ナミヤ雑貨店の奇蹟

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.01
  • (1159)
  • (1667)
  • (847)
  • (104)
  • (22)
本棚登録 : 9349
レビュー : 1464
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101360

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心温まるファンタジーに満ちた一冊。
    なんてことない始まりだったのが、あれよあれよと言う間に全てがループしラストへ向かう。
    特に最後の白紙の手紙へのナミヤお爺さんからの手紙が涙を誘った。
    ナミヤ雑貨店に私も相談の手紙を入れてみたいなぁ。なんて思う。はて、回答は過去と未来、どちらから届くのだろう(笑)
    東野さんのファンタジー系では以前拍子抜けしたことがあるけど、今回は読んでいてとても夢が膨らむ面白い一冊だった。

  • 登場人物の関係がとても複雑でしたが、
    読み進めていくうちにいろんな人物の物語が繋がっていきます。
    そのうえよく考えさせられる作品でした。
    終わりは全ての話が綺麗に収束していて、そこもまた良かったです。

  • ストーリーが「陰日向に咲く」を連想させましたが、
    最後まで一度に飽きさせずに読ませてくれるところは、さすがといったところ!

    最近、他の作家さんに浮気気味でしたが、やっぱり本命です。
    これからも読破していきます。

  • とても心が温まるいいお話。面白かった。

  • いつもの東野作品とはちょっと違うファンタジー系。
    人はみんな悩み、考えて生きているのだなぁ…
    未来が分かったとしても、また別の悩みが出てきそう。
    だいぶ前に半分読んでて、ようやく図書館で借りた(≧∇≦)

  • 悩みや相談に応えてくれるナミヤ雑貨店。最初は子供のチョッとした相談からいつしか人生の岐路に立つ人達からの難しい人生相談まで。そして数十年後、時空を超えた相談の窓口が開くファンタジー。どんな相談にも真摯に応えることが大切。その真摯さは応えを受け取った人に必ず伝わるものだから。

  • 短編ですが最初から最後の話しまで繋がっていて、読み終えた後は爽快でした。
    ユーモアと感動、ファンタジーもあって、大変面白かったです。
    夢と希望を与えるようなストーリーなので、中学生や高校生には是非読んでほしい。
    やっぱ東野さんいいねー。

  • 久しぶりの東野圭吾!心が温かくなる素敵な物語。誰かに勧めたくなる一冊。

  • 時間をかけて読みました。
    始めに登場する少年3人の心の変わっていくさまが、見えて・・
    東野氏の物語は、きずなだったり人情だったり・・

    今回の本は・・ナヤミ相談の手紙が、過去や未来を行き来して・・
    返事を書く側から、相談する側へと移ったり・・
    そのすべてが、児童施設とつながり・・
    施設を創られた女性が、空から見守り・・それを感じとる少年達・・

    実際は、
    ナミヤ雑貨店主33回忌前後の、短い時間の話なのですが・・

    今回も、心をあたたかくしてもらいました!

  • 凄い!まさに奇蹟だ!!悩み事を抱える人達がナミヤ雑貨店の店主にナヤミ相談をする話でバラバラな話に思えるけれど、児童施設の丸光園で繋がってる(゜〜゜;) たまたま雑貨店に逃げ込んだ、こそ泥三人組が悩み事に返事を出した時にはどうなるの!?と思ったけれど読了後、すべてがカチッと当てはまりスッキリ満足(^^)♪さすが東野圭吾さんですm(__)mマイリマシタ

全1464件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

ナミヤ雑貨店の奇蹟のその他の作品

東野圭吾の作品

ツイートする