の狭さ。
    原発事故で科学と市井の人々の信頼関係に亀裂が入ったように、そんなことを聞くと、科学に失望したくもなりますが、終章の「地下資源文明から地上資源文明へ」は、短いページながら、とても納得できる内容でした。

  • 科学と人間との関わりについて、
    震災による原発事故をきっかけとして、科学と人間との不協和音が最高潮に達した、という切り口で、西洋文明史おける科学者論、日本の科学技術論、人間の欲望と科学の共犯関係、科学の神格化、産学官共同体、等を論じている。
    科学者は為政者達に利用されてきた被害者ではなく、業績のためにそれを利用してきたとして、マンハッタン計画への関与を批判。万世一系の神の国の詭弁、そして原発安全神話の崩壊。
    研究費獲得に奔走せざるを得ない現代の科学者への同情を禁じ得ないものの、産官への無節操な迎合は厳に慎むべきものだろう。

全15件中 1 - 10件を表示

科学と人間の不協和音 (角川oneテーマ21)のその他の作品

池内了の作品

科学と人間の不協和音 (角川oneテーマ21)はこんな本です

科学と人間の不協和音 (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする