科学と人間の不協和音 (角川oneテーマ21 C 215)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.55
  • (5)
  • (16)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 169
感想 : 19
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101117

作品紹介・あらすじ

現代科学の"危うさ"を検証しポスト原発事故の科学を構想する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原発事故に代表される、科学万能信仰の危うさはなぜ生まれるのか。
    科学者も普通の人間であるはずなのに、なぜ科学は暴走するのか。
    それが知りたくて手に取った。

    現代の科学が置かれている状況は理想郷ではない。

    「科学者が頭の中に常に思い描いていることは、いかに世界最初の発見をするかであり、もう一つは研究費をいかに調達するかである。」

    という一文が示しているのがすべてだろう。
    そのプレッシャーの中で科学は人間と乖離していくのだ。
    大学さえもが収支を勘定に入れることを要求されている現在、そこにモラルが入り込む余地はあまり用意されていないと考えられる。

    日本の科学者の数は80万人とも言われ、小学校の教師30万人の倍以上である。もはやマイノリティではない科学者という職業に、特別な倫理を求めても無理なのかもしれない。

  • 科学と人間の不協和音

    著者 池内 了
    2012年1月10日 発行
    角川書店

    同じ著者の本「科学の限界」(ちくま新書)は2012年11月10日発行、この本は2012年1月10日発行。内容的に重なる部分もある。

    理性の時代である19世紀は、科学者がサイエンテイストと呼ばれ、公的資金(基本的には税金)によって雇用されるようになって、科学者の顔は市民に向かっていった。20世紀に入って科学と技術が密接に結びつくようになると、社会における科学者の役割も変化。まず戦争の時代となって、科学者は愛国者になることを迫られた。二つの戦争の時代が終わると、今度は市場主義が幅を利かせることになった。今日のそんな状況下で、科学は、科学者はいかにあるべきかについて考える本。結論は「文化のための科学」の復権だと主張する。

    以下、印象に残ったこと。

    電子レンジは、第二次世界大戦のときに敵機の姿を捕捉するためのレーダー開発の際、技術者のポケットに入れておいたチョコレートがレーダーの発するマイクロ波で加熱されてグニャグニャになっていたことが研究の発端らしい。

    軍事研究の産物。ナイロン、ソナー、レーダー、電子レンジ、コンピューター、インターネット、ロケット、ディーゼルエンジン、原発、スプレー(南方での虫除け)、冷凍食品(戦場での食糧調達)、ボールペン(移動中でも書ける)など。

    アメリカではID説「インテリジエン卜・デザイン(ID)説」が強力で、神が進化の仕方をデザインしたと考え、ダーウィンの進化論を信じない人の割合は現在でも50パーセントを超えている。

    遺伝子改変の農産物に関する安全線の根拠。新たに組み入れた遺伝子が作り出す物質が通常の作物と同様に(人工胃液の実験で)分解されることから、実質的に同じと判断して安全とされる。

    東日本大震災においてトリアージが行われた。一気に多数の患者が病院に運び込まれたが、患者を診て、確実な死が間近である者や、手の施しようがなく治療対象ではない者には黒のリボンを付け、治療行為をしなかったのである。

    「世界初」は麻薬と似ていて、一回でも味わうと止められなくなる。マンハッタン計画の場合、世界最初の核分裂反応の連鎖反応を実現するとあれば、それがいかなる厄災を及ぼすかについていっさい考えず、ひたすら成功に向けて努力した。「世界初」は止められないのだ。科学者は鍵が無くなった箱を開けようとする錠前屋に似ている。錠前屋は、鍵を開けることに挑戦し始めると、その箱から何が飛び出すか気にせず、ただひたすら箱を開けることのみに熱中する。そこから怪物や悪疫が飛び出して来ても、「最後には希望が残っている」と言い、「私がやらなくても、いずれ誰かがやるのだから」と居直る。

    アカデミック・キャピタリズムが進行。日本でも、国立大学の法人化前後に特許の取得と一体化して大学の起業が行われ、1000社を超えるベンチャー企業が。5年以上経過したが、成功例は少ない。経営には素人の大学教員が商業化に手を出すのが間違いであったと言えそうである。
    (大阪府や大阪市の莫大な借金は、役人が素人のくせしてビジネスマンごっこをし、大型開発をした結果。公共の土地は二束三文で巻き上げられ、おまけに借金まで支払わされていることを読んでいて彷彿とした)

  • タイトル通り科学者のイメージや思いに対する不協和音が、いろいろな視点で語られている。
    科学というものが、皆の中で印象によって素晴らしくもあり、不確実なものとも捉えられてしまうのは仕方ないのかな。しかし、少しは中身を理解する意識がないと、結局自分が損をする気がした

  • 日本における「科学技術」という概念の分析が興味深い。基礎科学の理学部と技術開発の工学部の比率はおおよそ1対8が維持され、「科学技術」というのはもっぱら技術の推進を意味し、科学はその補完物とみなされてきたという。技術を科学の僕とみなすヨーロッパ、その反対の日本という指摘も重要。

  •  原発の事故以来、科学の見方が変わったのはいうまでもない。しかし、その一方で、スマホ電気自動車など便利でエコなものがどんどん開発されていく。はたして科学や科学技術は本当に人を幸せにしているのか、そんな疑問にたいして、科学と人間の変遷やこれからの未来を考えさせてくれる一冊である。  
     そもそも、西洋と日本においては、科学と科学技術の意味合いがちがう。西洋では、科学以前の自然哲学という学問が根底にあり、その上、キリスト教の聖書の教えのもと、学問として発展し時には論争が起きたりして真理を見つけようとしてきた。天動説や進化論など、時代時代で自然哲学と宗教的考えがぶつかったことは歴史が物語っている。その真理の究明のために、技術が発達していった。科学と技術では、技術に従事するものは下のものなのである。しかし、産業革命が起こり、科学と技術がより緊密になった。科学的な理論と技術の向上が新しい産業を生み出し、電話や蒸気機関、紡績機械など便利なものが生まれ生活も向上した。そして、資本家と労働者という構図が生まれ、大量の商品が生産され、大量消費を招くことになった。また2度の大きな戦争によって科学が精巧な武器の開発に大きな協力をしたことはいうまでもない。軍事的な研究が進むとより便利なものが民間にも降りてくるというのは皮肉なことである。
     これに対し、鎖国により西洋との国交を断絶していた日本は遅れを取り戻すため、科学と技術を区別しないまま、科学技術という形で取り入れた。むしろ自然哲学が栄えていなかったこの国には好都合だったのか、まず技術優先で、西洋の良き物をどんどん取り入れようとしていった。そして、西洋に追い付けおい越せのものと、科学技術の向上を進めてきた。
     しかし、科学が戦争において大きく利用され、多くの死者を出したとしても、科学者への責任は取られない。
    ノーベルはダイナマイトを発明したが、その反省からノーベル賞の奨励金が出されている。これは極めてまれな例だろう。科学者の中には、研究の成果を実践したいという願望や欲望が存在する。世界初という言葉は科学者にとって魅力的な言葉である。しかし、一線を越えるとただのエゴイストになってしまう。そして科学は産業と結びついてしまった。自分のしたい研究が利益にならないことによって研究予算が削られるということもある。そうなれば、必要であるから発明されるのではなく、発明されたから必要なのだというパラドックスが生まれてしまう。科学者の顔はあきらかに企業や国家の利権に目が向いている。それが現代社会である。
     しかし、今までにできないことができるようになったのも科学のおかげである。科学はある意味宗教を超えたのかもしれない。でも、それで人間ははたして幸せなのだろうか?iPS細胞などの再生医療はこれからますますさかんに研究されていくだろう。科学者としては研究したい欲望があるし、医療関係の企業にとってはのどから手がでる話だが、自然界に生きる人間としての「生」と「死」を考えると、正しいことなのだろうか。

  • 科学者・研究者の、どうお金に縛られているかがわかる。だから、御用学者なんぞが生まれてしまう・・

  • 科学技術。
    こういった言葉使い、日本人は好きですよね。
    四字熟語じゃないのに。。。
    安全安心とか。。。。

    科学と、技術は違うものだと説いてあるところは
    快哉を叫びましたよほんと。

    文系が支配する国で、理系が生きていくには
    なかなか、辛いのです。
    給料すら差がある。

    せめて、科学の中に夢を追い求めさせてほしいと
    常々願う理系人間より、歓喜をこめて。

  • 科学と現代社会の危うい関係について、「産業」「軍事」「宗教」などの観点から考察している本。著者自身も一流の物理学者であり、一種の自己批判として書かれているだけに迫力がある。また、疑似科学(エセ科学)と長年戦ってきている人だけに、「科学が世間からどのように見られているか」についての嗅覚は非常に鋭いと感じる。
    まあ、私はすでに産業界に取り込まれた側の人間なので(笑)、半分は他人事といった感じで読んだのであるが、科学技術史を丹念に紐解きながら論を進める姿勢には好感をもった。あと、私が昔から抱いていた「科学者や技術者の最大のメリットは徴兵免除である」という直観は、歴史的にも完璧に正しかったことが分かって嬉しい。兵隊として戦争に巻き込まれるというリスクが、平和憲法によって無効化するなんてありえないんだから。

  • つまらん

  • 科学は文化で、技術は文明に資するものだというスタンス。なのだけれど、昨今は科学の商業化が進み、文化の高みを目指すような科学の研究がしづらくなっていること、そして科学者のモチベーションの或る種の幼稚さと、視界の狭さ。
    原発事故で科学と市井の人々の信頼関係に亀裂が入ったように、そんなことを聞くと、科学に失望したくもなりますが、終章の「地下資源文明から地上資源文明へ」は、短いページながら、とても納得できる内容でした。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1944年姫路市生まれ。名古屋大学・総合研究大学院大学名誉教授。1967年京都大学理学部卒業、1972年京都大学大学院理学研究科博士課程修了、1975年京都大学理学博士。京都大学理学部助手を皮切りに、北海道大学理学部・東京大学東京天文台・大阪大学理学部・名古屋大学理学研究科を経て、総合研究大学院大学教授・理事の後、2014年3月に定年退職。九条の会世話人、世界平和アピール七人委員会委員。著書に、『科学の考え方・学び方』(岩波ジュニア新書、1996年)、『寺田寅彦と現代』(みすず書房、2005年、新装版2020年)、『科学者と戦争』(岩波新書、2016年)、『物理学と神』(講談社学術文庫、2019年)、『江戸の宇宙論』『江戸の好奇心』(いずれも集英社新書、2022年、2023年)、『姫路回想譚』(青土社、2022年)他多数。

「2024年 『新潟から問いかける原発問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池内了の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×