日本人が知らない「怖いビジネス」 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.82
  • (2)
  • (2)
  • (24)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 128
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101131

作品紹介・あらすじ

韓国の闇市場で流通する中国産「人肉カプセル」。ナイジェリアで摘発された恐怖の「赤ちゃん工場」。イタリアの環境を破壊する「エコ・マフィア」-身の毛もよだつ「怖いビジネス」が世界各地でひそかに増殖中…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 毒にも薬にもならない軽い読み物。可も不可もなし。

  • 誘拐サービスのアイデア馬鹿馬鹿しいけどスリルは満点でしょうね!

  • レビュー省略

  • どっかでちらっと聞いたことがあるような、「怖いビジネス」をまとめた本。なるべくこういうビジネスには近づきたくない。

  • 海外の怖いビジネスを紹介した本。
    ゾッとするものから笑えるものまで様々なビジネスを紹介。

  • テレビでおなじみの門倉さんが記述した、世界の怖いビジネスを記述した一冊。

    内容は特に可もなく不可もなく。

  • 軽い読み物として。

  • タイトルの通り外国の闇ビジネスがたくさん紹介されている。

  • 何かと話題の裏ビジネスの勉強のために読んだ一冊。

    著者は『ホンマでっか!?TV』でお馴染みのエコノミスト・門倉さん。内容は一言で言うと「ホンマでっか!?」どころか「…マジかよ…」という感想でした。とにかくエグい方法で金を取るものや、倫理観の崩壊した(ように、俺には見える)ものなど多岐に渡るビジネスが紹介されています。世界を見渡せば常軌を逸した商売がこんなにもあるのかと息を飲みました。

    門倉さんの優しい声で脳内再生するとさらに恐ろしさが増し、何か彼が闇の世界のストーリーテラーのように感じてしまいました。

  • 人体、クスリ、エロ、金融商品、パクリ、貧困。

    ビジネス、つまりそれを儲けのネタにしてしまう、それも人間の考えることだと。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神奈川県立横須賀高等学校出身。慶應義塾大学経済学部卒業。浜銀総合研究所入社。1999年日本経済研究センターへ出向。2000年シンガポールの東南アジア研究所(ISEAS)へ出向。2005年6月まで第一生命経済研究所経済調査部主任エコノミスト。2005年7月からBRICs経済研究所代表。2007年同志社大学大学院非常勤講師。日本で初めて地下経済の研究に取り組み、地下経済に関する著作も多数発表している。またワーキングプアの啓蒙書も多数発表。BRICsに続く経済発展が見込まれる国々として、ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチンを総称したVISTAという造語を提唱した。

「2018年 『日本の「地下経済」最新白書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人が知らない「怖いビジネス」 (角川oneテーマ21)のその他の作品

門倉貴史の作品

日本人が知らない「怖いビジネス」 (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする