光炎の人 (上)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.92
  • (14)
  • (21)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 146
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101452

作品紹介・あらすじ

時は明治。徳島の貧しい葉煙草農家に生まれた少年・音三郎の運命を変えたのは、電気との出会いだった。朝から晩まで一家総出で働けども、食べられるのは麦飯だけ。暮らし向きがよくなる兆しはいっこうにない。機械の力を借りれば、この重労働が軽減されるに違いない。みなの暮らしを楽にしたい――。「電気は必ず世を変える」という確信を胸に、少年は大阪へ渡る決心をする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何かに夢中になれるってとても素敵なことだと教えてくれる物語。

    時代も明治から大正へ移り戦争の影響も色濃くなってきている中、「機械」と「電気」に魅せられた男・音三郎は疑問に思うことを解明する悦びを感じていた。
    工場の仕事が終わってからも図面を起こしたり機械を解体して仕組みを研究する毎日。
    「電気は必ず世を変える」
    電気さえあれば仕事も暮らしもずっと楽になる…確かに今の世の中、電気がない暮らしなんて想像もつかない。ちょっと停電になった位で大騒ぎになる始末…。

    他の誰も作っとらん製品をわしが作る!
    電気は掴み所がなくおもっしょい!
    こんなに仕事を面白がって、信念を持って夢中になれたら幸せだろう。
    でもその分周りの人達は振り回されて大変だ。
    気になる下巻へ続く。

  • 徳島出身、煙草農家の三男、機械、電気に魅せられ自分の行く道を模索している青年音三郎。明治から大正、まだまだ簡単に情報が入ってくる時代ではない。世相への嗅覚を鋭くし、いかに能動的に動けるか。何かを成し得ている男はだいたい貪欲だ。音三郎は少し違う。完全に研究者。好きなことだけずっと考えていたい。彼には驚くほどの出会い運がある。だから研究に没頭していても、向こうから出会いがやってくる。最高に幸運な男だ。上巻ではまだ何も成功していない。準備段階。下巻ではどのように抜け出していくのか。とても楽しみ。トザ、やったれ。

  • 近代日本の黎明期、徳島の寒村に育った音三郎は、実家に心残しながらも ”機械” の魅力に惹かれて池田のタバコ工場で職工見習いとして働き始める。

    やがて音三郎は先輩職工に誘われて大阪の工場へ。
    大阪工業会のドンに見出されて、転職。
    技術開発に携わりたいという夢が現実のものとなっていく...

    とスジをまとめると、明治大正の立身出世のエエ話、のようである。
    が、このフィクション、
    日本経済界の後ろぐらさを 音三郎という人物を中心に描き出した強烈な皮肉である。
    平成の世に繰り返された、東電原発事故や、それに関わった "エリート”達の不誠実さ。あるいは、小保方事件とその隠蔽、亡くなったキーマンなどをあれもこれも思い起こさせる。

    音三郎は、よく言えば、集中力がある技術屋だろうが、自分の好きなこと以外に関心を払わない、コンプレックスが強く嫉妬深いのに他人を見下している、器のちっちゃーい男だ。
    まさに失敗を認めることができない、ごめんなさいがいえない、日本の”エリート”層を映した存在。

    上巻最後に出てくる実験の大きな失敗と、それに対する無反省は、人間らしい気骨?哲学?のない技術が、どれほど人を傷つけるかを予感させる。

    下巻へGO

  • 日本の産業革命時代を舞台にした機械に取り憑かれた少年のビルディングスロマン。上巻で主人公の音三郎は日清戦争、日露戦争を挟んで、明治から大正へ、四国から大阪へ、歯車から電気へ、突き進みます。そのエネルギーは「物狂い」と言われた、機械の仕組みを理解したい、という情熱と欲望。それは日本の近代が工業化していく時の先端科学技術への恋愛感情とシンクロしているのだと思います。だから本書は小学校も出ていない少年の成長物語というだけではなく日本の産業の成長物語であり、社会の成長物語てもあります。ただし、単純に成長礼賛といかない不安も感じます。この後来る二つの世界大戦を知っているからなのか、主人公の純粋なメカニズムラブが狂気をはらんでいるからなのか、下巻も楽しみです。重苦しいけどページめくる手が止まらない不思議な小説。

  • 木内昇が紡ぐ歴史の中に埋もれた物語には、いつもひたむきな人が登場する。その不器用さに多少の歯痒さを感じながらも、読むうちにいつの間にか主人公の目線と同化して、歴史のうねる波間を漂うことになるのが常だ。この「火炎の人」も、主人公である音三郎の真面目さと天賦の才の徐々に開花する様を追いながら、やはり同じような感慨を覚える。

    しかしその印象は、主人公の向上心が少しずつ常軌を逸するにつれ変化する。自身の功績のためではなく探究心に突き動かされていた筈の向上心が、他人を蹴落としてまで這い上がろうとする野心へと変わっていく。その変化は丁度、二分冊の上巻から下巻へ映るところで、際立って起こる。実験を手伝って負傷した者より自らの成果が台無しにならぬようにすることに執着し、やがて出自を偽ってより高い地位を得るべく奔走する。はたと、これは芥川龍之介の蜘蛛の糸をなぞらえた物語なのだな、と気付く。

    己の欲望にまるで気付かないかのような性格の音三郎の前に開けた自分の才で切り拓ける道。給金のほとんどを家族の仕送りに充てながらも新しいことに触れられる喜びで満たされていた筈の思いは、やがて己の向上心にのみ執着するように変わっていく。カンダタのように一本の蜘蛛の糸にすがるように、己の道を進もうとする主人公の背中にべったりと張り付きすがる、産みの親と思しき人物。大震災に乗じて切ったかに見えた縁は、まるでカンダタの背後から迫ってくる亡霊たちのようにしつこくどこまでも追ってくる。それを振り切ろうと非道な言葉を吐けばどうなるか。

    最終章において起こる語り手の交代は、予想されていたとはいえ、悲劇的な結末を決定づける効果が大きく、まるで映画の中で流れる音楽が物語の顛末を告げるような印象を残す。歴史は未来から見た必然によって解釈されるべきではないし個々の歴史を単に束ねたものでもないと、木内昇を読むたびにしみじみと思うものなのだが、これ程までに大きな流れの中に沈んでゆく人物を描かれると、その思いも乱される。個は全体の中において飽くまでも要素でしかないのか、と。市井の人々に焦点を当ててきたこれまでの木内昇とは、やや趣きを逸にする作品だと思う。

  • 最近は「良い人」ばかり出てくる小説を読むことが多いのですが、この話の登場人物は主人公を含め全て悪人です。
    いや、悪人でさえないか。強烈な悪人ならピカレスクにもなるのですが、この話の場合単に「身勝手な人」です。
    主人公の音三郎は阿波地方の貧農の三男。小学校さえ通えない音三郎は、訪れた街で機械というものを初めて見て、強く引きつけられる。いつか技術者となり機械を開発したいという思いはやがて「物狂い」と化し、好きになった女性、どうしようもない叔母、友人、同僚、全てを切り捨てながら、ただただ自分が作ったものを世に出す事に執着するマッド・サイエンティストと化していく。しかも、主人公がそうなら取り巻く人達もみんな身勝手です。上巻の内はそうでもないのですが下巻に入ると本当に嫌な奴ばかりと言った様相になります。
    なぜ、木内さんはこんな小説を書こうと思ったのか?インタビューを読むと、技術の軍事転用であり、あるいは原発事故を機にした技術の安全性への懸念と言ったものが有ったようです。でも元技術屋の目から見れば、技術屋の考え方や技術開発の進め方などに違和感を感じます。音三郎のような協調性のない技術屋は極めて稀有だし、居ても潰れて行くものです。そこは自ら「理系は苦手」という木内さんでは、相当の体験や、えぐり込んだインタビューなどしないと描けない世界だと思います。
    と言う訳で、後味の良く無い作品でした。
    しかし流石に木内さん、ちゃんと最後まできっちり読ませるんですよね。見事です。

  • 私が心酔する作家木内昇、彼女の魅力のひとつはまるでその時代に生きていてそれを見聞きしたかのように描く精緻を極めた筆力。
    そして本作では明治から昭和初期の一人の技術者を取り上げるのだが専門的な知識を交えながら葛藤する心の描写はどれだけ取材を重ねようが出来るものではなく何かが憑依した?とも思える程のリアリティはこの人の真骨頂。
    物語としてはどてらい男(古っ)のエンジニア版かと思いきやそうでなくページを捲るたびに「漂砂のうたう」に代表される時流の悪魔に翻弄されて行く主人公。
    いままでの作品になかった重苦しさを纏いながら下巻へ

  • 技術者の生き様が見れた
    自分の開発を進めるが故に変わって行く主人公
    最後は友に殺され少しかわいそうだった

  • 上巻は徳島の農家の少年が機械に魅せられて勉強してぐんぐん高みを目指して登っていく話。途中まではサクセス・ストーリーかなと思いきや,上巻のラストあたりでは音三郎の冷たい部分がクローズアップされて不気味な感じで終わり,どうなるのか下巻が楽しみ。
    上巻の中では一番金海に好感をもった。態度は鼻持ちならないけれど,誰にでも安全に使えるものを目指す姿勢,それが大事だなあ。下巻ではみんなどのように変化するのだろうか。

  • 正直重たい話なのだが、先を読み進めずにはいられない。不思議な感じ。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。出版社勤務を経て、2004年『新選組 幕末の青嵐』で小説家デビュー。08年『茗荷谷の猫』が話題となり、09年回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞、11年『漂砂のうたう』で直木賞、14年『櫛挽道守』で中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、親鸞賞を受賞。他の小説作品に『浮世女房洒落日記』『笑い三年、泣き三月。』『ある男』『よこまち余話』、エッセイに『みちくさ道中』などがある。

「2016年 『光炎の人[下]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

光炎の人 (上)のその他の作品

木内昇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

光炎の人 (上)を本棚に登録しているひと

ツイートする