ナミヤ雑貨店の奇蹟

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.01
  • (1159)
  • (1667)
  • (847)
  • (104)
  • (22)
本棚登録 : 9348
レビュー : 1464
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101360

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 泥棒を終えた若者三人組が一夜を明かすことにした場所はナミヤ雑貨店。いまでは廃墟のようだけど、昔は悩み相談で栄えていたらしい。

    時空を超えて過去から届く、不思議な相談の手紙に返信し始める若者三人組。なげやりに回答しても相談者がポジティブに受け取ってくれたりして、彼らは人の役に立つ喜びを感じ始める。

    児童養護施設『丸光園』に関係する人からの手紙が多いことは明らかで、彼らも『丸光園』出身だった。

    ナミヤ雑貨店のナミヤさんと『丸光園』設立者の女性はかつて愛し合っていたが結ばれなかった。二人の時空を超えた愛情が結ぶ奇跡のなかで、若者三人組は泥棒に入った家に戻ることにする。
    さっき泥棒に入った家で縛ってきた女は、自分たちが手紙のやり取りで相談に乗った人で、現在は『丸光園』を救おうとしていることに気づいたから。

    ナミヤ雑貨店の店主は時空を超えて、若者三人組も更生させる。

    --------------------------------------

    バラバラに登場する人たちが『丸光園』と『ナミヤ雑貨店』で繋がっていくのが爽快。

    第四章『黙禱はビートルズで』で、中学生のときに手放したレコードと三十年以上の時間を経てから再会する場面がいちばんグッときた。『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は超名盤。

  • なんとも不思議な設定の物語。
    様々な時間が交差する中で、沢山の人達の思いを読みながら感じることができる作品。
    ページ数が多いにもかからわず、あっという間に読み終わってしまいました。
    とにかく、誰かが顔もわからない誰かのために必死になって問題を解決していく姿はとても美しく見えました。
    日々の生活に疲れている人、悩みがある人、読んでみてください。
    人と人との繋がりを感じられるとても温かい作品になっています。
    読み終えた後は心がふわっと温かく包まれるような感覚になると思います。☺️

  • ここ韓国でもベストセラーになりました。娘は中学の国語の先生から、面白いと推薦されたそうです。「これ読んでみたかったの!」開いたページの漢字のふり仮名の少なさに、静かに本を閉じていました。まあいつか読んでくれたらいいかな。物語は、人と時間が交錯する中、雑貨店主のアドバイスのもと、それぞれが幸せを探そうとします。人が迷った時、親身に相談にのれる人間力が欲しいものです。

  • 著者が帯に「一か八かの大勝負でした」と書いていますが、確かに(少なくとも、僕が読んだ東野作品の中では)挑戦的で新鮮な作品でした。色々なコトが色々な場面でつながっていくので、“一気読み”したい。最後はほっこりした気持ちになります。

  • 東野さんってほんまに幅の広い作家さんやなあとしみじみ。

    ミステリ作品でもそうだけどこの人の作品はとにかく読みやすい。軽く読める。そのくせ、別段薄っぺらいわけでもない。

    東野さんでパラレルワールドといえば
    「時生」はかなり好きだったな~と。

    まあ、なんにせよ面白かったです。

  • 東野圭吾氏のこの小説も大変面白かったです。図書館で半年以上待った甲斐がありました。

    私は、この本の主人公の一人である晴美女史とほぼ同じ年齢なので、時代背景も手に取るようにわかり、懐かしい思いと共に、イメージすることができました。

    大阪万博、モスクワオリンピックのボイコット、バブル前後の日本の様子、その後に急速に発達したインターネットの世界。。。

    個人的に共感を持てたのは、晴美女史が勉強をして、起業をする過程において、私も取得した「中小企業診断士」という資格を取ったという点です。診断士というのは、取得しただけでは「お金にならない」とよく言われますが、それを活かすも殺すも「その人次第」というのも、事実だと思います。

    この本の登場人物を対象に含めていいのかわかりませんが、診断士という資格を上手に活用している人が、私が愛読している一人である「三橋氏」につづいて二人目だったので、この本は印象に残るものになると思います。

    この本は昨日(2013.4.25)から読み始めて、あっという間に読み終わりました。2013年度のGWの始まりにふさわしい、「私へのご褒美」を与えてくださった東野氏に感謝します。

  • SFっぽい作品は、作者にしては珍しい。過去と現在を行き来して、物語は進む。人の運命はどこで決まるのか、変わるのか。一度しか歩めない中で一度は考えたことのあることを、考えながら読んだ。物語の最後まで、非常に内容が練られていて、面白かった。新しい作者の一面を見た。

  • 珍しく、殺人が起きないお話でした。
    時空を超えたところでの往復書簡。
    それを、悩み相談に結びつけて
    物語にするなんて・・・。
    東野さんは何という頭脳なんだろう、と感心しきり。
    最後にすべてが収束するところが、
    特に心地よかったです。

  •  殺人事件も密室トリックもない東野作品。 オムニバス形式になっているが最後には伏線をしっかり回収し一つのファンタジーな物語になっている。ハートフルで温かい気持ちにさせてくれます。
     ぜひナミヤ雑貨店の奇跡を味わってみてください。

  • 途中涙しそうで電車では読めなかった。

    最後はほっこり

    全てが繋がった。
    可能性は無限大に広がっている。

全1464件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

ナミヤ雑貨店の奇蹟のその他の作品

東野圭吾の作品

ツイートする